« 映画「ブリーダー」 | Main | 『追われる男』(ジェフリー・ハウスホールド/創元推理文庫) »

映画「シン・ゴジラ」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「シン・ゴジラ」


昨日やっと見に行けました。
始まった途端にすごくよかったという評判が凄くて、見に行くつもりなので
できるだけ見ないようにやり過ごしてきて、でも実際見ると、少々のネタバレは
私は気にしなくてよかったかな。とにかくゴジラに圧倒される。圧倒されまくる。

私はゴジラシリーズを全部見ているわけではない。
けれど、第一作目は名作上映みたいな時に映画館で見ました。それもかなり昔
なので、あまり細部をきちんと覚えているわけではない。
けれど、一作目ゴジラは、あまりにも戦後そのもので、核の恐怖虚しさで、
怪獣映画だぎゃおー、みたいなイメージとはまるで違う、とずっしり重く感じた
ことは覚えています。

今回「シン・ゴジラ」は、一作目リスペクト、みたいなことは知ってて、3.11
であるという感じも知ってて、そして見て、やっぱり物凄くずっしり重く苦しく
あの震災を直近に知っている観客の自分、ということを考えました。

ゴジラは最初名前もなく理屈も何も不明な巨大生物で、ただわけのわからない
うちに東京にやってきた災害だった。
海から、川をさかのぼる。水が地上へ押し寄せ船が押し上げられていく。
一筋の脅威として襲ってくる災害。
でもあのゴジラは一筋だけど、震災の津波は海が面になって襲い掛かってきた
んだよな、と、思う。その時の体の奥から冷えてゆくような言葉を失くす恐怖を
どうしても思い出す。
ゴジラは目に見える厄災。
目の当たりにする人の恐怖と、それに人はどう対応するか。人を守り、厄災の、
だが生き物である「あれ」を捕獲、あるいは駆除。そのシュミレーションを
リアルに描きだす。
リアルに、とはいえ、もちろんフィクションでファンタジーでエンタテイメント。
ゴジラの動きや被害に震えながらも、私はでもゴジラ映画だから、これは、
きっと、なんとかなるんだから、と心の中で怯えと楽観を同時に感じていた。

初期形態のゴジラがまたもうすっごい気持ち悪くてさ~~~。
何あれ怖すぎる;;
ぬるぬるどろどろ。べしゃべちゃ体液みたいなのまき散らす。
最初水棲生物かと思われたところから立ち上がり変化、進化する。
そのどろどろっぷり。
巨神兵だ。
腐ってやがる。
と思うよねあれもうヤダ絶対。真ん丸な目が無表情で怖い。顔がウツボ、と
いうのを見かけたけどほんとそう。あ、これ話通じるとか無理なやつ。
で、んぎゃーと立ち上がって、進化して、また海へ戻っていく。
ほっ。

ゴジラはやってきては消える、動かなくなる、など、インターバルがあるので、
その間に人間たちはなんとかしなくちゃ、って頑張る時間ができる。
活動期間が無限じゃなくてよかった;;
まあ基本生き物である、ということで、殺せるだろうということになるし
生きて行く活動エネルギーは? 核分裂、核処理に時間がかかっちゃう、とか、
なんとなくとまっちゃうことの説明はついてた、の、かなあ。
まあ何にせよ厄災は人知を超えて動いたり止まったりするんだなと、その程度
の理解です私。
吹き荒れ続ける台風はない揺れ続ける地震はない。と、思いたい。

ゴジラの動きは、野村萬斎さまのモーションキャプチャーだったそうですね。
その情報は見てたんだけど、実際始まって動いてる時にはすっかり忘れてた。
とにかくゴジラに圧倒されるから。
最初は気持ち悪くて。
次には巨大で。頑丈すぎて。
手が小さすぎるとか尻尾が長すぎるとかのバランスの悪さの気持ち悪さも
あって、あのいびつな、圧倒的な造形には恐れ入る。こわい。
ゆるく地を蹂躙してゆく動きの、天災厄災な恐怖は、後から思えばなるほど
重々しくすり足できる萬斎さまなのかな、と、思わなくもない。
とにかく見てる最中はほんともうゴジラに圧倒されるから。

二度目の上陸は鎌倉からなんですよねー。
それから川崎へ。そしてまた東京へ入っていく。
ということはうちはその途中ルートでやられてる可能性が高いのでは? なんて
思ったりもした。
ゴジラの移動は首都圏で、あ~~~あの辺~あ~~、と概ね地理感覚がつかめる
のが面白かった。
私は関東にきて8年目くらいかな。地方にいたままだと地理感覚みたいなことは
わからないので、今見られてよかったなとは思う。けど、まあ別にそれは
わからなくてもいいことなので。それに東京の街ってどこもすでに有名だし。
でもそうだ、電車の、いっぱい!電車!新幹線在来線無人操縦爆弾にしちゃう!
みたいなのはリアル感が違うかなあ。
最初にやられちゃう京急は、ああ~まさに前日、羽田から京急乗って帰ってきた
ところだよ~ああ~京急~! みたいな気分は楽しかった。

そして、日本の背広きたリーマンたちの会議につぐ会議!
背広から作業着、安全着? 防護服迷彩服、あああ~~~~おっさんたちよ!
みっしりとした会議のくりかえしに圧倒される。

政府の対応がとか避難させる大変さとか、対策本部、会議会議、発表、対応、
巨大災害が起きた時のいろんな動きがわかる、と思ってしまう。
もちろん私はただの一般人なので政治家や官僚たちがどんな風なのか実際に
知ってるわけじゃないし、あれは映画のフィクションだしと思うけれども、
ああいう動きとか会話とかの感じがリアルにわかるような気がすると思って
しまうのが、「今」という気がした。
巨大地震、原発災害を経験した今の私の感じ。あ、経験した、ではないなあ、
直接体験ではないけれど、その現実があったことの一端を知っている私。

終戦直近だった一作目ゴジラ。
3.11直近のシン・ゴジラ。

3.11後、世界の軸が歪み、ずれて、SFの中の世界にいるのではないか、と、
何度も思ったことを改めて想起する。あの直後の頃の東京の異様な空気。
公園でウォーキングしてる風ななんでもなさそうなただのおばさんが片手に
放射線計るようなものを持っているのに気づいてしまった時のことを思い出す。
チガウ世界になってしまった、という空恐ろしい実感を思い出す。

ゴジラはでも生物だから。
殺せるはず。
手はあるはず。
と、莫大な被害の中で日本総力をあげて、世界の助けも借りて、なんとか
道をさぐっていく登場人物たち。
それぞれが出来ることを全力で精一杯に。
事件は会議室で動かす。人脈で根回しで動かす。とにかく今できることを
目いっぱいにやり抜く!

世界の助けを借りて、とはいえ国連アメリカの決定は熱核兵器を使うという
ことで、そのタイムリミット、ゴジラがまた動き出すのではないかという
リミットのぎりぎりさが否応なくテンション上がる~!

また巨神兵のごとく、炎どころか熱線核ビームみたいなやつ? で街を焼き払
われたらたまったもんじゃない。
こわい。早く。なんとかして。
ゴジラをとめて。
核を使うしかないのか? 核をまたしても落とされていいのか? いいわけない!
ぐお~!

てことで、ヤシマ作戦的にまたはたらくくるまがかき集められ、重機大活躍、
ゴジラに凝固剤飲ませるぞ~!って作戦。ふー。

その前にも自衛隊が川崎からくるゴジラを東京に入れるの阻止!って
河川敷で防衛ラインひいての戦いにももえた。
くー。戦車!ヘリ!火器!全弾命中!!!
なのに、まったく倒れないゴジラ;; こわかった;;


長谷川博己演じる矢口が中心人物で。若き政治家でなかなかいいポストにいて
しっかり熱く仕事する人で、も~最高にかっこよかった!!!
白石の美貌って感じ。
秘書の志村くんもいいし~。
前例のない災害対策に通常の出世ルートからは落ちこぼれたような、個性派
変人な感じのだが有能な人材集めのチームも、ま~かっこいいわ。
大胆な仮説思いついちゃうぶっきらぼうなヒロミちゃんも素敵。
ふにゃっとした今時の若者っぽい安田くんも可愛い。
矢口以上にしたたかそうな少しだけ年上っぽい赤坂さんも優秀~!かっこいい。
自衛隊には国村隼さんが。あああああ~かっこいい~~。

日本のあらゆるおっさんおじさん若手から中堅俳優集合って感じの、
バリエーション豊かな会議、チーム、最高かっこいいいい~。
総理、ご決断を。
と、何度繰り返されたことか。

アメリカからの使者というかなんというか、石原さとみ演じるカヨコ。
彼女のアニメキャラっぽさは凄いな。
まあやっぱさすが庵野監督というか、キャラ造形は基本的にベタで、アニメを
実写でやってるなあと思うこと多々あり、やっぱカップラーメンだねえとか、
でもおにぎりの差し入れかあ、とか、思い、やたらアップがたっぷりで
感情たっぷりというより棒読みに近いセリフ回しさせて、テキパキサクサク
進むためにベタな人物いっぱい、と思う。けどそれにしても、カヨコの
アニメっぽさは群を抜いて凄かった。なるほどぉ。


庵野作品に私は詳しいわけではなく、エヴァにドハマリしたけど詳しいわけでは
なく、劇場版はただただ楽しみにしていて、完成するといいなあとぼんやり
思っている。
今回ゴジラを見て、ああやっぱり庵野監督作品だなあと思ったけれど、
何がどう、という分析は上手くできない。そういうの上手い人の言説は
もういっぱいあるし、映画見終わって私もやっとネタバレ感想のいろいろを
見て回って、なるほど~すごいと思う。
こんな風にいろんな人のいろんな感想、考察、分析、読みをたっぷりと
引き出すのがまさに庵野監督作品なんだなあと思う。

巨神兵現る、みたいな、特撮のショートフィルムも見た。
あの特撮。あのミニチュアが壊れていく感じを、シン・ゴジラでも見て、
絶妙なレトロさみたいなのを味わったけれど、どれがほんどに特撮のミニチュア
なのかって正確にわかるわけじゃない。
音楽も、ゴジラシリーズから引用たくさんとか、まさにヤシマ作戦あがる~、
とか、さらに、みたいなことがいっぱいあるらしい。
二度三度と見たくなる。いろんな人のいろんな感想見てまた自分も見たくなる
作品だと思う。

ラスト。あの尻尾の先が苦悩する人型のいびつなくっつきあわせみたいだった
こと。あのさきっぽから放射線ビームみたいなの出てたくせに。何あれ?
今の私個人的には、ハンニバルの人体トーテムポールを一番に連想したけど、
まあこれはあくまで個人的なところ。
多分そんな風に見た人それぞれに違ういろんなバックボーンがあって、見た
ものをどう見るか、違ってくるんだと思う。
やっぱり見に行ってよかった。
とても重くつらく苦しい気分にもなったけれども、すごく面白かった。
よくこんなのつくって完成させたねえ。
これからも沢山出てくるだろういろんな言説をまた楽しみたいと思う。


|

« 映画「ブリーダー」 | Main | 『追われる男』(ジェフリー・ハウスホールド/創元推理文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事