« 映画「マジック・マイクXXL」 | Main | 『ブライトン・ロック』(グレアム・グリーン/早川書房) »

映画「ジョン・ウィック」

*結末まで触れています。

映画「ジョン・ウィック」


ジョン・ウィックは心から愛している妻と二人で暮らしていた。しかし妻は病に倒れる。
葬儀のあと、妻から子犬が贈り物として届けられた。自分が亡くなったあとにも、
愛情を注ぐ相手が必要よ。車ではなくこの子を可愛がってね、というメッセージがあった。
ようやく涙を流したジョンは子犬を抱く。
ガソリンスタンドで、いい車だな、とジョンの車に目をつけたチンピラ。
夜、車を強奪にきた彼らはジョンの目の前で子犬までも蹴り殺し去って行った。
ジョンは彼らを絶対に許さない。

キアヌが銃アクションとカンフー合体して、「ガンフー」を見てくれ、って宣伝して
いたよーに、ガンガンの銃撃戦と肉弾戦の激しいアクション映画。
物語としては古典的に、孤独な男が一人、ヤクザに復讐を遂げるって話。
ジョンは実は凄腕の、殺し屋を殺すよーな男で、昔馴染みの縁もあちこちにあって
復讐相手もすぐ見つけ出す。ロシアマフィアかな? ジョンがかつて協力して
敵を倒してやったことのある相手だけど、そのボスの馬鹿息子が犯人で。
まったく容赦しない。

このボス、ジョンを怒らせてしまったか。。。とがっくりくるんだけど。
すごくかっこよくってよかったなあ。ジョンの敵ってことになるんだけど、
とにかくアホ馬鹿息子がダメなわけだけど、ボスは結構男としてかっけー。
まあさすがボス。でも息子の教育には失敗したね。

ジョンの馴染みの掃除屋なじーさんとか、殺し屋が集まってる馴染みのホテル、
その中では仕事をしない不可侵条約みたいなのがあったり。
仕事に行く時にはスタイリッシュなスーツ姿(防弾チョッキ着用済み)とか。
ぶいぶい乗り回す車もかっこいい。私はあんまり車わかんないけど。

そして銃!
いろんなのあって、詳しい人によるとなんかもういろいろやっぱ凝った選択らしい
けど、まあ、そこは私はあんまりはわかんないけど、けど、すっごいかっこいい!
基本二連射。それから頭とか撃って確実に殺していくスタイル。かっこいい~。
ガチャガチャマガジン変えるのもかっこいいし。
一応リタイアしたブランクがあるし超人じゃないし、って感じで自分もダメージ
おっていくのがドキドキハラハラするし、けどやっぱり超人的に強い~!かっこいい!
キアヌのスタイル堪能しました。素敵。

最後には復讐を遂げて、犬をつれて去っていく。そう。犬を、可愛がってね。
最初の妻とのラブラブシーンがほんとーに少女漫画のようにらぶらぶスイートで、
あなたには愛情を注ぐ相手が必要よ、というメッセージ納得しちゃうから。
キアヌの哀しみの側にいるあたたかい生き物が必要だと思うから。犬と仲良く
暮らしていってほしい。
面白かった。
続編も作られるらしい、けど、けど、犬と穏やかに暮らしててほしいよ。
ジョンをもう哀しませないでね、と、願う~。けどそうじゃないんだろうなあ。
アクションはまた見たいけどねえ。

|

« 映画「マジック・マイクXXL」 | Main | 『ブライトン・ロック』(グレアム・グリーン/早川書房) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事