« September 2015 | Main | November 2015 »

『ブライトン・ロック』(グレアム・グリーン/早川書房)

*結末まで触れています。

『ブライトン・ロック』(グレアム・グリーン/早川書房)

ヘイルは殺された。町の不良少年に。
その死を疑問に思ったアイダ。不審な人物を目撃したかもしれないローズ。
ローズの口を塞いでおきたい少年はローズが何を知り、何を知らないか探り
始めた。

これは、えーと、訳者あとがきによると「ノヴェル」であり「エンターテインメント」
であるお話。丸谷才一訳だ。1938年刊行の本。かつての邦題は『不良少年』
だったそうで、ピンキーという童貞少年がはずみのように犯してしまった殺人を
なんとかしようとジタバタする話、かなあ。

グレアム・グリーン全集の6で、1982年刊。でも訳者あとがきは1959年みたい。
全集に採録ってことなのか。ともかく、読み始めてはいってくるのに時間が
かかった。中盤すぎてくるとかなり面白く感じてきて読み切った。
童貞少年くんがなんかいろいろがんばってて、なかなかに切なく悲しい感じが
ある。ローズと結婚しちゃえば不利な証言をされない、とかいう、この英国の
法律だかなんだかの感覚がよくわからなくて、もうローズ殺しちゃえよ?
と何度も私は思ってしまったんだよごめん。少年も殺すことを考えないでも
ないけど、結婚して、なんとかやりとげる、酒も飲む、って感じに。
少年時代の終り、ってことかな。
処女喪失みたいなことはよく言われるようにおもうけど、童貞喪失もやはり
それなりに大変な葛藤のあることでもあるんだろうなあ。
そのじれったいぐにゃぐにゃした感じが延々続くのが不思議な感触だった。
そして最後には心中を誘って、でもローズが死に踏み切れないうちに
少年のほうが、えーと、巡査に撃たれた? よくわかんない。よろよろとその
まま崖下に落ちて、消えてしまった。
独りになったローズはきっと妊娠してると確信して歩き出す。
女は強し、なのか??
そもそもアイダがヘイルの死にそこまで疑問抱いて執着してるのがあんまり
ピンとこなかったし。わりとヘイルの死そのものについてはどうでもよさそうな。
でもその死のせいで起きるこのどうにもままならない感じ。
何度も眠くなりつつ、読み終えました。

|

映画「ジョン・ウィック」

*結末まで触れています。

映画「ジョン・ウィック」


ジョン・ウィックは心から愛している妻と二人で暮らしていた。しかし妻は病に倒れる。
葬儀のあと、妻から子犬が贈り物として届けられた。自分が亡くなったあとにも、
愛情を注ぐ相手が必要よ。車ではなくこの子を可愛がってね、というメッセージがあった。
ようやく涙を流したジョンは子犬を抱く。
ガソリンスタンドで、いい車だな、とジョンの車に目をつけたチンピラ。
夜、車を強奪にきた彼らはジョンの目の前で子犬までも蹴り殺し去って行った。
ジョンは彼らを絶対に許さない。

キアヌが銃アクションとカンフー合体して、「ガンフー」を見てくれ、って宣伝して
いたよーに、ガンガンの銃撃戦と肉弾戦の激しいアクション映画。
物語としては古典的に、孤独な男が一人、ヤクザに復讐を遂げるって話。
ジョンは実は凄腕の、殺し屋を殺すよーな男で、昔馴染みの縁もあちこちにあって
復讐相手もすぐ見つけ出す。ロシアマフィアかな? ジョンがかつて協力して
敵を倒してやったことのある相手だけど、そのボスの馬鹿息子が犯人で。
まったく容赦しない。

このボス、ジョンを怒らせてしまったか。。。とがっくりくるんだけど。
すごくかっこよくってよかったなあ。ジョンの敵ってことになるんだけど、
とにかくアホ馬鹿息子がダメなわけだけど、ボスは結構男としてかっけー。
まあさすがボス。でも息子の教育には失敗したね。

ジョンの馴染みの掃除屋なじーさんとか、殺し屋が集まってる馴染みのホテル、
その中では仕事をしない不可侵条約みたいなのがあったり。
仕事に行く時にはスタイリッシュなスーツ姿(防弾チョッキ着用済み)とか。
ぶいぶい乗り回す車もかっこいい。私はあんまり車わかんないけど。

そして銃!
いろんなのあって、詳しい人によるとなんかもういろいろやっぱ凝った選択らしい
けど、まあ、そこは私はあんまりはわかんないけど、けど、すっごいかっこいい!
基本二連射。それから頭とか撃って確実に殺していくスタイル。かっこいい~。
ガチャガチャマガジン変えるのもかっこいいし。
一応リタイアしたブランクがあるし超人じゃないし、って感じで自分もダメージ
おっていくのがドキドキハラハラするし、けどやっぱり超人的に強い~!かっこいい!
キアヌのスタイル堪能しました。素敵。

最後には復讐を遂げて、犬をつれて去っていく。そう。犬を、可愛がってね。
最初の妻とのラブラブシーンがほんとーに少女漫画のようにらぶらぶスイートで、
あなたには愛情を注ぐ相手が必要よ、というメッセージ納得しちゃうから。
キアヌの哀しみの側にいるあたたかい生き物が必要だと思うから。犬と仲良く
暮らしていってほしい。
面白かった。
続編も作られるらしい、けど、けど、犬と穏やかに暮らしててほしいよ。
ジョンをもう哀しませないでね、と、願う~。けどそうじゃないんだろうなあ。
アクションはまた見たいけどねえ。

|

映画「マジック・マイクXXL」

*結末まで触れています。

映画「マジック・マイクXXL」


男性ストリッパーをやめて3年。念願だった家具職人として、なんとかやっている
マイクに、かつての仲間の通夜の知らせが入った。だが、知らされた場所に
行ってみるとみんなはわいわいとパーティの最中。マイクを呼び出すための嘘で、
取り残された彼らは、引退する最後に、ストリッパーダンス大会に出るところだった。

そんなこんなで、そろそろ中年にさしかかる男性ストリッパーたちのロードムービー。
男くさくバカバカしく、なんだかわらしべ長者的に車がグレードアップしつつ、
大会会場を目指して旅をする。途中関わった悩める女子をハッピーな気分にさせて
彼ら自身も少しずつ前向きに。最後には大会で最高のパフォーマンスをして
めいっぱい盛り上がって花火!

おバカ男子の肉体美を楽しんでセクシーなダンスにもえもえで弾けてハッピー!
なんだけど、そろそろ中年。長すぎた青春の終り。夢への一区切り。うまくいかない
日常を旅のひと時だけ忘れる。という、かなりのほろ苦いどうしようもなさと
いうのがだいぶ効いてて、しょーがない大人だなあ、と切なかったね。
マイクも前作では素敵な彼女が出来て好きな家具を作ってやっていきたい、って
ところだったけど、今作では彼女には何故だか振られたんだよ、って語ってた。
家具屋やってるけどかつかつでタイヘン。
みんなもそれぞれに、かつて仕切ってたやつは花形若手だけつれてどっかいって
しまってて、取り残されて、ヨーグルト売りやったり庭師みたいなことだっけ?
やってたり。ケンはそっこー離婚でスピリチュアルにはまってるよーなキャラ。
レイキ・ヒーラーなんだ、とか。マット・ボマー、前より出番増えてて嬉しかった~。

昔を懐かしんだり、今の自分を見つめ直したり。すごくだらだらお気楽適当旅な
中で、ベタに王道な青春感があって、一人ひとりに見せ場があって、思ってた
よりはビターテイスト。

んでも、結局肉体美で! セクシーに踊って! 歌ってパフォーマンスして!
最後の大会でめいっぱい大盛り上がりに、あの場の女性客気分できゃ~~~!!
ってイケメン堪能して楽しいっ!!! ってことで満足~。すごいかっこいい!!
嗚呼。あの観客席に混ざりたかった。マットをもみくちゃにしてしまいたかった。
あれタイヘンだろう~あのテンション。マット大丈夫かって思わず心配しちゃった。
マットのキャラ、ケンはむさくるしい男ども(笑)の中でちょっといい子ちゃんで
キラッと爽やかで、でもなんかヘンですごく可愛かった。ハットをくるっと回して
からかぶるの、ニールじゃん!可愛いっ! と、もえた~。
大体ずっとみんなだらだらのTシャツやタンクトップやずるっとしたボトム
だったりで全然おしゃれじゃないんだけど。でももうとにかく、肉体が。筋肉が。
体がゴージャスなので! すごいゴージャス満点な印象だった。体。素晴らしい。

そして女性客をきゃあきゃあいわせて喜ばせて、一時のハッピーな気分を楽しんで
もらうことに徹底的に尽していて、そこに卑屈さを出さないように気配りして
つくってるんだろうなあと思った。ダンスはとってもセクシー! だけど
女性客をぐるんぐるんしても、彼女たちも最高に楽しんでるって笑顔だから
暴力的には感じさせない。セクシーに楽しめばいーじゃなーい! 

大会は順位とか決めるようなものだったのかなあ? よくわからず。
ただ最後にはみんなでやりきった満足感と、花火を眺めて(花火は映らずに
彼らの顔だけ)おしまい。
ほろ苦男の子ムービーだし、きゃっきゃ女子会ムービーだし、楽しかったよ~。

|

『007 カジノ・ロワイヤル』(イアン・フレミング/創元推理文庫)

*ネタバレ、結末まで触れています。


『007 カジノ・ロワイヤル』(イアン・フレミング/創元推理文庫)


秘密情報部員、ボンドはカジノで楽しんでいた。
ル・シッフルはソ連側のスパイ。地下会計責任者。だが金の流用をしてしまい、
密かに五千万フランばかりあけてしまった穴を、カジノで儲けて埋めようとして
いるところだ。その勝負を潰すべく、博打に強いと評判のボンドが送り込まれた。
ジャマイカからの道楽金持ちに成りすましたボンド。ヘマな爆発事件に会うが
無事だった。
ル・シッフルが親となったバカラでの高額勝負が行われる。


12月には「スペクター」楽しみだな~。と、その前に原作って読んだことが
ないと思って読んでみた。これが最初の作品で、ボンドはまだ若い感じ。
スパイものというよりは、がっつりカジノでの博打勝負が大半。爆発があったり
車でおっかけたりはあるけれども、アクションものではない。
けど、ダニエル・クレイグでの映画化は、すっごいアクションあり、カジノあり、
で、すっごくドラマチックに壮大に味付けされているけれど、物語はほんとに
原作に忠実に作ってたんだなあと感心した。ル・シッフルはもうソ連がないので
テロリストの資金預かりみたいに現代風設定にはしてたけど、凄い。

キャラとしても、ボンドは女とのセックスはそれなりに楽しむけど付き合う
とかいうのは論外でむしろストイックで女嫌いなくらいなんじゃないかと
思うほど、女は邪魔にならない道具でいてくれ、って感じ。でもヴェスパーには
惚れてしまうんだね~~~。
キャラ、というところでいえばやっぱり時代を感じる気はするけど。
原作が発表されたのは1953年だそう。
この文庫は1963年初版、2006年新版、てやつ。新訳、ってわけじゃないのかな?
新版ってどういうのだろ。わかんないけど、読むのは全く問題なく読み易かった。

ヴェスパーが攫われて、ル・シッフルにボンドは捕まって、拷問されるシーンは、
ほんと、全裸で座面切り取った椅子に座らされて。大事なところ殴られまくりで
男性的危機! なのも原作だった。そっか~。

シッフルを殺しにくるのがスメルシュ、という、謎の、というかなんていうか、
スパイの不始末の後始末つけにくるよーな組織? ぷすっとやられて、やはり
ル・シッフルは中盤で殺されて終り。ああ。
映画でもマッツをもっと見ていたいよ~って思うのに、なんか、中ボスくらいで
もったいないと思ったんだったよ。せっかくなんかいろいろ素敵設定盛られて
いるのにね。復活しないかなー。まあそれは無理かな~。

ボンドは助かったあとなんだか厭世的になり、仕事やめるとか言い出す。
何が悪かわからない。って。最初からこんなこと言ったりしてたのね。
冷戦後の複雑な社会とかの前から、やはり国のために、っていっても、何が
悪なのかわからない、って思いは、やっぱり単純なものじゃないんだよなあ。

なんとなく、ダニクレ前までの映画は、たぶんちょっとは見たことあったけど
なんか単純にスパイが大活躍の、美女とラブシーンの、ガチヘテロなアクション
能天気映画みたいなイメージを、私が勝手に持っていてあんまり007にハマる
気がしてなかったんだけれども、そんな単純なわけなかった。反省。

そしてヴェスパーを愛して、結婚したいってなって、でもヴェスパーの方は
様子がおかしくなる。彼女の秘密。彼女の裏切り。追手が迫った、と思って
彼女は告白の手紙を残して自殺した。
その手紙を読んで、ボンドは驚くほど冷徹にヴェスパーへの思いが冷めるように
描かれていて、裏切り者がいたことで組織が受けたダメージを心配する。
映画とは違うな~~と一番思ったのはここだけど。でも猛烈にスメルシュという
敵を追いつめてやる、という風になるのは、わざわざ描写しないだけで、この
運命への深い怒りみたいなことにも読める。映画の脚色って素晴らしい。

今読んでよかった。脳内でダニクレにマッツでくっきり見えて楽しかった。

|

« September 2015 | Main | November 2015 »