« 『特捜部Q―吊るされた少女―』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 『アルファベット・ハウス』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) »

2015年のまとめ

2016年始まり始まり。

ざっくりと2015年のまとめ。

本は52冊、(残酷な神の10巻一気読みしたのは一つとして)
映画32作品の感想アップしてました。

少ない、とは思ってたけど、我ながらホント本が少ないね。
年々本の冊数は減っている。映画は増えてる。
映画は映画館で見たやつしか書いてないけど、円盤買ってしまってるのも結構
あるので、それも見たらちゃんと書いた方がいいかなあ。自分の記憶力が
ますます衰えているし。
マッツのとか見たらもえもえ語りたい。(買っただけで見てないものが多数)


デイヴ・ブランドステッターシリーズ読んだのが2015年の収穫かな。
読みづらいなあと思ったけど読み切ってよかった。

ドラマ「ハンニバル」にどハマリして、トマス・ハリスのを読み直したのも
楽しかった。
映画のシリーズも見直したいところ。
もう、ほんっと、2015年はハンニバルにおちて、マッツ・ミケルセンに
熱中したのが大きくて、映像とかネットでの情報漁りにあけくれて、本を
読まなかったなあ。
さすがにちょっと反省。今年はもう少しネット依存から離れたい。自分の
ペースを取り戻したい。
でもやっぱりマッツ大好きすぎてどっぷりなのは当分続くでしょう。映画ある
もんね。あ~楽しみ~~。そしてハンニバルのドラマ、か、映画でも、なんとか、
続きができる動きが、ありますように。それをひたすら願う2016年です。

映画が、すっごく大当たりで、どれも面白かった。
ついに007! で待ってたし、ミッション・インポッシブルも、アンクルや
キングスマンも。スパイ最高かっこいい~を堪能した。
それともちろんマッドマックスも。スターウォーズも。
こんなに映画が面白くて物凄くて、ガンガンくる一年って。
大作だけじゃなくて「追憶と、踊りながら」だとか、しっとり良品もよかった。

今年も、沢山の面白い本、面白い映画を楽しみます。

|

« 『特捜部Q―吊るされた少女―』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 『アルファベット・ハウス』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事