« 『砂漠の天使』(ジョゼフ・ハンセン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 『機龍警察 暗黒市場』(月村了衛/早川書房) »

映画「ジュピター」

*ネタバレしてます。


映画「ジュピター」(2D、字幕で見た)


ジュピターは生まれる前に父を亡くしていた。ロシアからアメリカへ移住。
今は家族と共に家政婦として自分とは縁のない豪邸の掃除ばかりの毎日。
こんな人生嫌だ、と思う平凡な女の子。ある日突然、突然異星人に襲われる。
危ういところを助けてくれた男は、やはり異星人の傭兵だった。

そんなこんなのSF大作。「マトリックス」以来のウォシャウスキー姉弟の
オリジナル新作! みたいな大々的うたい文句。ほんとは3Dで見るともっと
映像がよかったのかなあ。でもそこまでの気力がわかなくて普通に見ました。

ジュピターって女の子の名前なのね。平凡な地球人の女の子が、銀河、つーか
宇宙全土? の支配層のアブラサクス家の女王の生まれ変わりだった!
ってことなんだけど。
へー。。。。

これはもう全面的にわたしの個人的好みの問題で、女王の生まれ変わりっつー
ヒロイン、ジュピターに全然魅力を感じなかったです。美人だけど。好みじゃ
ないのよ。だからなんかチャニング・テイタムががんばって彼女を守って
互いにひかれていくみたいなロマンス風味にも全然のりきれなくてですね。
どーでもええわーと思ってしまった。
これが可愛い男の子で王子の生まれ変わり美少年だった。と思わずにいられない。

お話はクラシックだと思った。
本人無自覚な高貴な血筋が狙われ、守るものが現れ、対決。家族が大事という
ハートフル主人公側と、人を人とも思わない非情な搾取する支配者。ヒロインが
無事守られめでたしめでたし。
しかしねえ。
ちょっと待て。結局アブラサクス家の壮大な家族内揉め事兄弟喧嘩っすか。
まあ王族の喧嘩になったら国も滅びちゃうかもしれないからいいけど。けど。
長男バレムくんは我儘一家の中で支配者として経営者としてすっごく真面目に
厳しく仕事して頑張ってたんじゃないのか。彼だけが。という気がして
しょーがない。長男くんに同情。ジュピターが生まれ変わりとして現れたばっかり
に、彼んち目茶苦茶にされちゃってんじゃないの。可哀想。バレム可哀想。

エディ・レッドメインがバレムやってて、それで私のひいき目があるとは
思うけど、うーん。バレムが一番好きだった。女王母親にも結局振り回されてた
彼は、膨大な財産管理がんばって収益あげようとしてただけじゃないのか。
まあ、なんかその宇宙帝国みたいな?? 世界観がいまいちはっきりしなくて
みんな何やって動いてるんだかよくわからないまま、まあなんか対立してる
んだな、くらいで流してみた。
うーんー。
世界設定っつーか世界観みたいなのがほんとはいろいろみっしりあるんじゃない
のかなーと思うけど、一回見たくらいじゃぼんやりしかわからないよ。
ジュピターとケインのせいでバレムんちボロボロだしあのあと世界秩序が
みだれちゃって大変なんじゃないのー。もー。と、余計な心配をしてしまう。
いやほんと、私がヒロインサイドに思い入れを持てなくて。アブラサクス家の
心配をしてしまった。地球収穫してもいいよもう、とかまで思っちゃった。

建築とか、ケインが履いてる反重力ブーツだとか、シールド。空中戦とか
宇宙船とかメカメカしいのはとってもかっこいい。
2Dで見たせい? マトリックス を最初に見た時ほど驚くことはないなあ。
でももうあんな映像革新はなかなかないだろうからなー。
異星人とか衣装とか、いろんな造形は面白かったけど。

なんかこう。なんていうかこう。すっごくゴージャスでかっこいいがいっぱい
なんだけれども、なんかこう残念な気がする。うーん。
初めて見るSF映画がこれだったらもっと凄いとか感動するかなあ。どうかなあ。
面白かったし楽しんだけど、すっごくよかった!ってほどではないって感じ。
なんだろうなあ残念だなあ。

|

« 『砂漠の天使』(ジョゼフ・ハンセン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 『機龍警察 暗黒市場』(月村了衛/早川書房) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事