« 映画「劇場版 MOZU」 | Main | 『007 サンダーボール作戦』(イアン・フレミング/ハヤカワ文庫) »

映画「007 スペクター」

*ネタバレ、結末まで触れています。
時々私の個人的妄想も。
長くなった。。。書きなぐり。


映画「007 スペクター」


 メキシコ。死者の日。巨大な骸骨の人形、死者の扮装をした人々の祭り。
そこで一人の男をつけて、ボンドは狙いをつけた。だが建物が爆破され、人混
みの中の追いかけっこ。男を助けにきたヘリへ乗り込むボンドは男を叩きのめ
し、最中にその指から指輪を奪う。蛸の印のある銀の指環。

 先行上映に二回行って、今日初日、3回目見た。
 そんなこんなのド派手オープニング。も~~最初っからどっかーんと惜しみ
なく、死者の日の壮大さもかっこいいし、骸骨の仮面、衣装のボンド登場も最
高にかっこいい。素晴らしい。ああ~~かっこいいかっこいいかっこいいっ!

 「スカイフォール」からの続き、ってことで、これもまた「慰めの報酬」的
位置づけになるのかな。正直言えば、映画作品としては「スカイフォール」に
劣るんじゃないかな~というのも、「慰めの報酬」的な感じかと。でも「スカ
イフォール」があまりにも劇的最高ドラマだったからもうこれは仕方ないんじ
ゃないかと思う。シリアスよりはちょっとユーモア多目な感じに切り替えてる
のも、これまでのシリーズ集大成な感じも、「スカイフォール」での大成功ゆ
えの余裕というか、遊びな気がする。俺たちで007らしさを目いっぱい楽し
んでやってみようぜ!ってノリがあったんじゃないでしょうか。やっぱりなあ、
今007らしいことするとなんだかもうパロディっぽく感じてしまう。かっこ
いい車、ゴージャスな美女とセックス、銃撃戦格闘戦、どっかんどっかん!
それはもうやっぱりパロディめいてしまうのは仕方なくて、そこはそれで開き
直ってめいっぱい本気でそういうことしてやるぜ!という気合があるような、
気がする。
 それがなんだかステレオタイプでつまんない、とも言える。けど、ああ~ん
もう~~それでもかっこいいいいい~!って好きになれるかどうか。個人の好
みになるんだろうと思う。私は、好き!!!!!
 二回目はIMAXで見たんだけど、巨大スクリーンの巨大ボンドは!神々し
いって思った。かっこよさの権化!圧倒的!圧倒的かっこよさで007ごっこ
されたらもう、もう、最高だよ。007のパロディもカウンターもいろいろ面
白いけど、本家はこれだ!ってされたら、もう、かっこいいです最高です。

 サム・スミスの歌声は最高ですし。その切ないメロディの中、黄金の蛸とか
蛸に絡まれる美女とか。触手プレイ!? こんなにめいっぱい触手プレイ!?
おおお~。って、私は喜んじゃう。蛸wwって喜んじゃう。その触手、ボンド
に絡んでくれないの?もっと!って思った。最後にはボンドの銃に絡んでたの
で、あー、銃は男根ですから、と脳内変換して喜んだよ。ゲス人間です。
オーベルハウザーなヴァルツさんの顔が髑髏なのとかもう最高にベタで好き。
これまでの敵やキャラが一瞬うつるところで、マッツのシッフルが映ったのに
狂喜。シッフルは本編でも名前出たし最後の時にも写真出たし嬉しかった。

 ボンドは実はMからのビデオメッセージを受け取っていて、彼女に頼まれた
男を探し、殺し、謎の組織を追っていたのだ!
 ってことで、最初のボンドガール、ボンドウーマンっていってるのか。ルチ
アに出会う。ローマね。モニカ・ベルッチはイタリアの至宝と呼ばれているの?
喪服が美しいゴージャス美女です。50代のボンドガールって話題だったよう
だけど、あんなゴージャズ美女であるんだからマジ年齢なんて些細なことでし
ょ。話題にされてたわりには出番はちょこっとだけ。「ボンド。ジェイムズ・
ボンド」の名乗りを受ける、あのキスすれすれの間近な会話で、ほろっと一筋
涙がこぼれたのが震えるほどうつくしかった。凄い。

 ルチアに組織の集会を聞き出したボンドは先に奪った指輪見せてその集会に
潜り込み成功。なんか世界中で悪巧みしてる報告会みたい。で、ボンドが殺し
た男(ルチアの夫)の空席に誰がつくか、みたいな話し合い、のはずがぶち殺
し、があって。そしてシルエットだったボスが、「ジェイムズ」と呼びかけて
顔が見えるようになる。
 きゃー!きたー!! ヴァルツさんかっこいい~!オーベルハウザーはボン
ドを知ってるようだけど、誰? ってことはちょっとひっぱって。
 カーチェイス~! おっかけてくるジャガーも最高かっこいい~~~!

 で、そうだ。ローマに行く前に、MI6に戻ってて、Mにお叱りを受けたり、
Qのラボによって血管にちくっと、ナノマシンみたいなもの? を入れられて
世界中どこにいても生体データを把握します、みたいにひもつけられてたボン
ド。Cにも一度ご対面してた。
 Qはウィショーくん。「スカイフォール」の時から登場で、可愛くて可愛く
てたまんないんだけど、今回は出番増えてた~。それにボンドとすっかり信頼
関係を築いているようでした。いつの間にだよ!それ薄い本でたっぷり妄想し
てた感じが実際あったってことですかそうなんですか!と詰め寄りたい。

 「スカイフォール」のつづき、とはいえ、直後というよりは、多少時間あい
てる感じかなあ。ボンドはアパート持ってるし(すんごい高級マンションみた
い)Mのメッセージ後にいろいろ動いてメキシコであんな騒ぎで、ってことで
数カ月くらいはたってるの、かな。その間に? Qと、ボンドは、すっかり仲
良しに? マネーペニーとも仲良しに? 凄くいい~~。
 「スペクター」を見るにあたって、ダニクレボンドのシリーズ3作見直した
んだけど、凄くボンドが孤独である、というのがひしひしと感じられてね。次
次とボンドの前から人が死に消えてゆくの。敵はともかく、親しくした人もね。
「スペクター」の予告で、マドレーヌに「いつも孤独」って言われてるシーン
が流れてたけど、ほんと、いつも孤独に一人で立つって感じ。
 でもね「スカイフォール」の時にね、Qに出会って。マネーペニーがいて、
マロリーもMを守るために共に戦った、ってことがあって。Mはああなってし
まったけれど、でも、Mがボンドに仲間を残してくれたんだ、って思った。だ
からいつも孤独じゃない。もちろん孤独だけど、でも、「スカイフォール」の
あと、ボンドには仲間がいるんだよ。と、私は心の中で叫んでたの。
 誰も信用しないボンド。でも、Mが出会わせてくれたQとマネーペニーと、
マロリー(M)は信用したんだね、と思う。Mがくれた仲間だから。本能つか、
勘だよ、っていってたけど、そういうことかなと思う。

 で、そう、その、いつの間にか仲良しQに、いい車でしょう、って見せられ
た車。かっこいい。でもこれは009に渡ります、って言われちゃう。
 でもさー、あれさー、わざわざボンドに見せるわけじゃん。ホントはボンド
のために作ってたと思うんだよね! ボンドがメキシコの騒ぎのせいで停職、
任務から離れろ、ってなったじゃん。だからなんかの任務を引き継いだ009
が、車使うことになって、もう~~せっかくあなたのためにこんな素敵な車を
作ったのに!馬鹿ボンド!って感じでQはわざわざ見せたんだと思うんだよー。
なんか仕掛けのスイッチも、わざわざ、いかにもな感じのパチパチ動かすスイ
ッチ!でしょ。あれQがボンドは古くさいガジェットがお好みでしょう?って
遊びで作ったスイッチだと思うんだよね~。今時だったらタッチパネルでしょ。
マネーペニーに電話~ってしてたのはタッチパネルでするスマホ的な感じだっ
たじゃん。環境、009用、ってのも、まあ経費で作った車だからいろいろに
変更できますよーって方便なお遊びセッティングだったんじゃないのか~。
 でも自慢して見せちゃったから、ボンドにちゃっかり盗まれました。代りに
よく冷えた、あれはシャンパンかな~。酒一本残していったボンド。
 朝出勤してきたQがめっちゃ可愛くて可愛くてだった!コーヒー片手に!モ
ーニン、とか部下に挨拶しちゃって! 部下、部下だよね。課長なんだよねQ。
あのあと、待ってた009にどんな言い訳したんだろ~~。ああ可愛い。代車
にできるやつあったのかなあ。まああるか。使える車一台だけってことはない
よね。はー。
 ボンドに、僕を消してくれ、って言われて、僕はMの部下なのに!ってなり
ながらも、ローンと猫2匹いるのに!って言いながらも、24、じゃなくて4
8時間あげるってなったり、腕時計に密かに細工して渡してあげたり。アラー
ム、ってそんな言い方ですぐ通じ合っちゃうの? なんでそんなに通じ合う仲
になってるの。わ~も~。仲良しめ。
「絵葉書を送るよ」「やめてください」の会話も最高よかった。可愛い。ボン
ドの余裕も、こいつ、ってなりながらも言う事聞いちゃうQも。最高。

 そんなこんなで盗んだ車でカーチェイスのボンド。弾が装填されてなかった
り音楽にムカついたりしながらも最終的には飛び出して逃げて車は川の底へ。
あ~。後にQに会った時にはたった5億の車ですからって嫌味言われてたw
 
 マネーペニーちゃんの優秀な調べがあって、ペイルキングはミスターホワイ
ト、あいつか、ってなってホワイトを追うことに。カジロワと慰めを見ておい
た方がいいところですね。
 すごく寒そうな雪山の、ガランとした別荘みたいなところで、死にかけのホ
ワイト。メキシコのヘマのせいで組織から毒を盛られたらしい、ね。何かを隠
してる、とボンドに問い詰められて、娘のことを話す。娘を助ける、というボ
ンドに「アメリカン」というヒントを与えて自殺。
 そしてボンドはホワイトの娘、マドレーヌ・スワン博士のところへ。なんか
これも雪山の上で、別世界で穏やかに診療を、みたいな、大金持ち向けの診療
所みたいなことなのかねえ。お父さんが亡くなった、と教えて、マドレーヌに
接触するも、信用しない、ってそっけなく追い出されるボンド。

 と、そこにやってくるQ。最近仕事のストレスが凄くて、って嫌味言うQ、
めっちゃめちゃ可愛いいいい~!
 ここで、予告でも流れた、あいりありぃりありぃへいとゆー、って、言うQ。
うわあああ可愛いいいい~! またそう言われて、さんきゅー、って返すボン
ド!なんでだよ!にこやかにしちゃって! ボンドが多少なりともにこやかな
顔するのって、Q、と、マネーペニーにも少し、かな。あー。これが信用して
る顔なのかあ、と思う。なんだかんだ言いながらボンドの頼みを断らないQ。
指輪を預かって調べる、って先にホテルに戻る。マドレーヌ攫われそうになる。
ボンドは飛行機で追っかけてつっこんでまた派手な追っかけっこでした。

 Qも、帰りのロープウェイで怪しげな男に掴まりそうになるけど、なんとか
逃げた。偉い!ちゃんと状況読んで逃げたりできるのねQ!偉い!可愛い!
 指輪を調べたら、なんかさくっとパソコン一つでDNA照合とかもできてた。
どんだけハイテク?? まあともあれ、それで、ル・シッフル、シルヴァ、グ
リーン。ホワイト、などなど、これまでの敵が繋がり、背後に大きな組織が?
ってことがわかる。どんだけQ優秀なんだ! MI6のデータベースみたいな
ことが優秀なのかな。それを結び付ける証拠、の、指輪、だとか。うっすらそ
れを察してボンドに頼んだMがさすがだ、みたいなことも言ってたかな。
 で、それを聞いてて、その組織の名前は「スペクター」ってマドレーヌが教
えてくれる。

 これ、Qのホテルの部屋にボンドとマドレーヌがきて、ってところで、Qが
ボンドと二人だけで話したい、とか言うのがもう可愛くて可愛くて~~。彼女
は知ってるから、ってボンドは取り合わないんだけど、Qがちょっとむっとし
たように思うのは私の頭が腐ってるせいでしょうか。うんたぶん。
 そんなこんなで、Qがんばって雪山くんだりまできたのに、もうすぐロンド
ンに帰れ、って言われちゃう。ボンドひどーい。Qちゃんがんばったのに。

 そしてボンドとマドレーヌは、ホワイトが残したヒント、「アメリカン」へ。
それはホテルの名前だった。ホワイトたち家族が、記念日をすごしたホテル。
そこで何か隠されているのでは、と、ホテルの部屋を破壊していくボンドwヒ
ドイw
 見つからない~と思ってたけど隠し部屋を発見。そこは過去が封じられた部
屋って感じ。マドレーヌは自分の子どもの頃からの写真が飾ってあるのを見つ
ける。殺し屋なんて嫌い、と父と断絶していた心が少しほぐれる感じ。ボンド
は、積み上がったビデオテープの見出しに、ヴェスパーの尋問、とあるのを見
つける。しばし手をとめるボンド。マドレーヌに聞かれてなんでもない、って
それを放置するけど、でも、やっぱりヴェスパーは特別、ってことなんだよね。
切ない。
衛星電話で追ってたんだ、っていってたけど、衛星電話でマークするってどう
いうことなのかは、私にはわからない。。。けどまあ、ともあれそこで、秘密
基地かなんかの座標ゲット。何もない砂漠へ向かいます。

 そして、ないもない砂漠のはずだけど、列車で行けるらしい。列車の中で、
きみも自分を守れるように、と、銃の扱いを教えようとするボンド。でも銃は
嫌い、ってマドレーヌは銃をとろうとしない。しつこく教えようとすると、お
もむろに銃をとり、弾倉抜いて、初弾も抜いて、置く。銃の取り扱いなんて十
分わかってんのね。これもなかなか切ない。
すごい豪華列車ってわけじゃないけど、素敵な列車の旅。ここで、白いディナ
ージャケット。マドレーヌは銀のドレス。おめかしして食堂車。かっこいい。
しかしそのかっこいいディナージャケットも、敵の襲撃で格闘、ボロボロにさ
れちゃうボンド。痛そう~怖い~危ない~~ってところで、マドレーヌが銃を
撃って敵の撃退に手を貸す。彼女も戦える女って見せつけるのね。

 しかしその勢いでせっくすへもつれこむのは、ちょっと、その、いいけど、
やっぱクラシカルな感じですねー。でもそれでもいい。その勢い大事ね!ボン
ドのほうは彼女に脱がされてくけど、シャツどまり、マドレーヌのドレスは全
然脱がされてない。そういうのが今風? なんか、ボンドはわりと一目で女を
見定める、気に入るってキャラだとしても、マドレーヌは、勢いだけでいいの
か、と心配しちゃうね。まああんだけ非日常に突然放り込まれたらいろいろ仕
方ないっていうのがリアルかもしれないかなあ。わかんないけど。
 ラストシーンで、ボンドがオーベルハウザーを撃つかどうか、の時に、結局
弾切れだ、みたいな感じで撃たずに、マドレーヌの方へ行くだよね。その、銃
から弾倉落として初弾も抜いて、のやり方がこの列車でマドレーヌがやったの
と同じ。そして銃を捨てる。
 マドレーヌは戦える女。マドレーヌは銃を嫌う女、というキャラ付けの、か
なり重要なポイントがこの列車のシーンだったのねと思った。
 列車で戦うってのは「ロシアから愛をこめて」の映画であったのかな? 以
前のボンドシリーズを私はよく知らないのでなんとなくしかわかんないんだけ
ど。白いタキシードも久しぶりらしいし、オマージュももっと詳しければいろ
いろ見つけられるのかもしれない。

 で、砂漠にぽつんと、ボロボロの駅。そこに降りて待ってると、ロールスロ
イスが迎えに来る。迎えに来るって確信がボンドたちにはあったのか、な。な
んでだ。尾行されてることはわかってるからか。列車でも襲われたしね。んー。
ま、それでご招待されて秘密基地到着~。

 オーベルハウザーとご対面。なんかわざわざお着替え用意されてるし、隕石
もったいぶって見せられるし。ボンドへの嫌味で、00セクション解散になる
ところ生中継で見せられるし、ホワイトが自殺したところをマドレーヌに見せ
つけようとするし。オーベルハウザーの尋常ならぬボンドへの執着。
 孤児になった少年ボンドを、ひきとってたおうちの子で、ふた冬っていって
たかなあ、だから二年くらい? 兄弟のようにしてた時間があったのね。
 青い瞳の傷ついた少年、ボンドと、自分の父が絆を結ぶのが許せなくて父親
を殺した、って、話か? どんだけ病んでる少年だったんだよフランツくん。
父と一緒に登山事故で亡くなったことになってたフランツ・オーベルハウザー
くんは、今はプロフェルドと名乗っている。母の姓だよ、って。これも、昔か
らのシリーズファンにはお馴染みなのかな。スペクターのボスとしての名前。

 いやもう。お兄ちゃんよ。孤児だったボンドとどんな時間を過ごしたんだろ
う。ボンドと仲良しになった父親を殺すって、どういう経緯なんだよ~。父を
とられたくなかった? ボンドと父との間に何かあった? 何をどうこじらせ
て、そんなにまでボンドに執着してるのか、もう、凄い妄想してしまう。
 私をつくったのはある意味お前だよ。お前を苦しめてきたのはすべて私だよ。
って言っちゃうオーベルハウザーお兄ちゃん。ボンドの方はすっかり忘れてた
っぽいのに。ものすごいこじらせた片思いが凄い。もえる。
 私だ。Meィ~!って言った時のヴァルツさん最高にかっこよくて大好き。

 わざわざ、細い針で脳をいじってやる! ってボンドを拘束しての拷問。な
にかを聞き出すとかじゃなく、ただ拷問。うう。これ、真っ白な中で色素が薄
い感じ~な、白いボンド、透き通る青い目のボンドが、本当にうつくしい。最
高の拷問部屋だね。オーベルハウザーすごい。ナイス拷問。
 そんな中、Qにもらった時計が役立つ時がきました!爆弾仕込まれてるそれ
をマドレーヌに投げてもらって脱出。ついでに基地は爆発!この爆発が、世界
一の爆発規模だそうで、ギネス認定、みたいな記事もありました。まー、よく
そんなに簡単に全滅的に爆発するよな~設計ミスなんじゃないのかその基地、
って思うw でもほんと迫力の爆発で、おお~~~~って思う。凄い。

 そしてロンドン。ロンドンでは、Cが、各国連携して情報を集め、世界の安
全を守るよ!みたいな組織作って、Mたちを追いやろうとしてたのね。その新
しい組織、システムの稼働が今夜0時だ!みたいなことになってて。
 戻ってきたボンド。MとタナーとQと、マネーペニーも一緒に、阻止しに行
く。でも、その、武装していくぞってなってるところを目の当たりにして、マ
ドレーヌはやっぱり私は銃は嫌い、って我に返ったんだろうなあ。ボンドにお
別れを言う。いったん別れた二人。

 でもまた、車襲撃されたー。ボンド攫われた~! Mとタナー、Qたちは無
事情報センターへ潜入。うちの優秀なQ、ってみんなにモテモテなQくんがが
んばってシステムハッキング成功。12時までに間に合った。MとCの対決は、
間抜け、モロン、とかいってるのと、不注意ケアレス、って言って悪口言い合
いじゃねーか、ってところで、争ったCがうっかり高い所から落っこちて死亡。
なんか、なんか、なんかもうちょっと!Cがもったいないよ!
 Cを演じてたのはアンドリュー・スコット。モリアーティの印象が強いわけ
なんだけど、わりとCもそんな感じなっちゃったのが残念。アンスコくんはも
っといろいろ演じられる人なのに、もったいない~。でもまあ、アンスコくん
をスクリーンで見られたのは幸せでした。喋り方がほんと好き。あー。好き。
だからなんかもうちょっと~と物足りないけどさ。でも素敵だったよ。

 で、攫われたけど、敵を返り討ちにしたボンド。連れてこられたのは「スカ
イフォール」で一部爆破されたまま廃墟となって、もうじき爆破解体される予
定の元MI6本部。奥へ進んでいくと、ダニクレボンドに関係深い、死者の写
真が。ここにもシッフルたんがいて私もえもえ。きゃ~。マッツ~~! それ
とシルヴァ。ヴェスパー、M。えっと、慰めのグリーンはいなかった。そうい
うもんか。ここも、ボンドの過去との決別へ向けてのシーンかなあ。待ち構え
ていたオーベルハウザーはマドレーヌがどこかにいるよ、っていって、爆弾の
タイマーを入れて逃げる。時間は3分。マドレーヌを探して走って、ボンドは
なんとか彼女を救い出しボートで逃げる。
 この、これ、テムズ川だよね? Qのラボも川からいくし、こーゆー、水路
も使えますよってな建物ってあの辺じゃそういうものなのかなあ。ロンドン。
いつか行ってみたい。。。

 で、先にヘリで逃げてたオーベルハウザーをボードで追っかけながら、ヘリ
に向けて銃を撃つボンド。そんな普通の銃っぽいのになんとかなるの? って
思ってたら、ローターの根本あたりに当たったら、火を噴いてガクッと撃墜さ
れてしまったヘリ。そ、そうなのか。
 ガンガン銃弾が当たり始めた時、中でオーベルハウザーが、ん? なんか危
ないってシートベルトし始めたのが可愛くて可笑しかった。
 ヘリは橋に墜落。オーベルハウザーは這い出して、生きてる。そこにかけつ
けたMたち。ボンド。

 で、さっきも書いたけど、オーベルハウザーを撃ち殺すかどうかしばらく沈
黙のボンド。ボンドを真ん中に、Mとマドレーヌが同じくらいの距離に離れて
ボンドを見つめている。これまで通りの人生か、女へ行くか。息詰まる瞬間。
 早く撃て。早く終わらせろ、とせまるオーベルハウザーに向かって、ボンド
は銃から弾を捨てて、お前を殺すよりもっと別の用がある、って去っていく。
お兄ちゃんとしては、ボンドに殺されるなら本望、だったんだろーと思う。で
もどうなのかな。そういって急かせば、ボンドはむしろ自分を生かす、みたい
な計算できたのかどうか。
 ともあれ、ラスボスが生き残りましたね。次はまたオーベルハウザーが逃げ
出して、みたいなことになるんだろうか。わくわく。

 でもあれ、ボンドを挟んで見つめるのがMじゃなくてQだったら!? ボン
ドはQちゃんを選ぶんじゃないの!? って思ったのは私の好みです。女を選
か~? でもいつまでも現役やってられん。「スカイフォール」の時から、も
うこの仕事から引退すべきか、みたいな問いはあったので、この機会に銃を捨
てる、という選択もありだったかな。

 最後の最後。早朝のラボで一人仕事してるQの所へ、かっこよく現れるボン
ド!辞めたのでは? と、びっくりするQに「忘れ物があるんだ」っていうボ
ンド。英語直訳だと、まあね、必要なものがあるんだ。みたいな感じらしい。
見ていて、私はそれ絶対Qのことで、実はやっぱりQのところへ戻ってきたん
でしょ!!! って思ったよねー。ボンドのセリフ聞いてQちゃん、ほんのち
ょっとだけ笑う雰囲気なんだよね~。ええ~やっぱ二人はすでにとっくにラブ
ラブか。って思ったよねー。
 ボンドが持ってったのは車でした。「スカイフォール」の時にボロボロにさ
れて、無事だったのはハンドルだけです、って最初言われてた愛車。ちゃんと
しっかり、Qくんが直して、というか作り直してピカピカにしてくれてた車。
ラストカットは、その車のエンジンかけて、助手席にはマドレーヌ、でした。
かっこいい車。助手席に美女。男の夢とロマンな感じのラスト。

 も~~~っ。
 その後、でも、非日常の熱が冷めて、きっとマドレーヌに別れましょうって
また言われちゃうんでしょ。あるいはやっぱり刺激のない毎日に耐えられなく
てボンドは戻ってくるんでしょ。Qの所へ。って、脳内補完。エンドロールの
ラストには、ボンドうぃるりたーん、みたいに書いてあったし。

 次のボンド映画はどうなるのかなあ。ダニクレがこれで最後、みたいに言っ
てたり、いやあと一つ、とか、今のメンバーで次もって交渉はしてる、とか。
噂はいろいろ。
 やっぱり映画として凄いのはカジロワとスカイフォール。そう思っちゃうの
で、続編て感じではなく、まあスペクターももちろん単体で十分面白いけど、
けど、続編て感じではなくまた新しいボンド映画を作って欲しいなあと思う。
 やっぱり「スカイフォール」があまりにも素晴らしかったんだよなあ。だか
ら新しいのを、っていったところでやっぱり難しいんだろうけど。
 ダニクレボンドと、Qちゃんをもっと、もっともっとずっとずっと見たい!
ヴァルツさんのラスボスもまた見たい!もったいない~。

 また全部全部見直したい。ダニクレボンド最高にかっこいい。長々と書きな
ぐってしまったけど、つまり結局、ダニクレボンドかっこいいQ可愛い!それ
に尽きるのでした。ふー。
 


|

« 映画「劇場版 MOZU」 | Main | 『007 サンダーボール作戦』(イアン・フレミング/ハヤカワ文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事