« 映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 | Main | 映画「ロブスター」 »

映画「マジカル・ガール」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「マジカル・ガール」


授業中メモを回していた少女を叱る教師。メモを渡しなさい、と手を出すと、
少女の手の中からメモは消えた。

アリシアは12歳の女の子。重い病にかかっている。アニメの魔法少女ユキコが
大好きで、友達と日本の名前のハンドルネームをつけたりしている。
父であるルイスは失業中。かつては文学を教えていた。娘の願いごとノートを
密かに見ると、そこには魔法少女の衣装が欲しい、と書いてあった。そして、
13歳になること、という願いも。
ネットで探してみると有名デザイナーが作った一点ものの魔法少女のドレスは
90万円もする。とてもそんな余裕はなく、いっそ犯罪を犯してでも、と宝石店
の前でショウウィンドウを割ってしまおうとした瞬間。上の階からゲロが。


日本のアニメ、魔法少女ユキコ。って、まどマギがモチーフらしい。監督は
オタクっぽいらしい~。
その程度のことしか知らず、結構ダークな感じらしい、ってことで楽しみに
見に行った。思ってた以上にダーク。ブラックユーモア、みたいに紹介してる
とこもあった気がするけど、ゆ、ユーモア、あったっけ。。。まあ、滑稽なのが
むしろ怖い、みたいな感じになってた。。。ブラックユーモア、かなあ。うーん。

時系列とか一直線じゃないし、シークエンスの意味がわからない? と思ってる
うちに場面が変わって、なんだか、何?? と不思議に思いながらどんどん
悪い方へ連れていかれる。見ているこっちが必至に脳内補完して組み立てていく。
説明、結局最後まで全然してくれない。全然、っていうか、断片を投げ出される
だけ。でもあの断片で伝わってくるから凄い。

バルバラ、という女性。精神科医の夫と暮らしている。最初に出てきた少女が
大人になってる。どうやら精神がどこか歪んでいる。明確に何か病名があること
ではないみたいだけど、魔性の女って感じ。SMのM、って感じ。被虐趣味?
ルイスと一夜をともにして、そのことを夫にばらす、と恐喝されることになる。
バルバラは、夫を失いたくなくて、昔の知り合いを訪ねる。
それがまたよくわからないけど、たぶんSM趣味の顧客を抱える娼婦斡旋みたいな
感じ。バルバラもかつて働いてて、恐喝に払う金を手っ取り早く稼ごうとする。

すげー金持ちっぽいところへ派遣されるバルバラ。渡されるカード。
SMにおいてのセーフワード、だね? その言葉を言えば中止してもらえる。
体中に傷があるバルバラ。今までどんなことしてきたんだろ。。。
夫にも嘘つき、って認識されてるし。

ルイスは恐喝で得た金で無事魔法少女のドレスを手に入れるが、アリシアが
何かを探していたことが気になる。別売りの魔法のステッキがあるのだった。
ってことで二回目の恐喝。さらに値段アップ。
バルバラは、さらに酷いプレイに自ら進む。
トカゲの絵のある部屋。前回はセーフワードを記したカードが渡されたが、
今度のカードは白紙。セーフワードなしか。ワタシ震えた。こわい;;

バルバラはボロボロになってダミアンのところへ戻ってくる。
ダミアン、っていうのが、かつて少女だったバルバラの先生だった人。もう
おじいちゃん。刑務所に10年入ってた。ってことで、でも何故なのかとか
はっきりはわからない。
けど、たぶんバルバラ絡みでなんかあったんだろーなーとはわかる。
バルバラに誘惑された? はめられた? 刑務所のカウンセラーにバルバラに
会うのが怖いので刑務所から出たくない、とか言ってた。
バルバラに守護天使とか言われて、お願いを聞いちゃう。

刑務所のカウンセラーに、ジグソーパズルをプレゼントされていたダミアン。
完成、というところで、1ピース足りない。
これ、割と初めの方に、ルイスが道端で拾ってたんだよね。
ラストの方で、ルイスを殺したダミアンがポケットとか探るから、ピースが
出てくるのかなと思ってたら、別に出てこないままだった。。。
完成できなかったパズル。ダミアン自ら壊してしまったパズル。

ボロボロのバルバラを助けたダミアンは、ストーカー行為で男にやられた、
というバルバラの嘘にはまってしまう。
ルイスに復讐しようとするダミアンは、ルイスと話をして、バルバラの嘘に
気付く。だけど、バルバラが夫を裏切った証拠を握っているルイスを殺す。
ついでに店の人間も。
グラスの指紋を拭いたりしてたけど、でも、ルイスの財布とか? 探ってた
から、あれにも指紋とかついたんじゃないのかなあ? あれは大丈夫なのか?

ルイスの家に入り込んで、ダミアンは証拠の携帯を手に入れる。
その時、魔法少女のドレスをきて、ステッキももって、パパを喜ばせようと
していたアリシアは、ダミアンを見つめて固まる。
この時にも流れる日本語のポップな歌の違和感ってば。もう。凄い。
春はさ~らさら♪ って。楽し気な。でも今このシーンでは不気味な。

アリシアは白血病で、余命わずか、って宣告されてたのかなあ。
ルイスは絶望して、アリシアのわずかな願いを叶えたくてなりふりかまわず。
でも、アリシアがラジオに送ったメッセージは、私は病院が好き、みたいな
ことで。魔法少女のドレスよりただ普通に日常が、パパと一緒に何かを
試してみたりするのが、願いだったのでは。あのラジオのメッセージを
ルイスがちゃんと聞いていれば、違っていたんじゃないのか(泣)

一度は立ち去ったダミアンは、アリシアをやっぱり殺す。
うー。
容赦ない。。。
ルイスは死んじゃってもアリシアは、アリシアは一人残される、みたいな
感じのバッドエンドなのではと思っていたけど、もっとバッドエンドだった。
でも、でも。いっそ魔法少女のドレスを着て一瞬で死んだほうがよかったの、
か、な。余命わずかだったみたいだし。うー。いやでも。

病院のバルバラのもとへ戻ったダミアンは、バルバラを悩ませた男はもう二度と
現れないという。恐喝のネタになった携帯電話を見せる。
でも、バルバラの差し出した手に、携帯電話は渡さない。
ダミアンの手からそれは消えていた。

って、ここで冒頭の、バルバラと同じマジック?
そして暗転。
はー。
どうなの。
終り。。。
闇だ。

バルバラこそが、魔法少女から魔女になったマジカル・ガールなのか。
なんかもう、どうして。どうしてこうなった、と、
ルイスがもうちょっと、踏みとどまれば。
バルバラがあんな、闇を抱えた女性じゃなければ。
ダミアンが、どうして、踏みとどまれなかったのか。
マジカル・ガールだなんて。病気の少女の願いだなんて。もうちょっと、可愛い
というか、そう、もうちょっと、少しでも救いがあるのかと思ったけど。
突き放された。すごかった。

|

« 映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 | Main | 映画「ロブスター」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事