« 映画「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」 | Main | 映画「インデペンデンス・デイ リサージェンス」 »

映画「ディストラクション・ベイビーズ」

*具体的内容、結末まで触れています。


映画「ディストラクション・ベイビーズ」


芦原泰良は三津浜でも喧嘩が絶えず、面倒みてもらっている近藤さんからも
勝手にしろと言われる。
弟を置いて姿を消した彼は、大街道や銀天街の裏通りで目についたチンピラと
片っ端から喧嘩ふっかけ続けていた。
高校生の北原裕也は最初は友達とつるんで泰良と揉めるが、あまりにも無茶な
泰良の喧嘩っぷりに魅せられて二人で暴れてやるぞ!と暴走する。
たまたま車を奪った時その車に乗っていた那菜も連れ去り、郊外へと走りだして
ゆく。行く先々であてのない暴力をふるって回り、ネットや警察で騒ぎになって
いることを知った裕也は次第に捕まったら終りのゲームに焦り始めた。


愛媛、松山が舞台ということで、おお~めっちゃふるさとだ、と知って見に
いってきた。
遠く横浜の映画館で地元の街並みをスクリーンの中に見る不思議さ。

お話は、よくわからない。というか、物語はあまりない。とにかく暴力。
主演柳楽優弥くんで、裕也は菅田将暉くん。池松くんとかもちょい役で出てた。
若手俳優たち、すごいよかった。
那菜の小松菜奈も、たんに可愛い子じゃなくて、万引き癖のあるしたたかな
女の子で、自分の暴力性も発揮してしまうキレる感じもすごくよかった。
柳楽くんのセリフってほとんどないし、なんか言ったけどわからん、って感じ
だった。もうとにかく暴力。エネルギー持て余してる感じ。クレイジー。凄い。
菅田くんは、普通にアホ馬鹿な高校生で、目の前の暴力に魅入られてつい自分も
ううわああ~!って調子にのっちゃって、でもだんだんついていけなくなって
後悔しまくり。
そしてキレたナナちゃんのせいで死亡。ああ。でもそうなるしかないかー。

三津浜で高浜の連中と喧嘩ばっか、とか。
そこから出てって、でもたかだか大街道あたりで暴れてるとか。
その狭さを実感できるだけにぐっと切なかった。
地方都市の鬱屈、どうしようもなく持て余す暴力。

親がいない。まともに世話されてない。子どもじゃないけど大人でもない。
自分を持て余しても衝動は暴力でしか表せない。
三津の神輿は喧嘩神輿なんだっけか。
そういうローカルな感じ、その祭りの日に帰ってきちゃうとか。
切ない。。。

お兄ちゃんにおいていかれた弟くん。しかも兄はあんな騒動起こして。
友達だとつるんでたはずのみんなは友達じゃない。
弟くんにとって過酷すぎるんじゃねーか。もー。切ない。

行き場のない、生き場のないローカルな鬱屈。若くてどうしようもなくて
ほんと辛い。どうしたらいいんだよ。なんの解決も示されないまま映画は
終わる。
つ、辛い。
すごい役者がみんなよくて迫力の映画だった。

監督と共同脚本の喜安浩平という人が愛媛出身だった。三津出身なのかなあ?
わかんないけど。
松山知ってる感じがした。
ローカル感がすごくあると感じた。
わかんない映画だけどなんだかわかる、とわからないのに共感覚える映画だった。
見に行けてよかった。

|

« 映画「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」 | Main | 映画「インデペンデンス・デイ リサージェンス」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事