« 映画「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」 | Main | 映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 »

映画「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」

IMAX、3Dで、29日に見てきた。

キャプテン・アメリカのシリーズ3作目。
「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」後の物語、とのこと。

アベンジャーズたちの戦いは、ヒーローの戦いである。だが、誰にもコントロール
されない強すぎる力は、普通の市民に被害恐怖を与える力でもある。
国連の管理下に入るよう要請する協定にサインするよう求められるヒーロー。
アイアンマンことトニー・スタークは受け入れるが、自分で考え行動を決める
べきとするキャプテン・アメリカはサインを拒む。
かつての親友、ウィンターソルジャーことバッキーにテロリストの疑いが
かけられて、それを救おうとするキャップとアイアンマンの対立が深まる。
それぞれの信念の下二つに分かれたアベンジャーズヒーローたち。


そんなこんなで、MCU、マーベルシネマティイクユニバース、ということに、
なっているらしいな、と。
全然わかっていないのについ見に行ってしまった「シビル・ウォー」。
私は、アイアンマンは3まで一応見てる。スパイダーマンは、トビー・マグワイア
の頃から映画館で全部見てる。アントマンは見逃した。ソーとかはちらっとテレビ
で見た気がする。エージェントシールドは3話くらいは見たかなあ。鷹とかスパイ
とか見てない。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは見た。(今回関係ない)
で、肝心のキャプテン・アメリカを見てない。アベンジャーズ見てない。
そんなまったくの予習不足で見に行ってしまったので、キャラがわからない。。。
話、そこわかんない、っていう所もあった。一応多少の説明というか、話の流れ
から察して、という感じでなんとなく推しはかったくらい。でもわかってない
違ってるかも。

でも、そんな状態で見ても、すっっっっっっっっっごい!!!最高!!!!!
目茶苦茶凄かった!!!
すっっっごい面白いかっこいいううわあああ~~~~好き~~~~~!!!!!
何これ!!!

詳しくはわかんないこと多かったけれども、とにかく面白かった。

まー私は個人的には、やっぱり一応見てるし、ダウニー好きだし、どうしても
トニー・スタークが、好きで。大好きで。特に前日にアイアンマン3を見たし、
やっぱりチームアイアンマンに肩入れしちゃうよ~。
キャップなんて、アメリカの理想、アメリカの正義、みんなの憧れ!でみんなに
自動的に好かれ愛されているじゃない。トニーは、社長としてがんばり、
技術者としてがんばり、反省してお金使って頑張ってるのに~!
いやでも、キャプテンアメリカとして愛され背負わされてるもの、より、人間
スティーブとして戦い生きる道をゆく、って、感じの、キャプテンアメリカ三部
作、なのかなと、思う。

いろいろわかって、バッキーへの疑いそのものが罠で、アベンジャーズの被害に
あった男が復讐としてアベンジャーズ内部崩壊、殺し合わせることを企んだ、
ということなんだけど。

それにしてもっっっ。
キャップは、バッキー大事、大好き俺に残された世界にたった一人の親友、
世界中を敵に回しても俺はお前を信じる守る助ける側にいるってゆー、ね!
なんなの、きみたちなんなの、最高大好き!!!ってなっちゃうよねー。

だけどだけど、洗脳されていたせいとはいえ、ウインターソルジャーバッキーは
実はトニーの両親を殺していた、ということが、わかって。
それをあんな形で知らされて、トニーが怒り狂うの当然だし。
そこをバッキーとキャップと二人ががりで戦ってボコるのとかもう、ほんと、
酷い。辛い。
キャップ、本気でバッキーのためならトニーを殺す、のかと思った。
予告で散々、バッキーが友達だから、というキャップに、僕もだったろ?って
言うシーンが流れていて。
トニーとしては、アベンジャーズを仲間と思い、キャップのことを信頼して、
友達だと思い、ってところだったろうにと、辛い。
映画冒頭で、トニーの思い出的に、両親が家を出る前にちゃんと見送る、って
いう、こんなだったらいいのになのシーンがあって、トニーにとって両親の死、
また父親がキャップを大事に言ってたっていうのが結構重大なことであるのは
わかってて。
それなのにその死の原因であるのがバッキーで。いくら操られていたことで
とか、理屈はわかっても簡単に納得できるわけないんだよーー。
そしてキャップはバッキーを選び。盾を捨てていく。
トニーを置いていく。
トニー、悲しすぎる。ズタボロでしょー。トニーの側には誰もいない。
キャップは、王様に匿われて、バッキーは納得の上でもう一度眠り、という
ことになって、キャップまた一人に、とはいえ、バッキーは死んでないし、
キャップを慕う仲間は沢山いる。
トニーは。
トニー・スタークをちゃんと抱きしめてよー。
ほんと辛い。

でも仲間がいてキャプテンアメリカと慕う人が山ほどいて、それでも時を超えて
正義のために戦ってきた、って感じのキャップの孤独もとてつもなくて。
一人の男スティーブにバッキーが大事ってゆーのも、も~~~っ、わかる。辛い。

凄かった。こんな壮絶に孤独と愛の物語なんだね。

そして!もちろん!アクション!!!
超人ヒーローたちのバトル!!!!!

すっごかった~。面白かった~~!!!
それぞれのヒーローのそれぞれの戦い方、見せ方!!!
私がキャラをあんまりわかってなくって、それぞれの背景をよく知らなくて、
それでもこんなにもすっごい面白い!って大興奮わくわくで見られるの凄い。
知っててファンな人が見たらもっともっと面白いんだろうなあ。いいなあ。
アントマン、ちっちゃくなるだけじゃなくて巨大にもなるのね!びっくり!

そしてスパイダーマン!
いや~も~~ほんっとティーンエイジャーだね!可愛いっ!!!!
トニーが見つけ出してスカウトに行くんだけど、トニーとの会話も楽しかった。
バトルでしっかり活躍してたし、ひとしきり終わったあとに、トニーに
よくやった子どもはもう帰れ!って言われるのがね~~可愛い~~!

さすが超人たちのバトルだから、空中戦あるし肉弾戦もあるし、武器とかも
面白いし、ちっちゃくなったりでっかくなったりもあるしw
凄いよー。なんだこの迫力と勢い。かっこいいよおお。

予習不足で大丈夫かな私、と思ってたけど、まあわかんないなってことが
ありつつも、楽しむのは十分、いや圧倒的にすごく面白くてよかった。
よく知らなくても、こんな全方位完璧にすっごい面白いってすごい。
しょーもない笑いもあるしー。
ハリウッドの本気というか。あらゆる計算配慮知力総動員、なおかつ本気の
遊びで面白いぞ!っていうわくわく。感動した。なにこれ。
さしあたってキャプテンアメリカのシリーズを見なくては。
後何を見ればいいんだ。アベンジャーズかな。あ~。ハマるわ。こわいわ。
マーベルおそろしい。楽しい。凄い。

|

« 映画「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」 | Main | 映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事