« 映画「キャロル」 | Main | 映画「同級生」 »

映画「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」


ヴィクトリア朝時代のロンドン。19世紀のシャーロック。本来のシャーロックと
言っていい。BBCのドラマとして現代に翻案されたシャーロックのスペシャルが、
時代ものとなって作られ、日本では映画館公開。
ミニ特番の「脚本家スティーブン・モファットと巡るベーカー街221Bの旅」(5分)
「シャーロック製作の裏側 主要キャスト・スタッフとともに」(15分)が
一緒に上映される。

てことで、これは、あくまでテレビシリーズのスぺシャル。映画作品ではない。
突然これ単独で見に行っても戸惑うことが多すぎるかもしれない。登場人物は
テレビシリーズありき。

ヴィクトリア朝なベネたんシャーロック、マーティンワトソンも似合ってる~!
かっこいい可愛い~! ワトソンの小説が人気になっていて、ってところで、
ハドソン夫人が登場人物として自分の出番が少なすぎるとか拗ねたりしてて
いろいろめっちゃ可愛い~!
って最初は単純に楽しんでいたら、ちらほらと、あ、あれ、単に本家シャーロック
やってみた、っていうだけじゃない? とわかってくる。
びっくりしたー!

これはS3のまさに続き。スペシャル特番とはいえテレビシリーズの一つなんだ。
あの飛行機でモリアーティの再来かと呼び戻された時からシャーロックが
マインドパレスの中で思考している物語だった。おお~。
目の前で銃を咥えて頭ふっとばした人間が生き返る? そんなのありえるか?
と、過去の事件をひっくり返して考えてみてる、のが、花嫁の事件、か。

で、現代のリアルと、夢と、過去の事件の中、さらに心の中、と、いろんな
レベルでメタメタになる。さらに言えばテレビドラマであるシャーロックを
俯瞰するかの如きメタレベルもあるような?
なんかもう、びっくりしつつ、それからは、えっと、ここはどのレベル?とか
考えちゃって頭が忙しかった。まー、いつも大体そうか。

そして基本、シャーロックのマインドパレスでの出来事たち、と思うと、
ジョンのことをシャーロックはめっちゃめちゃ頼りにしてるのね!?
そしてモリアーティがほんっっっとにやっかいなのね!

事件を待つ屋敷から離れたところでジョンと二人きり。きみは経験あるのか、
とか詰め寄られたりして、ええと~~~~。この距離感のつめ方、を、シャーロック
はマイパレ内で一人想定してるわけ??? と思うと。
これふぁんふぃくとかでよくあるやつだ。。。と、思ってしまった。ときめく
でしょーがー。

そしてライヘンバッハ。
モリアーティにぐちゃぐちゃにされそうなところに、飄々を銃を持って現れる
ジョン。脱力しちゃうw
僕にはジョンがいれば大丈夫、って感じ、シャーロックの信頼どんだけ~~!!!
私はモリアーティが好きなんだけど、はい、ジョンとシャーロックの仲を邪魔
することはできませんね。はいはい。
でも、ウィルスとしてシャーロックの中に、あるいは世間に? 偏在する
モリアーティってとてもセクシー。
さらにこの続きがどうなっていくのかわかんないけど、モリアーティの影が
どう広がっていくんだろうか。すごく楽しみ。

と、なんかこう、忌まわしき花嫁事件そのものは、わりと、まあ、えーと。
男たちの見えない敵、女ってことなのか?
フェミニズム的なこと、らしい、けど、なんか、わりとそれはとってつけた
ようなというか、まあ、いっか、ってなってしまう。
花嫁衣裳のモリアーティ素敵よ。

マイクロフトお兄ちゃんが、弟を大事にしてて気にしてる、いつも、という
感じがとっても素敵だった。賢い方、としてのおにーちゃん。
も~。シャーロックってばみんなに愛されちゃってるね。

ベネたんはヴィクトリア時代では黒髪ぴしっと撫でつけていて、かっこいい、
けども、またなんか無垢な幼い顔してたりして、どんだけ可愛いんだかっ。
そしていい声。
みんなみんな可愛くてかっこいいよう。


特番は、本編始まる前に、221Bの部屋のセットのこまごまとしたこだわり
の紹介。
本編終わってから、メイキングというか、キャストインタビュー。
ハドソン夫人がジョンシャロの母親的、とか可愛かったなあ。
寒い中での撮影でみんなタイヘンそうだったw
アンスコくんのインタビューが~とっても可愛かった!好き!ふわっと優しい
喋りするのに、モリアーティの感じで言うときにはがらっと変わるの。ま、
俳優さんですから、とわかっちゃいるけどやっぱ凄い~。ほんと、あの
モリアーティあってこそだよねえ。プールのシーン最高。

映画館のスクリーンで見られたのはとってもよかったし見に行って満足だけど
テレビで見たいな~~~なんでなのNHKさん?
実況とかしてみんなで、えええー??? とか盛り上がったりしたかったかも。
続きはどうなるんだろう。
それにこれも、もっと何回も見たいかも。。。あああ。悩ましい。
とっても楽しかったよー。好き~~。

|

« 映画「キャロル」 | Main | 映画「同級生」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事