« 映画「メン&チキン」 | Main | 映画「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」 »

映画「キャロル」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「キャロル」


クリスマス時期のデパートで働いているテレーズは娘へのプレゼントを探しに
きた美しい女性に目を奪われた。彼女が忘れていった手袋を返したことから
ランチへ誘われ、親しくなっていく。
キャロルは夫と離婚調停中で、愛する一人娘を夫に奪われそうで苦しんでいた。
テレ―ズは恋人はいるものの、関係をすすめたがる彼にいまひとつついていけ
ないでいた。
二人で休暇を旅に過ごすが、キャロルの夫の差し向けた探偵(?)に弱みを
握られる。キャロルはテレ―ズの前から姿を消した。

1950年代のニューヨーク。
同性愛はタブー。だが、一目で恋してしまった二人が、二人の見つめ合う視線
だけでひしひしと伝わってくる。
ケイト・ブランシェットのキャロルはもう本当に、圧倒的に素晴らしく美しい。
ルーニー・マーラのテレーズは、初心い乙女で、写真家になりたい若い女の子で
でも流されるばかりでNOが言えなくて、何が本当に欲しいのかわからなくて、
初めて本当に恋に夢中になった、ひたむきな可憐さが素晴らしい。
ただただこの二人を眺めているだけで夢の世界。
キャロルが、圧倒的ゴージャスなのに、娘という弱みで脆く危ういのがたまら
なくセクシー。
ランチのメニューも自分で決められない、という始まりから、キャロルとの
関係に踏み出し、積極的に受け入れる、テレーズの方が決めていくことになる
のが素敵。
繊細で優美で可憐な二人の美女を見ていると、男たちが実にがさつでダメ。
大きな声出さないで。
二人でいるところへ邪魔しに現れないで。
男性登場人物は誰一人魅力的じゃなかった。すがすがしいほどに、キャロルと
テレーズの物語。
男に所有されたり侵害されたりせずに、女性が自分自身として生きることを
選んでいく凛々しい物語でもある。

旅しながら、少しずつ触れ合うことがあったり距離が近づいたり、ドキドキ~!
キャロルの運転する車の助手席で眠っちゃうテレーズ。
う、ハンニバルのレクウィル、とか思っちゃうよねー。匂いかいじゃったりして
恋するとやはり相手の匂いとか敏感になっちゃうのね。ね。嗚呼。
二人で新年。ようやくキス、抱き合う。もう心は決めてる、って感じのテレーズ
が素晴らしく美しくなって、キャロルはもちろんだし。はー。きれいだった。

ラスト、キャロルのところへ行くテレーズ。んも~~~。美しい!
一度は別れ、離れて。その間にテレーズは綺麗になって、そして、もう一度
キャロルを選ぶのね。

原作は読んでない。もうちょっと毒があるのかな?? でもともあれ、この
素晴らしいキャストでうつくしい映画を見られてしあわせでした。

|

« 映画「メン&チキン」 | Main | 映画「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事