« 映画「ギリシャに消えた嘘」 | Main | 田丸まひる歌集『硝子のボレット』批評会 »

映画「追憶と、踊りながら」

*結末まで触れています。


映画「追憶と、踊りながら」


カンボジア系中国人のジュンはロンドンの介護施設に入っている。英語がわからない
彼女は一人息子のカイの面会時間だけが楽しみだった。本当は施設より息子と
暮らすことを願っている。
だがカイは同性の恋人リチャードと暮らしている。母にはカミングアウトできない。
カイは突然、事故で亡くなってしまった。
ジュンのところへ訪ねてきたリチャード。北京語がわかる友達をつれてきて、
コミュニケーションをとろうとした。

大事な大事な一人息子に頼り切った母親。頑なで愚かな母親、ではあるけど、
ことさら格別に悪い親、っていうわけでもないんだよなあ。英語がわからない、
ってこれまではどうしていたんだろう。中国人社会にいたら英国でも大丈夫
だったのかなあ。
軽めの痴呆が出始めて、って感じだろうか。一人でおいとけない、って感じかな。
実に辛い。
カンボジア系中国人、て。カンボジアって大変だったろうとうっすら想像する。
たぶん父親は早くに亡くなってる、んだろうなあ。頼りにするのは息子だけ、
っていうその感じはすごくわかる。
でも息子はゲイで、恋人と愛し合ってて、でも友達として紹介したけどなんか
母親には毛嫌いされちゃってる。何が気に入らなかったんだろう。なんかたぶん
中国人じゃないっていうだけで毛嫌いしたんだろーなー。リチャードは物凄く
いい青年なのに。

突然のカイの死を、受け入れがたく辛く、ジュンもリチャードもカイの幻を
思って悲しみにくれている。
リチャードは、カイにかわってジュンの面倒をみようとするけれども、ジュン
のほうは受け入れない。
ジュンはアランというボーイフレンドが出来ているんだけど、よかれと思って
二人の通訳を頼んだけれども、話が通じるようになったけれど結局違いすぎる、
といってジュンはアランも受け入れられない。

言葉の通じない異国で一人になって老いてゆくジュン。その孤独。

この映画は、新鋭監督、ホン・カウの長編デビュー作だそうで。自身の母への
思いを投影して作った、そうです。
母と息子。
異文化との衝突。
世代の差。
大切なものを亡くしたあと、残されたものはどう生きるか。
ゲイのカミングアウト。
いろいろな要素が丁寧に、繊細に描かれていた。
86分。低予算、らしいけど、本当に素晴らしくてうつくしくて、いい映画を
見たなあという満足いっぱい。

ベン・ウィショー主演。カイを演じているのは新人俳優らしい。アンドリュー・
レオンだって。彼も、出てきた瞬間、あ、かっこいい、って思った。キアヌに
似た感じがある。
この二人がカップルなわけでー。も~~~すっごいかっこいい可愛いカップルで
胸きゅんすぎてしぬかと思った。
リチャードはカイに、母親に話したほうがいい、と進めていて、でもカイは
そう簡単にいかないって葛藤していて。
二人がベッドで語り合うシーンが何度かあったんだけど、それがもう~っ
すっごく綺麗で可愛くて切なくて。
リチャードがカイを見つめるのがたまらないの。綺麗で。恋してて。
らぶいちゃシーンといってもくっついてキスするくらい。だけどだけどだけど
それがもうすっごいときめく。
はだかの胸に触りながら笑いあったり。
カイが母親に話すと思うと心臓がドキドキするみたいに言いながら、ほら、って
リチャードの足を持って、足の裏を裸の胸にあてるの。なにそのシーン!!!
衝撃的にきれいでやられた。私の心臓がどきどきしすぎて潰れちゃうでしょ。
二人とも、ほっそりしてて、きれいでハンサムで優しそうで。
ラスト近く、踊る幻想のシーンがあるんだけど、もう~~抱き合う二人ともが
細くて~。ときめきすぎて辛かった。
ひょろっと細長い二人は、普通に今の若者って感じなんだけど、普通に、すごく
普通に恋する二人で、でも普通じゃありえない素敵かっこよさで。最高だった。

自分だって恋人を失った深い深い悲しみの中なのに、ジュンを気遣って、
自分が恋人っていうことを隠して。一緒にカイを思って泣いてしまったり、
ジュンの助けになりたいって願ったり。
ほんっっっとーに繊細でうつくしい青年だった。
可愛い。ほんと可愛いベン・ウィショーくん。最高。

通訳を頼む彼女と、いい友達になった感じも最高だった。いいなーゲイの友達。
料理を作ったり。
ベンくんの魅力堪能しました。ほんといい映画見た。大好き。

|

« 映画「ギリシャに消えた嘘」 | Main | 田丸まひる歌集『硝子のボレット』批評会 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事