« 映画「マネー・ショート」 | Main | 『火星の人』(アンディ・ウィアー/早川書房) »

映画「エヴェレスト 神々の山嶺」

*ネタバレなのかもしれない。


映画「エヴェレスト 神々の山嶺」


深町はカメラマン。カトマンズで、伝説の登山家、死んだと思われていた男、
羽生に出会う。
古道具屋の店先にあったレンズの壊れた古いカメラは、エヴェレストを初めて
制したかどうか不明のマロリーの持ち物だったのか。羽生は不法滞在となって
まで何をしようとしているのか。
どうしても気になった深町は羽生を追うことにした。

12日に見に行った。
阿部ちゃんと岡田くんという、最高のキャストだと思うし、エヴェレストを
スクリーンで見たかった。
その切り立つ姿も、白い峻厳な雪の世界に、ぽつんと歩いてゆく男の姿も、
見られてよかった。恐ろしい孤独。
空が暗いのは宇宙に近いからだよ、と、いろいろ思いがめぐる。

私は原作小説が大好きで、すごく大好きで。本出たのは1997年らしい。その時に
読んで、たぶん読みかえしはしてなくて、たいがい忘れているんだけど。
でも強烈に印象的なシーンがあって、でも映画ではそれがなくて、あああ~れ?
ってなってしまって、うーんうーん違う。。。と思ってしまった。
もちろん映画は映画なので、いろいろ違っていて当然だしともかくもあの景色と
阿部ちゃんや岡田くんの目を見られてよかったんだけど。
素晴らしい目をしていたよ。凄い。

主演二人が素晴らしかっただけに、なんか、惜しい、って気がしてもったいない
という気がして。うーん。
でもこうして映画化なって、本読もうか、ってなる人がちょっとでもいれば
いいのにねと思う。
本も、熱いよ。
もう一回読もうかなあ。

|

« 映画「マネー・ショート」 | Main | 『火星の人』(アンディ・ウィアー/早川書房) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事