« 『残酷な神が支配する』全10巻(萩尾望都/小学館文庫) | Main | 『特捜部Q―吊るされた少女―』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) »

映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」IMAX、3Dで見た。


はるかな銀河の彼方―

てことで、エピソード7ですね。6から30年後ってことらしい。
私はマニアってわけではなく、まあ普通に好き、くらいです。いやでも
ハン・ソロとチューイは好き。大好き。アナキンとユアンオビワン好き。大好き。
と、まあその、やましい目で見てますごめんなさい。
R2D2好き。今回BB-8が~めっちゃ可愛いいいいいい~~~~!!!
ってな、いろいろキャラ萌えもあります。
シリーズは全部見てるけど細々とは覚えてない、くらい。
それでもやっぱり新作はネタバレくらう前に見よう!というくらいには大好きです。
19日土曜日の午後に行ってきました。

主人公はレイという、ジャクーという砂漠の多い星でジャンク拾いして一人
生きている女の子。
かつてその星から攫われてきてストームトルーパーとなっていたFN-***
記号のような名前で呼ばれる彼は、初めての戦闘で戦いきれず、レジスタンスの
パイロットを助けてしまう。そして名前をつけてもらう。フィン。
助けられたパイロットはポー・ダメロン。ファイースト・オーダーからある情報を
守ろうとしていた。BB-8にメモリを託し、逃がす。
それは、姿を消した最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを探すための
ヒントが隠された地図だった。

そんなこんなで、レイとフィンが出会い。彼らがファルコン号で星を飛び出し
宇宙でハン・ソロに出会い。かつての帝国軍みたいな? ファースト・オーダー
でダース・ベイダーを継ぐものであるらしいカイロ・レンに出会い。
レジスタンスに参加し、デス・スターよりもさらに巨大な星のような兵器を
叩き潰す戦いへ。

って、映画行く前日の金曜ロードショーでエピソード4やってたのを見たんだけど、
映画見ながら、あれこれ昨日見た話だ。。。と、思ったよね~。
あれから30年とからしいけど、4のリメイクかと思わせるほど、基本的には
あのスターウォーズが帰ってきたー!世界観同じ! って、ファンサービスが
たっぷりだなあと思いました。
監督、J・J・エイブラムス。
これほどの世界的大人気作品の続編、として、反感買わないようにリメイク、
細々と改変しつつのリメイクをうまく仕上げたんだね、という感じ。

ベイダー卿なき今、それを継ぐカイロ・レン。彼が、実は若造、途中でマスク
とったりしちゃうし、実はレイアとハン・ソロの息子で、グレちゃったコだ、
とわかるわけなんですが。お。かっこいいじゃん。と思うものの、でも、
グレた馬鹿息子かと思うと、えーと、なんか、しっかりしろよ、と言いたくなるw

スターウォーズは、父と息子の物語なんだよねえ。
苦しみ悩み迷いの中の若者が、旅立つ、成長していく物語。それを支え、導く
大人の物語。
でも大体わりと大人が失敗しちゃうというか、駄目な感じなんだよねー。
若者が希望へ向かい、大人は見送る。
それはでもとてもまっとうで頼もしい世界だなあと思う。
未来は若者のために開かれるのが素晴らしい。

レイが、そんなあっさりフォース使いこなす感じでいいの? とか、フィンは
今んとこ役立たず、とか、ハン・ソロとチューイが中盤ほぼ主役!さすが!
とか、ツッコミどころもたっぷりな気がする。伏線もたっぷりなのかな。

でもやっぱりさすがの超大作で。迫力ある~~~! やっぱ楽しい~~^^
のは間違いないので、これから何度も何度も繰り返し沢山の人に見られて
突っ込まれて、たっぷり楽しみ与えてくれるんだろうな~と思う。
レイとフィンが、爽やかにかっこよくてとても好感持てるのがすごくよかった。

そして、最後にはルークの元へレイが辿り着く。
ルークはジェダイとしてレイを修行させ導くのか、むしろひっそり逃げ出してる
ルークをレイこそが立ち直らせるのか。
もうほんと早く続きを見せてくれ! と、期待持たせて終り~。
二年後? 遠い~。と、思うけど、またすぐなんだろうかねえ。
ハン・ソロはあれでほんとに死んじゃったのかなあ。。。次はもう出番なし?
また霊体みたいな感じで出る? でもジェダイじゃないからダメかなあ?
もうほんと馬鹿息子め。うう~。

さて今回、スターウォーズだ~わ~い! という、世の中の大盛り上がりが凄くて、
そんなにみんなスターウォーズファンなのか?? というのが不思議で面白かった。
来年は、外伝だか番外編だかの、ローグワンっていうのがあるわけで。そこに
マッツが出てるわけで。この世界的大盛り上がり大騒ぎの渦中にマッツが。。。
と思うとなんかもう今からドキドキしちゃう。
今回のロンドンプレミアにもマッツがきてるって写真でうっひゃあ~!って
なったけど。あああ~~~。ドキドキ~。

ダニエル・クレイグがストームトルーパーの中の人やってるらしいとか、
他にもいろいろ中の人やってる有名人がいるらしい。わかんなかったけど。
ダニクレはどうやらレイに最初に操られちゃう見張りのあいつだったらしい、よ。
なるほどそっかあ。
もう一回見に行きたい。。。ずるい策略め。。。

あとやっぱ、IMAX、3Dで、巨大戦艦とかどーーーん!とくるのはすっごい迫力
でよかったあ。宇宙空間での広がり、飛び出し、奥行き、楽しかった。

|

« 『残酷な神が支配する』全10巻(萩尾望都/小学館文庫) | Main | 『特捜部Q―吊るされた少女―』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事