« April 2016 | Main | June 2016 »

映画「ヘイル、シーザー!」

*内容、結末まで触れています。


映画「ヘイル、シーザー!」

1950年代。ハリウッド。
壮大なローマとキリスト教の始まりを描く映画の撮影中、主演俳優がいなくなった。
映画スタジオのトラブルシュータ―は、女優の尻ぬぐいから大根俳優をあて
がわれた監督の愚痴の聞き役まであらゆる揉め事を処理していく。
何でも屋の腕を買われて航空会社からのスカウト話がきているが、映画なんて
浮かれた夢稼業とけなされることに納得いかない。
堅実な人生か、今の仕事を愛するか。
一夜のうちに起こる様々な出来事。


コーエン兄弟監督最新作! みたいなことですが、正直私はあんまり監督作への
こだわりや思い入れはない。
かなり前からちらほらスチール見かけた、セーラー姿のチャニング・テイタムが
なんかめっちゃ可愛い?? 何これ?? って気になってたのでした。
歌って踊れるミュージカルスターを演じてて、さすが~!上手い!可愛い~!

一応主演は、ジョージ・クルーニーってことなのかな?
大物映画スターだけれども、どことなく間抜けで、誘拐されてもぼんやりだし、
誘拐したのは共産主義かぶれの脚本家組合みたいな感じだったけど、おしゃべり
するうちにそっちに共感していっちゃったり。日和もの~。最後には何でも屋に
ビシバシビンタされて目が覚めた、みたいな。それでも名演かと思いきや
セリフ忘れた、とか。大スターだけどもダメダメくんでもっさりしてて、すごく
馬鹿っぽくてよかった。

きらきら人魚姿で現れたスカーレット・ヨハンソンも、ステージ裏じゃ我儘
ビッチで迫力あってステキ。
大物監督のレイフ・ファインズもソフトなS、って感じがすごくよかった。
ティルダ様もなんか強烈な記者役だった。
いろいろと楽しい。さすが豪華キャスト。

一応、一番の黒幕はミュージカルスターチャニング・テイタムってことかなあ。
潜水艦にのってソ連に亡命していってしまった。身代金を手土産にしてくの
かと思ったら、金には執着ないみたいだった。ワンコが飛びついて来たら
ちゃんと犬を抱いて去っていった。きゃ~。素敵よ~!

始まりの頃はなんだかいろいろな出来事が、あちこちで??? よくわからず
不思議だったんだけど、終わってみればなんとなくめでたしめでたしな感じで
楽しかったな~と思う。
ハリウッドのレッドパージみたいなこととかあんまり私が背景とか知らないし
よい観客ではない。それでもあちこち、映画の華麗な舞台を見たり、その背後を
のぞいたりの気分は楽しい。
大笑いするものじゃなくて、くす、ニヤ、ってする感じ。
最初のなんだかぐちゃぐちゃな感じ~が、終盤ほほーってわかってくるのは
快感だった。
あー、演技できないロデオ芸人俳優くんのことがちょっとわからなかったなあ。
何か見逃したかなあ。ん~。
ともあれ、楽しく見終わったのでした。

|

映画「マクベス」

*内容、結末まで触れています。


映画「マクベス」

マイケル・ファスベンダーがマクベス。
マリオン・コティヤールがレディ・マクベス。

今更ネタバレとか気にしなくてもみんなあらすじとかは知っているのでしょう。
一応私もあらすじは知っている。
とはいえ、他の舞台をまともに見たことがあるでもなくシェイクスピアに詳しい
わけでもなくて、なんか、こんな私でごめんねという気がする(^^;

荒涼たるスコットランドの景色。
その寒寒しさに圧倒された。
戦いのシーンも、スマートさや華麗さはあまりなくて、剣での殴り合いみたいな
感じで泥にまみれ、苦しい。

正直言いますと、ふっと寝てしまう~ってなって、ほんとこんな私が見てごめん
という気持ちになる。あと私、人の顔があんまりわからないんだよね。。。
原典のこと詳しいわけでもなく、演出の差異みたいなことはわからない。

でも、さっすがのマクベス。
勇猛果敢に戦ったりするわりに、魔女の予言にぐらぐら心奪われたり。
王妃に王冠かぶせられたあと、見つめながらほろっと涙を一筋流したシーンは
ハッとした。凄い。
魔女の言葉を信じて、王を殺して自分が王に。やってしまうまではぐいぐい
いくのに、やってしまったあとに不安に押しつぶされていく。
んんん~。

晩餐会のシーンが、もうすごい怖くて、ピリピリで。あ、あんな晩餐会絶対に
参加したくない(涙。
幻を見てしまうマクベスと、なんでもないことのようにふるまおうとする
レディ・マクベスと。
怖い。

取り返しのつかない王位にいるマクベスと夫人。あまりの不安と孤独が物凄く
怖くて、素晴らしく美しかった。

私が英語がわかればな~。古風な言い回ししてたみたいで、原典に忠実なのかな?
そういうのちゃんと聴けたらいいのに自分。。。
映画館でないと私には集中できなかったろうから、あとやっぱ景色や人の声の
迫力もよくて、映画館へ行けてよかったです。

|

『自己愛な人たち』(春日武彦/講談社現代新書)


『自己愛な人たち』(春日武彦/講談社現代新書)


自己愛、というか、自意識過剰というか。持て余すほどそういうのある。
たぶんそれは多かれ少なかれ誰もが持つもので、よく働けば自己肯定だし
悪くすると自己嫌悪、妬み、劣等感になっていく、と、思う。

ソーシャル疲れというか。いいねとかあると嬉しい、から、他の人に比べて
自分は全然注目されてない自分ももっと目立ちたいかまわれたい。
っていうのが時々苦しくなる。
まーさすがにそればっかりに囚われるでもないけど、ちょっとなんか読んで
みたりして俯瞰したいなーと思ってなんとなくこれを読んでみた。

文学作品や、著者の見聞した患者さんの実例などを交えつつ、読み易くて
面白かった。
ともあれ自己愛の形は人それぞれの千差万別で、それぞれの自己愛を形成し
折り合いつけていく。
自分が生きづらくなったり他人に多大な迷惑をかけたり、社会生活が困難な
ほどになると病気となるわけだけど、傍目に病的に見えても、本人がそれで
よしとしてしまうならば他人からはなかなか手出しはできない。
精神のことって微妙だし難しいよなあ。。。
なんだか強烈な夫の一方的な強引さに従う妻のエピソードがなかなかホラーな
気分がした。家庭ってこわい。。。

二種類の自己愛があるという。「いや、二つの極があってそれを結ぶスペクトル
のどこかに位置する、という考え方である。ひとつの極は誇大型、もうひとつ
の極は過敏型と呼ばれる」(p132)

誇大型は俺様主義で目立ちたがり屋。わかりやすい。
過敏型は、自己愛が強い「からこそむしろ」醜態を恐れ臆病かつ引っ込み性、
内向的になることもある。
「彼らは露骨な自己主張をしない代わりに、他人の目を気にする。自分が他人
にどう映っているか、蔑まれていないか、馬鹿にされていないか、自分の
「本当の」素晴らしさにちゃんと気付いてくれているか。そういったことに
常にアンテナを立てているのである。いわば《隠れナルシスト》と言えようか」
(p133)

日本はどうも過敏型自己愛が多いようで、とのことで、あ~私もまさに~。
きみは素晴らしい、と、実は誰かが密かに称賛してくれないかと願うけど
自分からは行動起こせない。うへえ。恥ずかしい。
まあでもそういうの誰しも幾分はあることで、まーあまりヘンに気にしすぎ
ないようにしないとね。。。
面白くさくっと読みました。

 目次
 
 まえがき
 第1章 自己愛に似たもの
 第2章 目立ちたがる人たち
 第3章 折り合いをつける
 第4章 他人を巻き込む
 第5章 変装する自己愛
 第6章 持て余す自己愛
 あとがき


|

『交霊』上下(ラーシュ・ケプレル/ハヤカワ文庫)

*ネタバレ、結末まで触れています。


『交霊』上下(ラーシュ・ケプレル/ハヤカワ文庫)


ビルギッタゴーデンは問題を抱えた少女のための自立支援のための私立の施設。
薬物依存を抱えていたり精神的な問題から自傷行為や乱暴な振舞をするものもいる。
更生施設は強制的な鍵のついたところが多い中、ビルギッタゴーデンには自由が
ある。在宅治療のための準備をするのだ。
そこに暮らす8人の少女。夜勤はエリザベト一人だった。
発見される無残に殺されたミランダ。エリザベト。逃げ出したヴィッキー。
犯人とみなされるヴィッキーは逃走中偶然見つけた車と、その中にいた小さな
男の子と姿を消す。
事件は本当に少女であるヴィッキーが犯人なのか。
国家警察のヨーナ・リンナは内部調査の対象になっていながら、アドバイザーと
して捜査に加わる。
事件を見た、何度も警察に電話をかけてくるフローラという霊媒師の情報に、
公にしてない凶器の話があり、ヨーナは話を聞きに行く。フローラが見たという
少女の幽霊は本当なのか。


シリーズの3作目。ヨーナ・リンナのことは覚えてるけど、前作『契約』のことを
読んだはずだけど私あんまり覚えてない。ヨーナはその時なんか規則違反か
暴走だかして今作ではお叱りの最中みたいなんだけど。でもガンガン捜査して
いってます。「相棒」の右京さんみたいな感じか。

ヴィッキーは治療のための薬の影響で凶暴になることもある、とかで犯人と
みなされるものの、それは真犯人の罠だった。
犯人はダニエル。実はフローラの兄でもある。少年の頃の最初の殺人を目撃
していた幼いフローラが、封印していた記憶が今蘇って、幽霊のように感じた、
ということで「交霊」なんですね。途中まで、フローラが、インチキ霊媒師で
あるもののこの事件に関してだけは本物なのか? という不思議が面白かった。
ちゃんとそれなりの理屈におさまってよかった。

問題を抱えた少女を取り込み、離れると周到に計画して殺す。ダニエルの酷さが
えげつない。怖い。
途中、ヴィッキーをなんとか見つけ出す、とか、クライマックスも、やっぱり
映画みたいにじれったさいっぱいのすり抜けっぷりが盛り上がる~。
一作目は映画化されたようで、見たいけど見られてないなあ。ちゃんと面白く
映画になったのかしら。

それと、ヨーナの過去が少しわかってきた。
12年前、ユレック・ヴァルテルという恐ろしい連続殺人鬼をヨーナと相棒が
逮捕した。その時の呪詛、家族を消されるという恐怖。相棒は実際ユレックの
云った通りに破滅した。ヨーナは家族を守るために、妻と娘を死んだことに
して、隠し離れた。一度も会っていない。
だが、妻が癌で亡くなりそうだ、とわかって、ついに会いに行く。娘は15歳に
なっていた。でも会わず名乗ることなく去るヨーナ。

精神科の強制収容でユレックは怖れられながらひっそり生きている。ヨーナへの
恨みは忘れていないようで。
ってあたりで終わり。

これはまだ続き出るのかなあ。これ出版が本国では2011年でこの文庫は2013年刊。
本国では4作目出てるっぽい、ような。翻訳は多分まだ。
なんか、フランス語版を訳してさらにもう一度スウェーデン語版とあたりつつ
チェック、みたいに訳したらしい。北欧ミステリ、翻訳大変なのね。でも
がんばって訳してください~続き出してください~~。
これもまたレクター博士の呪縛って感じがあるけど、どーするのか読みたい。

|

映画「ズートピア」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ズートピア」


動物たちが進化して暮らす世界。大都会ズートピアは、誰でも望んだものに
なれる自由な街! そう信じて、ウサギのジュディは、世界をよりよくする
ために、警察官になりたいという夢を努力して叶えた。配属された署ではしかし
小さなウサギの女の子は軽んじられ、駐車違反を取り締まれ、と命じられる。
努力して優秀な成績を収めて警察学校を出た。もっと警官らしい仕事がしたい
ジュディ。
ふと目にとまったキツネの様子を伺ってつけていくと、子どものために、と
アイスキャンディーを買っていたはずのキツネが詐欺師だとわかる。適当に
あしらわれて落ち込むジュディ。
たまたま、行方不明の夫を探して、という頼みを聞いて人探しを始めるジュディ。
本当は14匹もの肉食動物連続行方不明事件の捜査をしたいのに。
だがキツネのニックに無理矢理協力してもらいながら手がかりを追ううちに、
ジュディは連続行方不明事件解決にいたる。
喜ぶジュディだったが、自分の失言が酷い誤解を生むことになり。そしてさらに
事件には裏があった。

そんなこんなの、ディズニーアニメで動物たちが主人公!でありながら、
自由で平等なはずの<楽園ズートピア>が建前上の話で、実際には差別偏見
軋轢に満ちた世界であることを描くバディムービー。
ユートピアなんて幻想なんだよ。

ディズニーアニメだろ、と、どうせ私にはいまいちかなあ、と思いつつも、
ニックとジュディのコンビな感じがすごくよさそうで、評判もよくって
見に行った。
子どもより大人が現実問題を考えさせられる、というような評判が多いように
思う。

でもそこはそれさっすがのディズニーアニメ。
諦めないで頑張るウサギの成長物語! ってシンプルでもある。
諦めて夢を失っていたニックが再び前を向いて一歩踏み出す物語!でもある。
まっすぐ正義にひたむきなジュディと、どうせずるがしこいキツネ扱いされる
ならそうなってやるさ、とひねくれたニックとの凸凹コンビが事件を解決!
って、すっきりでもある。

だけどそう明るいシンプルな筋に至るまでのぐねぐねした影や間違いや
善意のはずの偏見や差別が、かなり丁寧に描きだされている。こわいわー。
自分の正義を信じることや、よかれと思ってするアドバイスが無自覚な差別
偏見に満ちていたり。主人公ジュディすら自分の夢や希望正義に猛進する
あまり、考えなしにダメ発言をしてしまうとか。自分の中の差別に無自覚で
あった、とか。
辛い。

辛いけど、でも、そこはまたさっすがディズニーアニメ。ちゃんと謝って
さりげなくも優しく許しの手は差し伸べられて。
黒幕発見、事件は解決!

面白かったなあ。
本音と建て前みたいなこととか、動物になぞらえて、本性は獰猛とか言ったり
かわいこちゃん~って軽く見られたり、キツネはずるがしこいに決まってると
決めつけによって純粋な心をあらかじめ損なわれてしまったり。
そういうことを描きながらもちゃんと面白くエンタテイメントに仕上げてる。
いやいやそう都合よくいくか?そんな簡単に許すか?とか、いろいろ個人的には
もうちょっと~と思うけど、でもやっぱそこはさすがのディズニーアニメだから。
私の個人的好みとは違っても仕方ない。

ニンジンの録音機能付きペンとかさ。ブルーベリーをうまいこと使うとか、
冒頭の子どもの劇と最後での騙しの芝居とかね。
ほんといろいろと小道具や伏線使うのが上手い。うまーい。

可愛いとかヤメテ、って言われちゃうけど、やっぱふわふわもふもふ動物たちの
毛並みとか可愛いし。ちっちゃくても元気いっぱい、ジュディの耳がピン!と
立ったりきびきび音を聞いたり、落ち込むとぺたんとしたり、くるくるよく
動くのめっちゃ可愛い。鼻がひくひくするのも。足が強いのも。
ニックは~やさぐれちょいワルで、でもジュディに協力するうちについ子どもの
頃のこと話しちゃって、可愛いし。ホントはボーイスカウトみたいなのに
入りたかったのに、意地悪されて口輪つけられたりして。く、口輪っ。

ものすごーーくマイルドにした「羊たちの沈黙」でもあるような。
優秀な若い女性が事件捜査にあたるが軽く見られてピンチになったり、でも
結局は彼女の力が道を開くとゆー。悪いやつの協力を得て。

ニックとジュディのコンビの距離感がほんとよくってステキだった。
反目から仕方なしの協力ドタバタ、距離が近づいたかと思ったのに決裂、
謝罪、許し、そして解決、ほんとの相棒となるべくしてなる、ラスト。

こう振り返ってみると基本的にはまったくのベタで王道で。でもその味付けや
表現、ぎゅーっと要素物語つめこみつつも、ちゃんとわかりやすく面白く伝える
テンポや技術が、ほんっと~に凄い。
深読みはいくらでもできるポイントあるし、でも動物ちゃん可愛い~って
ふわふわ見てても十分楽しいし。
凄いわ。

結局はないがしろにされてた副市長による陰謀で、肉食動物を排除して、
多数派である草食動物の世界にしたいってことだったんだけど。
羊、ふわふわ善良可愛い、ってのが逆手にとられていてこわいわ。ヒツジ、
羊たちの沈黙なのでは。

いろんな動物の世界だけど、人間という動物はいないのね、この世界。
まー擬人化世界だけどー。

吹き替えで見たのだけど、字幕で英語で見たかったなあ。
なんか字幕での上映してるところが少ない。まー吹き替えもいいんだけど、
もうちょっと選ばせてくれてもいいんじゃないのかー。難しいかなあ。
ともあれ、楽しませてもらった。評判通りすごかった。
ニックには惚れざるをえない。あーん。可愛いかっこよかったよ~。

|

映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」


4日に見た。


ピアノ教師である雪絵が失踪した。教え子である亜美は、芸能事務所を訪ねる。
仙石は、かつて丸山と組んで記憶が読める男として芸人をやっていた。その能力
を使って、雪絵を探してください、というお願いをする亜美。
だが、能力があるゆえに、人間嫌いになってひっそりマンションの管理人を
やっている仙石。丸山がなんとか引っ張り出して、仙石は雪絵は失踪ではなく
連れ去られたのだと読み取る。
信用してくれない警察。雪絵の幻に励まされるように、仙石はその痕跡を辿る。


って、そんなこんなの、記憶のカケラを読む能力を持つ元売れない芸人をやる
野村萬斎。ってゆーのに釣られて見に行ったのですが。
脚本古沢良太ってゆーのにも釣られて見に行ったのですが。
おお~、これは。つまらない。びっくりするほどつまらない。びっくり。

萬斎さまの手がいっぱい見られて嬉しいな。きれいな手。好き。
とか、まあ、それはよかった。

しかしこれは。一体。二時間スペシャルドラマかなあ。しかも出来の悪いタイプ
の二時間ドラマだと思ったなあ。うーん。

話の展開、人物描写、演技キャラ動きテンポなんかどれひとつ感心感動できな
かった。私にはぺらっぺらにしか感じられなかった。
お。風間杜夫も出てる~って思ったけど、なんだその無駄遣い、と、また
そういうことにびっくりさせられた。なんだろうこの、何もかも空回り感。

亜美ちゃんをやってた杉咲花は可愛くて上手でよかった。よかったんだけど、
まあ実際彼女18歳くらいらしいので、まあそうなんだなと思うしかないんだけど
見た感じ13歳かな?みたいで、18歳の設定が納得できない。うーん。

唯一協力的になってくれた警察の人が実はお兄ちゃんで女装してて犯人でした!
ってゆーのも、なーんだかな~。
子供の頃の、子ども同士の酷い勘違い思い違いすれ違い、が、4人連続殺人に
いたる、っていうのは。まあ、そうなってもいいけど、それならそうなるなりの
狂気とかなんかこう、もっと。。。
あー、すごいチープすぎる音楽もがっくりポイントだし。
うーん。

平日の午後に何も他に見るものもないしご飯とおやつ食べてネットぶらぶら
しながら、ぼんやり見ると結構面白いかもしれない、と、思えなくもないかも。
うーん。
ちょっとこのペラペラさは、私としてはどうしちゃったんだろうと、疑問に
思わざるを得ないものでした。はー。

|

« April 2016 | Main | June 2016 »