« 映画「マジカル・ガール」 | Main | 映画「あやしい彼女」 »

映画「ロブスター」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「ロブスター」


おそらくは近未来。あるいは平行世界?
パートナーがいないとホテルに軟禁されて、45日以内に相手を見つけなければ
動物にされてしまう世界。
妻に別れを切り出されたデビッドは、犬になっている兄と共にホテルへ連れて
行かれる。次の相手を見つけられるのか。動物になるならロブスターになるつもり
のデビッドは恋の相手を探す。


ベン・ウィショーが出るのか、見たいなと思って待ってました。
しかし、お話は、なんか、なんか、なんていうか。
事前にあまり調べたりはしないほうだけれども、それにしてもよくわからない
ような感じの感想を見かけるなあとは思っていたけれど、実際見てみて、あー。。。
わからない、と、私もどう言っていいのか言葉にならない映画だった。

理屈の説明などは一切ない。独り者は森に逃げ隠れ棲み、時々狩られる。
ホテルにいる期間にカップリングが成立しないと、動物にされる。動物は何が
いいかは本人の希望次第。
カップルになるのは共通点があることが大事。
それはもうそういうもの、としてあって、なんで、どうして、何それは? と
いう見ている私の疑問への明確な答えはない。
ブラックコメディ? 恋愛資本主義みたいなことへの風刺? 皮肉? 妥協か
究極の愛か。愛? 恋愛? 愛???

デビッドは一度は無理して非情な女と同じように非情な男として付き合おうと
するけれども、彼女が兄(犬)を蹴り殺したことを受け入れられず、逃げ出す。
森へ逃げると、独り者たちが独り者なりにコミュニティを形成していて、独り
ひとりで暮らしている。逆にこちらでは情愛は禁止。ダンスパーティでも
独りで踊る。

デビッドはそこで、視力が弱い女と出会って、共通点を感じて愛しあうように
なり。でもリーダーにバレて、彼女は盲目にさせられる。彼女と逃げ出した
デビッドは、町で自分も目を潰して、盲目のカップルになる決意をする。

というところで暗転。終り。デビッドは結局視力を亡くしたのか。二人は
無事町で暮らせるようになったのか、不明。えー。どうなの。。。

ウィショーくんは足の悪い男で、でも鼻血が出やすい女の子とカップルになる
ために、こっそりわざと顔を壁や机にぶつけたりして、自分も鼻血が出やすい
男なんだよ、ってカップルになる。
淡淡と積極的なヘンさが、でもステキ。

レア・セドゥーが独り者のリーダーだった。冷たいカリスマって感じ。
でもこっそり両親に会いにいったりする。
家族愛はいいのか?

なんだか、なんだろう? 考えるな。感じろ、みたいな映画なのか。
真面目にやってるのが可笑しいというか、そこそこクスクス笑ったりしたけど
わかったとはまったく言えない映画体験だった。
でもなんだか登場人物のことを好きになったな、という思いが残る。
こわいしオカシイし。だけど、なんだろーこれ。
冒頭のロバ? を突然撃ち殺す、とかも。どういうことだったのか不明。。。
足の悪い男とかホテルの経営者とか? を、襲うというか、欺瞞を暴くみたいな
ことも、なんでなの。欺瞞の愛より独り者でいろ、ってことなのかな。

楽しみにして見に行ったけど、???の記号が頭ぐるぐる。だけど見終わって
みんなのこと好きだなあと思ったよ。わからない。。。見られてよかった。

|

« 映画「マジカル・ガール」 | Main | 映画「あやしい彼女」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事