« 映画「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」 | Main | 『鬱屈精神科医、占いにすがる』(春日武彦/太田出版) »

映画「ヤング・アダルト・ニューヨーク」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ヤング・アダルト・ニューヨーク」


昨日見に行ってきた。

ジョシュとコーネリアは40代の夫婦。友人夫婦に子どもが生まれて、人生変わるよ、
と子どもが生まれる素晴らしさを力説される。
ジョシュはドキュメンタリー映画作家。だが新作は8年がかりでまだ仕上がって
いない。コーネリアの父は同じくドキュメンタリー映画監督の大御所。
ある日社会人講座で講義しおえたジョシュに、ファンだという青年が話しかけて
くる。ジェイミーとダービーは20代夫婦。
若い二人と親しくなって、刺激を受けて、育児に手いっぱいな友人夫婦とは
すれ違いを感じるジョシュとコーネリア。
ジェイミーもドキュメンタリー作品を撮って世に出ようとしていた。
親しくなり、映画づくりに協力し、だが何か違和感に気づくジョシュ。


ハートフルコメディ、ということだけれども、いやああ。
もちろん国も仕事も全然違うけど40代、子どもがいないという所は重なる自分は
身につまされるツライ痛いことが多々あって、あんま、そんな、ハートフルでも
ないような、コメディって楽しく笑ったりはできなかったような。
まあもちろん、映画作品ですから。
キャストもみーんなすごくよくて、大仰すぎなくて、まさに身近な自分たちの
ようで、だからこそ自分のことのようにううわああとなって、さっくりよく出来て
いい映画だな~と思った。

ジェイミーは本当はジョシュではなく父にあたる大御所監督に近づきたくて、
出会いを演出したのではないか。
20代のむしろレトロが新しいみたいなリア充夫婦な姿は演出なのではないか。
ジェイミーのドキュメンタリーはそもそもヤラセで、ジョシュたちは騙されて
利用されて。
でも世の中に出ていこうという野心のためにはそのくらいするのでは。
ドキュメンタリーの主題にとって偶然の装いは大した問題ではないのでは。
むしろ青臭く生真面目なのは40代のジョシュたちの方。
恐れ知らずの若さ、勢い、したたかさに負けてしまう。

まー誰だって若い頃はあるし、年はとるし、そしたら下の世代に圧倒されて
しまうこともあるし。
成功者になりたくても必ずしもなれるわけじゃないし、一度成功したかに見えて
それが続くかどうかはわからないし。
いろんなこと、自分の人生を考えてしまう映画だった。

子づれママ友の中には入れなくてうんざりしちゃうコーネリア。不妊治療も
流産も経験してて、ダメで、今はもう子どもは諦めておしまい、って思ってるのに。
ジョシュが子どもがいれば変わるのかもとか思って子どもつくろうって言い出して
うんざりしたり。
男はわかんないのかなーという感じ。40すぎて子どもがそう簡単にできるわけ
ないだろーがああああああーっ。あの辺が一番イラついた。

でもなんだかんだあって、自分たちは自分たちなりに、という所で落ち着くの
かな、と、思ったら、一年後。
二人はたぶんあれ、養子もらいに行く旅立ち、みたいなところで終わりだった。
おっと。そっち行くのかと、個人的には残念な気もした。それはやっぱり私が
子どもいないからかなあ。
子どもがいない人生も別にそれはそれで、というのを見たかったのかも。
もちろん養子を育てていくというのがダメじゃなくてそういう選択するのも
ありだよねと、十分わかってます。なんかでもやっぱり、夫婦って子育てして
一人前みたいなところのニュアンスがあるよーに思って、うーん、と、思った。
まあさっくり着地するのはそういうものかな。

ジェイミーを演じるアダム・ドライバー見たくて、というのが一番のきっかけ。
若い魅力的な青年というキャラが、よかった。
ぱっとみにすごくハンサムでもなく、ただ可愛いでもなく、なんかどっか
ぼーっとした感じもするけど、ブルックリンのヤングっていうキャラの、
嫌味になるぎりぎりってところの面白さ。
ジョシュとだんだん仲良くなるとかコーネリアとちょっとだけ危うくなるとか、
なんだか不思議と魅力的で惹かれてしまう感じが納得するなあ。
ダービーちゃんも単に若くて可愛い女の子、ってだけじゃなくて、バレたと
思った時の、ああまあね、みたいなちょっとだけ投げやり感とかよかった。
キャストみんな見応えあり。
自分にとっては意外とツライ思いもしたけど見に行けてよかった。

あっ、そういえばエンディング、David Bowie の「Golden Years」が流れた。
Bowieの曲が使われてるって知らずにいたところに聞くと胸をつかれる。好き。

|

« 映画「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」 | Main | 『鬱屈精神科医、占いにすがる』(春日武彦/太田出版) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事