« August 2015 | Main | October 2015 »

『犯罪心理捜査官セバスチャン』上下(M・ヨート&H・ローセンフェルト/創元推理文庫)

*ネタバレ、結末まで触れています。


『犯罪心理捜査官セバスチャン』上下(M・ヨート&H・ローセンフェルト/創元推理文庫)

スウェーデン。ヴェステロース警察。16歳の息子がいなくなった、と母親から
電話があった。ローゲル・エリクソンというその少年は三日後、死体で発見された。
刑事部長のハンセルは国家刑事警察の殺人捜査特別班へ助けを求めた。

北欧ミステリ。スウェーデンのイメージもあんまり私はわかんないけど、
地方警察があって、その上位にあたる国家警察というのがあるらしい。
所轄と本庁、とか地元とFBIとかそういうものなのか。チームを率いるトルケル、
コンピューター担当のビリー、まだ若いが有能意欲あふれるヴァニヤ、現場の
証拠捜査専門家ウルスラ。事件が起こるとチームで出向いて捜査する、って感じ。

著者はテレビシリーズを手掛ける売れっ子脚本家二人とのことで、あーなんかこう
このままテレビドラマ化されて違和感ないね。女性男性のバランス、間抜けな
役どころ、バリキャリ目指す気の強い女上司、とか、いろいろ取り揃えられてる。
それぞれにキャラたってるし背景も無理なく織り交ぜられて読んでるうちに
みんなに親しみを持つ。面白かった。
北欧的なのかどうなのか、さらっとセックスの関係になったりならなかったり
するんだな~と思う。けれどもやっぱり、不倫は不倫だし同性愛はやはり隠したい
ことだったりするし家族関係にはいろんな苦しみやしがらみがある。地名や名前
が私にはまったく馴染みがない。。。ってところだけが読みにくかったけども
他はまったく普通に面白く読めた。

主人公セバスチャン・ベリマン。
始めは何か深い苦しみを誤魔化すダメ男な感じの登場で、事件にはなかなか
絡んでこない。かつてはトルケルと共にチームで、犯罪捜査に協力する優秀な
心理学者だったのだ、というのがだんだん明らかになる。
でも鼻持ちならない性格で、とにかく女に手を出しまくりで、有能さを誇示し
優位に立ちたがり人を苛立たせる天才だという。
今もセックス依存で、眠れないからというだけの理由で適当に手あたり次第に
女と寝る。しかし翌朝やさらなる繋がりは煩わしいだけなのでひっそり夜明けに
立ち去る男。
決してハンサムではないのに、女たちの心を自分に向けさせるテクニックがある。

セバスチャンは愛する娘と妻をバカンス先で津波にあって失う、というショック
から立ち直れずにいる。
母が死んだことで残された家を処分するために数十年ぶりに戻ったところが
ヴェステロールだった。そこで、かつて共に仕事をしたトルケルと再会。
家の整理に手をつけたところで、もう記憶にもない女から妊娠しているので
セバスチャンの連絡先を知りたい、という古い手紙を見つけてしまい、子ども
がいるのかも、という思いに囚われて、なんとかその女を見つけ出したくて
警察に協力すると申し出る。
トルケルもついうっかり、セバスチャンをチームに加える。

幾人かの容疑者。殺されたローゲルのこと。少しずつ明らかになり二転三転し、
人殺しでない男は息子を守りたい父親だったとか、実は不安にかられた少年の
衝動的事故のような殺人だったとか、なかなか切ないところに決着した。
セバスチャンのいるかどうかわからなかった子供が、実は!ヴァニヤだった!
っていうのが最後の最後のびっくりだった~。残り少ないページ数になってて
これセバスチャンの子どものことは不明なままかな? と思ってたところで。
そっか、と納得。
面白かった~。
シリーズになって続いているようで、でも次からってどうやってセバスチャンは
事件にかかわるようになるんだろう? また読んでみたい。

|

服部真里子第一歌集『行け広野へと』批評会

服部真里子第一歌集『行け広野へと』批評会

9月20日 中野サンプラザ
パネリスト:水原紫苑 染野太朗 吉田隼人 司会:田中槐


昨日行ってきました。個人的主観のメモ覚書。私が聞き間違えてたり理解できて
なかったり勘違いしてたり勝手に解釈してるかもしれません。

最初は染野太朗さん。
未来の新年会でもこの歌集を扱ってらっしゃって、その時のお話も面白かったけど
さらに深く聞けて面白かった。
米倉歩、吉田隼人の雑誌記事をひいて、位相の違う言葉、ということ。
違うレベルの言葉で読みにくいのに読まされてしまう。

助辞、を読まされる。「よ」「を」「こと」「たとえば」等で差し出される名詞。
言葉。イメージ。
この形は私も気になったところで、お話を聞いて流れが良く分かった気がする。
羅列は暴力的でもあるはずなのに読まされる服部真里子の歌の不思議。

光。でもくらい光。ひかりがうたわれていてもネガティブな屈折がある。

クリスチャニティ。賛美歌に出てくる語彙。

キリスト教的な言葉、イメージはこの歌集の中に強く現れている、と、思うけど
私はキリスト教的教養に乏しくて、発言きいてよかった。学問ではなく、肌感覚
の身近さとして、ある。のか。自分にはわかんないんだけどそういうものとして
ある、というのはわかる。

二番目、水原紫苑さん。
「傷ましい向日性」「世界への透徹した眼差し」

女であることの不如意がこの人には感じられない。という発言がとても腑に落ちる。

生の側に物凄い力技でもっていく力強い歌、というのすごくわかる。
それを「傷ましいまでの向日性」とまとめてるのすごいわかる。うまい。納得。
眼差しは死を見る眼差し、というのもとても納得。

強い意志のある歌集だと思う。作者が、こちらを選ぶ、という強い意志の表明。
なんかこうふわっとうたってみました、って感じではなくて、ぎゅっと、ぐいっと、
一人で立つ、というような。

三番目、吉田隼人さん。
やはり光の歌。「苦悶としての光」。ひかりにあたった何か、ではなく、光源
そのものを見ようとしても見ることはできない。
光と父。父は単に家族としての父親ではなく、キリスト教的象徴性を帯びた父で
あると。

父の歌は多いなあと思っていて、そんなに父が好きか?? と、父の感じが
不思議に思っていたので、キリスト教的父の象徴性、みたいなところもあるのかも、
と気づかされてよかった。

「不可視・禁忌・神」
見ることへのこだわり。不可能性。言葉だからこそのイメージ。

そんなこんなで、水仙と盗聴問題というか、そういうのがあるらしいとは知ってる
けれども、私は雑誌等実際には読んでないのでよく知らないんだけど。
なんかこう、歌の強さ、読めそうなのに読み切れないところとかに人が引っかかって
何が言いたくなるのかなー、それはやはり歌の強度があるからなんだろうなーと、
は、思う。
それぞれの発言のあととか、会場発言のあとだったかな、服部さんの歌を読む
にはカロリーがいる、というようにおっしゃってたけど、なるほどと思う。
ぎゅっと圧縮されたエネルギー、歌に込められた魂がしっかりとある歌、歌集
であるのは確かで、それを読み解くにもエネルギーを、カロリーを使うよねえ。

パネリストそれぞれの発表わかりやすくてなおかつ深くて聞いててとても
面白かったし勉強になる。。。と思った。

この歌集の強さ、眩しさ、意志、まさに「傷ましいまでの向日性」が苦手に思う
時もあるんだけど、それは自分がよれよれと薄暗いところへいつも逃げようと
している人間だからで、圧倒されてしまう。
作者にも当然苦しみも醜さも弱さもあるってわかるけど、そうではないところで
うたう、という強い意志。優しさや赦し。自分をひらいていこうとする意志かなあ。
凄い。

歌集の構成の上手さとか。塩の柱の話で近親相姦的なモチーフとか、たくさん
面白い話が聞けた。

服部さんの最後の挨拶で、でもほんとうにきれいな心、本当に本当にうつくしい心
ばかり求めていたら死んでしまうしかない。本当のうつくしい歌がダイヤモンドなら、
私はガラスのダイヤいっぱいで輝かせます! というようなことをおっしゃって
いて、感動だった。
毎度ながら挨拶、スピーチがすごくよくって感動させられてしまう。
そうなんだよねえ。
逃げろ!
生きろ!
その手につかむのがガラスのダイヤでも、自分で選んで飾るならそれはちゃんと綺麗で
キラキラして美しいよ。
すごい面白い批評会でした。参加できてよかったです。

歌集の中でいくつか私が好きな歌。


  三月の真っただ中を落ちてゆく雲雀、あるいは光の溺死  (P7)

  夜の渡河 美しいものの掌が私の耳を塞いでくれる   (P33)

  春だねと言えば名前を呼ばれたと思った犬が近寄ってくる  (P48)

  野ざらしで吹きっさらしの肺である戦って勝つために生まれた (P55)

  海を見よ その平らかさたよりなさ 僕はかたちを持ってしまった (P96)

  冬の火事と聞いてそれぞれ思い描く冬のずれから色紙が散る (ルビ 色紙いろがみ P122)

  文鳥にどんなたましい言葉狩りののちの世界は白く広がり  (P167)

|

映画「キングスマン」

*ネタバレ、結末まで触れています。


映画「キングスマン」


どの政府にも属さない秘密のスパイ組織キングスマン。ハリーは次の候補生に、
かつて任務で命を落とした同僚の息子を推薦した。無職で何事も長続きしない
若者、エグジー。紳士としての教育とエージェントとしての教育が始まる。

地球にとって人間こそが害悪、とする億万長者のヴァレンタインは、人間同士を
殺し合いさせる計画をたてていた。その企みに気付いたハリーたちは阻止すべく
動き出すが、魔の手はすでに世界中に浸透していた。

そんなこんなの、昔ながらのスパイ映画を楽しもう!!!って映画だった。
バカバカしいようなうすっぺらさやステレオタイプで見せながら、とっても
クールでスタイリッシュ。物凄い酷い悲惨残虐でありながらちゃらっと見せる。
凄いバランス。
なんつっても、コリン・ファースが! 完璧スタイル英国ジェントルマンな
コリン・ファースが!!!傘だのライターだの指輪だのオモシロスパイガジェット
使いこなしながらのガンガンバリバリの格闘アクション!!!
きゃあああ~~
ハリーの髪が乱れるたびに私胸きゅんきゅんのきゅんきゅんすぎて呼吸困難に。
かっこいいいいい~!
もうこれ見られただけで大満足です。うっとり。
んで、その完璧紳士ハリーがエグジーくんを密かに可愛がる感じがも~。可愛い。
エグジーがハリーに懐いてくのも可愛い。めっちゃ可愛い。パグともども可愛い。
マーリン、武器開発コンピューター担当のマーク・ストロングも可愛がってる。
エグジーが、きちんと学んで成長できる、というのが気持ちいい。
マイフェアレディ、のスパイ育成話。可愛いってばー。

話半ばで、教会での大惨事で、ハリーも影響を受けて殺しまくる。一般市民
だよねえ。狂信的とはいえ。かっこよくって大好きシーンだけど、まともに
考えるとすると悲惨すぎる。
で、ハリーも出たところでヴァレンタインに撃たれて死亡。
えっ???
びっくり。いや、どっかで復活してくるよね??? と最後まで期待してたけど
最後までもう出てこなかった。ええー。
でも、これすでに続編の予定はあるみたいで、そしてコリン・ファースも出る
らしいみたいな感じなので、あのあと実は生きてました。ってことになるの、
かなあ???ん~??? どうなるのか謎。

これは映画じゃないからな。
とか、メタな会話も多々あり。実際の映画を揶揄するようなのもあり。
そういうのとかもとっても胡散臭くて~。ああこれはゴージャスなB級感だな!
というアホ臭さとかっこよさと両立してて素敵。楽しかった~。

「裏切りのサーカス」のビルとジムだろ、ハリーとマーリン。というのを
随分前にネットで見かけてから、日本公開をずーっと待ってた。
あ~。だといいねえ、と、妄想膨らむ。楽しい。
楽しいわ。英国スパイ楽しい。何なら007も追加で妄想だよ。最高。

「キック・アス」は、私は個人的にダメだった。あれは本当に子どもが
子どもで、フィクションとして楽しむってほうに自分がふりきれなくてなあ。
個人的好みの問題。かっこいいなーと思ったけど。
マシュー・ボーン監督って、自分には相性悪いかも、とちょっと思ってたけど、
これは、エグジーたちやガゼルちゃんも、ヤングだけれども子どもってわけじゃ
なくて。何より中高年完璧紳士がかっこいいから。最高だ~。

真面目なとこ考えちゃうと、幼い頃に父を亡くしてろくでもない男に母は
ひっかかって、エグジーくんは貧しくて苦労して、ってところとか、だから
ハリーに懐いちゃうのも切ない。可愛い。
地球にやさしくするために人間を排除、って思想も、なんかフツウにあり、って
思ってる過激派もいるよなあ、って感じがどんより重い。
まーでもいっか!威風堂々で花火バーン!だから!
凄い力技だなあと感激してしまった。

とにかく。ありがとう監督ありがとうコリン・ファースの乱れ髪ご馳走様でした!


|

『世界が終わってしまったあとの世界で』上下(ニック・ハーカウェイ/ハヤカワ文庫)

*ネタバレ、結末まで触れています。


『世界が終わってしまったあとの世界で』上下(ニック・ハーカウェイ/ハヤカワ文庫)


ぼくと、ゴンゾーは幼いころからの親友だ。ゴンゾーは強い。ぼくたちは
<エクスムア州運送&危険物質緊急民間自由会社>の社員だ。危険な現場を
片付ける。
世界は終わってる。近づけない場所だらけ。
人間はパイプラインの側でしか生きられない。


青春SFみたいな感じ?
現在のぼくとゴンゾーがただらなぬ世界に生きている感じから、少年時代から
の回想になって、ともに成長し、軍隊に入り。世界が終わる意味不明な戦闘、
戦争、謎の武器、などで、異様な世界に変わっていくのが描かれる。
ぼくの語りなので、俯瞰的に何かを見られるのではなく、なんだか翻弄され
まくる上巻。どうしちゃったんだ、っていうのはなかなかはっきりわからない。

無茶苦茶になった世界で、パイプを作って人が生きられる環境を作ろう、と、
しているパイパー90に乗り込むぼくら。
そして、<新型>、人間じゃないけど怪物とも言い切れない人々の街、
<発見された千人>と出会う。
轢きつぶしていけ、というエライさんたちと対立してパイパー90から離れ、
ぼくらは、自分たちでやっていく、ってことで冒頭の民間自由会社の時に戻る。

長い~。
んで、火事場での活躍とかあって、<FOX>を浴びちゃって。
ぼくが誰なのか、やっとわかる。
大好きな兄を失ったゴンゾーの哀しみが作り出した秘密の友達。ゴンゾーの
中にいたぼくが、実体化してしまったのだ。
えー。
と、なんかこう、実はもう死んでいる? とか途中思ってたんだけど、SFと
いうかファンタジーというか、んー、なるほど。
ウー老師との修行とかはなんなんだ、とか混乱しちゃったけど。ゴンゾーと
ずっと一緒だったところはともかく。二人離れ離れの時期もあったよね。
んーと、ゴンゾーの中でぼくが優位に在った時があった、みたいなことか、
饒舌な一人語りってことでそれなりの捏造記憶みたいなこと、ってことか。
私にはちょっとわからないー。まあいっか。

で、世界の核のエライさんに利用されそうなゴンゾーを取り戻す、とか、
そいつらは実はウー老師の仇であるニンジャ軍団で最後の決戦、とか。
ドラマチックというかアニメっぽいというかなんかまあ戦って、勝って、
マトリックス風な? 少数の人間を犠牲に人々を守るとかはやめて、もっと
自由を、みたいなところで、ぼくは去っていく。
いいの? 世界の秩序は? と思ってしまう私は自由が怖い奴隷根性が
しみついてる人間なのかなあと思ったりして、自分にがっかりする。

こういう饒舌な荒唐無稽、というのにはもう私はのりきれないかなあ。
ぼくが自分のことを自覚していくあたりの切なさはなかなかくるものがあって
よかったけど。
個人的にはこの作者だからといって次作を手に取ることはないかなー。

で。
訳者あとがきで知った驚愕の事実。ル・カレの息子さんなんだって。
へ~~~~。
作風は全然、全然違いますね。まあもちろんだけど。
私は、おとーさんの小説が大好きです。

|

映画「バレエボーイズ」

*映画の最後まで触れています。


映画「バレエボーイズ」

ノルウェー。バレエをやっている14歳の男の子三人。
ルーカスははっきりとバレエダンサーが夢。
シーヴェルトは学校の勉強もがんばっていかなくちゃと思っている。
トルゲールはスポーツ万能少年。
それぞれに悩みながらも仲良く稽古に励む。

ドキュメンタリーということで、ものすごくドラマチックな何かがバーン!と
起きるということはなくて、少年たちが語る言葉が中心。
シーヴェルトはアジア系のようで、ノルウェー人な彼女ができるといいな、
っていってたり、バレエで成功するのは難しいし、学校の勉強をしっかりして
将来の選択肢を持たなくちゃいけない、っていったりしてて、なかなかに切ない。
トルゲールはスポーツ万能天才少年、みたいな新聞記事がちらっとあって、
バレエダンサーとしてはたぶん三人の中ではちょっと劣る感じ。始めたのも
もしかして遅かったのかなあ? ちょっとマッツを連想しちゃった。
ルーカスは、美少年~~~!ルーカスは他の道のことはイメージできない、
バレエ大好きで、才能もあり。

とにかく三人が、仲良くがんばってる。仲良くふざけてる。仲良く努力してる。
そんな姿がもう可愛くて可愛くて。
バレエで成功するのは難しい、ということを中学生にして考えなくちゃいけない
んだなあ。
シーヴェルトくんは途中一度やめてしまってた。それはたぶん十分に上手いから
こその悩みなんだろうねえ。努力できるし才能もある。けれども、プロとして
やるほどにいけるか、となると、悩んじゃうよねえ。それでもバレエがやっぱり
好きで、戻ってきた。
また三人で、ふざけたり仲良く上の学校を目指したり。

キオ、という、国立芸術アカデミーに合格すれば、無料だし学歴にもなるみたい。
そしてめでたく三人合格するけど、ルーカスはなんとロンドンのロイヤル・
バレエスクールから、最終選考に招待される。
ルーカスくんは、北欧のコンクールで優勝?なんかわかんないけど、いいとこ
いったみたいなので、それで見込まれたのかなあ?
自分で出願しなかったのに選考に招待されるって凄い。
でも、本人としてはみんなと家族といたい、っていう気持ちがあって悩む。
学費もたいへんだし、って悩む。でもバレエダンサーになりたい、っていう夢の
すごいチャンスであることは当然なわけで、悩む。
悩むよね~~~。
可愛い。
結局ちゃんと試験受けて合格して、学費は親がなんとかしてくれたのか奨学金
出たのかわかんないけど。
一人、トップレベルなところで学んでいく。

ノルウェーに残った二人ともずっと仲良しだけど、でも、違ってる、というのが
見てるこっちにはくっきりわかるのが、切ない。ルーカスくんもわかってるけど、
言わないのが切ない。
青春だなあ。

三人ともがほんと綺麗で可愛くて、この儚い少年期が映像に残ってくれて
嗚呼映画の神様ありがとう!
やっぱダンサーになろうなんて子たちは、みんなほんっとに体綺麗だなあ。
眼福。

綺麗で可愛くて青春。
公式サイトみたら、2015年の彼ら、がちらっとあって、ルーカスくんは
プロになりつつあるところ。シーヴェルトくんもバレエダンサーとして続けて
いる。トルゲールくんは軍隊に入隊って。おお。
男の子たちのひと時。
見られてほんとうによかった。

|

« August 2015 | Main | October 2015 »