« 服部真里子第一歌集『行け広野へと』批評会 | Main | 『007 カジノ・ロワイヤル』(イアン・フレミング/創元推理文庫) »

『犯罪心理捜査官セバスチャン』上下(M・ヨート&H・ローセンフェルト/創元推理文庫)

*ネタバレ、結末まで触れています。


『犯罪心理捜査官セバスチャン』上下(M・ヨート&H・ローセンフェルト/創元推理文庫)

スウェーデン。ヴェステロース警察。16歳の息子がいなくなった、と母親から
電話があった。ローゲル・エリクソンというその少年は三日後、死体で発見された。
刑事部長のハンセルは国家刑事警察の殺人捜査特別班へ助けを求めた。

北欧ミステリ。スウェーデンのイメージもあんまり私はわかんないけど、
地方警察があって、その上位にあたる国家警察というのがあるらしい。
所轄と本庁、とか地元とFBIとかそういうものなのか。チームを率いるトルケル、
コンピューター担当のビリー、まだ若いが有能意欲あふれるヴァニヤ、現場の
証拠捜査専門家ウルスラ。事件が起こるとチームで出向いて捜査する、って感じ。

著者はテレビシリーズを手掛ける売れっ子脚本家二人とのことで、あーなんかこう
このままテレビドラマ化されて違和感ないね。女性男性のバランス、間抜けな
役どころ、バリキャリ目指す気の強い女上司、とか、いろいろ取り揃えられてる。
それぞれにキャラたってるし背景も無理なく織り交ぜられて読んでるうちに
みんなに親しみを持つ。面白かった。
北欧的なのかどうなのか、さらっとセックスの関係になったりならなかったり
するんだな~と思う。けれどもやっぱり、不倫は不倫だし同性愛はやはり隠したい
ことだったりするし家族関係にはいろんな苦しみやしがらみがある。地名や名前
が私にはまったく馴染みがない。。。ってところだけが読みにくかったけども
他はまったく普通に面白く読めた。

主人公セバスチャン・ベリマン。
始めは何か深い苦しみを誤魔化すダメ男な感じの登場で、事件にはなかなか
絡んでこない。かつてはトルケルと共にチームで、犯罪捜査に協力する優秀な
心理学者だったのだ、というのがだんだん明らかになる。
でも鼻持ちならない性格で、とにかく女に手を出しまくりで、有能さを誇示し
優位に立ちたがり人を苛立たせる天才だという。
今もセックス依存で、眠れないからというだけの理由で適当に手あたり次第に
女と寝る。しかし翌朝やさらなる繋がりは煩わしいだけなのでひっそり夜明けに
立ち去る男。
決してハンサムではないのに、女たちの心を自分に向けさせるテクニックがある。

セバスチャンは愛する娘と妻をバカンス先で津波にあって失う、というショック
から立ち直れずにいる。
母が死んだことで残された家を処分するために数十年ぶりに戻ったところが
ヴェステロールだった。そこで、かつて共に仕事をしたトルケルと再会。
家の整理に手をつけたところで、もう記憶にもない女から妊娠しているので
セバスチャンの連絡先を知りたい、という古い手紙を見つけてしまい、子ども
がいるのかも、という思いに囚われて、なんとかその女を見つけ出したくて
警察に協力すると申し出る。
トルケルもついうっかり、セバスチャンをチームに加える。

幾人かの容疑者。殺されたローゲルのこと。少しずつ明らかになり二転三転し、
人殺しでない男は息子を守りたい父親だったとか、実は不安にかられた少年の
衝動的事故のような殺人だったとか、なかなか切ないところに決着した。
セバスチャンのいるかどうかわからなかった子供が、実は!ヴァニヤだった!
っていうのが最後の最後のびっくりだった~。残り少ないページ数になってて
これセバスチャンの子どものことは不明なままかな? と思ってたところで。
そっか、と納得。
面白かった~。
シリーズになって続いているようで、でも次からってどうやってセバスチャンは
事件にかかわるようになるんだろう? また読んでみたい。

|

« 服部真里子第一歌集『行け広野へと』批評会 | Main | 『007 カジノ・ロワイヤル』(イアン・フレミング/創元推理文庫) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事