« January 2015 | Main | March 2015 »

『トラブルメイカー』(ジョゼフ・ハンセン/ハヤカワポケットミステリ)

*ネタバレしてます。


『トラブルメイカー』(ジョゼフ・ハンセン/ハヤカワポケットミステリ)

リック・ウェンデルが銃で死んだ。殺されたのか事故なのか自殺なのか。
死亡した彼を見つけたのは母親。その時裸でそばに立っていたのがラリー・ジョンズ。
容疑者として捕まったジョンズ。デイヴはリックの死の真相を調査し始めた。

翻訳で出た第二弾。だけど、シリーズは3作目ですね。ややこしい。
ダグとデイヴは新しい家で二人暮らしを始めていた。仲良くやってるようで
なにより。ギャラリーを始めたダグ。陶器作家のコヴァクスって子が二人の
仲に割り込みたい、とか、ダグの母親の状態がよくないとか、細々と波風は
あるなあというところだけど、そうか付き合い続いているのか、と、ちょっと
安心。なんとなくダグが不安そうな気がして大丈夫かなーと心配。デイヴは
ハードボイルドにがしがし事件捜査にかかりっきりになっちゃうもんなあ。

なんだかいつにもまして登場人物の名前が憶えづらくて参った。最後の最後
まで誰だよ犯人、て悩んだ。まったく重要そうじゃなくちらっと登場する人物
が犯人なんだな。ヴァーン・テイラーなんて覚えてられなかった。えーと、
建築家で今は両足骨折のトム・オーウェンズが狙われていたのが、いろいろ
な偶然や人の思惑絡まって関係ないリックが死ぬはめになったのね。気の毒。
狙われていた本人にまったく自覚がなくて、大怪我はしてるものの、相手の
憎悪に全然気づきいてないところが残酷だった。思われてるものは残酷さに
自覚もなにもないのね。もう昔のことだ終わったことだなんとも思ってない、
ということの残酷。まーまったく身勝手な思い込み逆恨みで犯人に同情する
気は全然ないけどさ。

ゲイ・バーとか、ゲイ・バー対抗のミスタ・マーヴェラスコンテストとか
華やかで見栄えしそうなシーンよかった。映画になったらどうだろう~と
妄想。デイヴは相当ハンサムっぽいし今回登場人物綺麗な子が多そうでいい。
訳者あとがきにもあるように、舞台はカリフォルニアだけど、イメージする
ような明るさはあんまり感じない。デイヴは陽気なアメリカンてタイプじゃ
ないからなあ。ダグもフランスが長かったってことだし。
この翻訳本の発行は1980年だけど、書かれたのは70年代。じっとり重い同性愛
差別の空気がある。デイヴたちは堂々と生きてるけど、周りはそれを許さない
し目をそらしてないものとしている感じ。
シリーズ続くごとに変化があるだろうか。どうなんだろう。そういう方面でも
読んでいくのが楽しみ。面白い。


|

映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」

*ネタバレしてます。


映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」

水曜日に見てきた。

モルデカイは立派なお屋敷暮らししているものの莫大な借金を抱えた落ちぶれ貴族。
美術ディーラーだが扱うものはインチキ臭い。
そんなモルデカイに忠実なジョック。モルデカイのトラブル解決にアイロンかけ
からマフィアから守ることまでなんでもこなす。
最愛の妻ジョアンナにちょび髭を嫌がられながらも、二人の暮らしを守るため、
もと同級生、今はMI5のマートランドの依頼を受けて、絵画修復士が殺されて
盗まれた名画を探し求めてロンドンモスクワアメリカもろもろ駆け回る。

ドタバタコメディ。ちょっと下品。
ジョニー・ディップのニューキャラクターみたいな扱いの映画で、気軽に
笑ってみる映画でした。豪華キャストでアホ臭いみたいな。名画をめぐる謎か
と思いきや、あんまり名画がどうとか薀蓄的なことはなくて、わりとどうでも
いい感じ。謎解きはあるけど、終りで全部説明してくれるのでへー、と思って
終りだった。楽しい。

場所はどんどん移り変わるし、アクションあるけどセリフ、会話劇な印象でした。
あとで原作少しみてみたけど、モルデカイが語ってるよーな感じだったから、
モノローグ多めなのかと思いました。
ジョアンナとモルデカイとマートランドは同じ大学で三角関係、というか、
マートランドの片思いだったようで、この三人の感じはかなり好きだった~。
マートランドがユアン・マクレガーなんだけど、やっぱり好きだった。
ジョアンナは二人に、みんなに崇拝される高嶺の花って感じが素晴らしい。
モルデカイは結婚した今も妻にメロメロ。マートランドがちょっかいかける
んじゃないかと警戒してるのがおかしい。二人が並ぶと、モルデカイのほうが
一応落ちぶれたりとはいえおしゃれ貴族、でもよれよれ、マートランドは
生真面目ちょっとダサいけどきちんとしたスーツスタイルで、どっちもいい~。

そしてジーヴス系なんでもできるジョックがとってもいい。絶倫w
ダメな旦那様を助けまくりでかっこいい。モルデカイもジョックがいないと
なんにもできないよ~みたいなのが可愛い。

すごく面白いでもないけど、ゴージャスなバカバカしさが楽しかった。満足。
本を読んでみたいような、まあ別にいいような。迷う。いずれ気が向いたら
読もうかなー。もう4作出てるみたいだ。でも一冊ずつみたいだからそれは
いい。やたら文庫を上下に分けるのやめてほしいよ。

|

『死はつぐないを求める』(ジョゼフ・ハンセン/ハヤカワポケットミステリ)

*ネタバレしてます。


『死はつぐないを求める』(ジョゼフ・ハンセン/ハヤカワポケットミステリ)


デイヴ・ブランドステッター、保険調査員。ジョン・オウツが海で死亡した事故
の調査をしている。警察は事故と判断したが、保険の受取人を変更しようとして
いた直後だったことから、受取人から外された息子ピーター・オウツに会って話
を聞こうとしていた。
だが、ピーターは行方不明。オウツのことを聞いて回るうちに、彼がモルヒネの
中毒者であったことがわかる。オウツは薬を買う金が必要だった。脅迫まがいの
ことをしていた。オウツを殺す動機を持つものが次次と浮かび上がる。

ブランドステッターのシリーズとしては2作目だけれども、日本で最初に翻訳
されて出たのはこれなんですね。裏表紙には「いまもっとも注目される
ホモセクシャル探偵ブランドステッター登場!」と書いてある。1980年初版発行。
何故なんだ。別に時間さかのぼるでもなく、時系列としては『闇に消える』の
続きですね。あれからダグとつきあったのね。お互い恋人の死の寂しさを抱えて。
って、それいきなりここから読んでいいのか? まあ単発でも読める感じだけど。
しかし二人の間には死んだ恋人の影があって、ふたりとしての関係がぎくしゃく
してしまう。
すごく素敵な家だけど、ロッドとデイヴの家だから、ロッドとデイヴのベッド
だから、あの家は嫌だ、っていうダグの言い分もわかる。なかなか切ない。
お互い大人だけど、大人だから、割り切れるってことはないよなあ。
とりあえず家は出て、仲直りはしたみたいだけど、どうなっていくんだろう。

事件は。
ピーターは実は心優しく自分を犠牲にしちゃうような子で。恋人をかばって
自首してくる。けれど、それはスターであるウェイド・コクランをかばってる
んだ、ってデイヴは思ったんだけど。でも実はほんとはオウツの共同経営者
だったノーウッドが真犯人だった。長い長い長い片思いと、経営破綻の末。
ノーウッドとオウツの二人の歳月は本当はなんだったんだろう。全くのすれ違い
なのか、ひっそり二人だけの時には優しかったのか。ノーウッドの思い込みだけ
だったのか。オウツは完全にストレートってことなので、ノーウッドがかなり
不憫な気がするけど、けど、可愛さ余って憎さ百倍な殺人は酷い。ピーターも
コクランも、酷い巻き添え。
実は、実は、実は、と、次々容疑者が現れて、違う、違う、ってなっていく
終盤の勢いはとても面白かった。
わりと気軽にデイヴは人んちに入り込んで手がかりとっていったりしてるなー。
不法侵入。。。まー探偵ってそういうグレイゾーンなことやらかすくらいじゃ
ないと、人の隠し事は暴けないかな。

この本が出たのは1973年。
病気で苦しむ人が出ても、まだ全然エイズじゃないんだよな。最初ロッドが
亡くなったのはエイズかととっさに思ったけど、癌みたいだし。
オウツは酷い火傷に苦しんでいた。(オウツはストレートだけど)
そういう時代背景もちょっと考えたいなあ。

|

『闇に消える』(ジョゼフ・ハンセン/ハヤカワポケットミステリ)

*ネタバレしてます。


『闇に消える』(ジョセフ・ハンセン/ハヤカワポケットミステリ)


デイヴ・ブランドステッターは保険調査員。車が川に落ち大破した事故で、死亡
したとみられているフォックス・オルソンの件を調べに来た。遺体が見つかって
いないのだ。
家族に、町の人々に話を聞く。ラジオで人気者のフォックスはみんなに愛されて
いた。だが、デイヴが調査を進めるにつれてオルソンの隠された姿が浮かび
あがってくる。彼は本当は生きていて姿を消しただけなのではないか。

ゲイの探偵役のハードボイルド小説シリーズらしい、と知って読んでみた。
1983年刊行。んが、裏表紙には「異色のホモセクシャル探偵シリーズ第三弾!」
て書いてあって混乱。
訳者あとがき によると Fadeout(1970) 本書 ということでこれが一作目、
らしいんだけど。『死はつぐないを求める』『トラブルメイカー』という
二作目三作目が日本で先に翻訳されてるのかな? よくわかんないけどそれも
読んでみるつもり。
『闇に消える』ではいきなり恋人が亡くなってて哀しみの中にあるデイヴ、
って感じなので、もしかしてさかのぼってこれより前の話があとに書かれたり
してるのかなあ。
Death Claims(1975) Troublemaker(1973) らしい。どーなんだろう。

オルソンは実は生きているのではないか。ということで話を聞き周り、やがて
真相に至るというのは実に正統派というかクラシックなスタイル。一見幸せ
だったはずの彼の姿のまわりには明るいひかりばかりではない。
終盤明らかになっていく怒涛の勢いはすごく面白かった。

実はかつて愛し合った友達恋人と20年以上経ての再会。ってことではしゃい
じゃったりしてたのね、という二人の感じは少し描写があるだけだけどとても
可愛くて素敵だ。直後に悲劇に突き落とされるとわかってるから余計に切ない。
そこに重ね合わせるように、長く一緒に暮らした恋人を亡くしたばかりのデイヴ
の辛さと、それでも哀しみから前に進み出す感じも悪くなかった。
デイヴにずっと憧れ恋してたっていうアンセルモくん可愛い。しっかし若者に
押し切られるおっさんて、都合よすぎるもえもえか!いいなーもー。

おかまだホモだと非難されるところもあり、そういう時代な感じはさらっと
でもしっかり描かれていて辛くもある。この小説が出て30年、40年か? 
同性愛は異常じゃないとか同性カップルの結婚も認められることが増えている。
でも差別や偏見がなくなったわけではない。たぶん差別や偏見て、なくならない
んだろうな。
でも同性愛はあり。普通にあり、っていう認識を、広くみんなが持つといいな。
こういうシリーズにしても、注目すべきはそこじゃなくて、ってこと。
前半やや退屈しつつも、読後には面白かったと満足しました。

|

映画「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」

*結末まで触れています。

映画「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」


ニュージーランドで暮らしてるヴァンパイア。ヴィアゴは18世紀、ヴラドは
中世から、デイーコンは183歳だから割と新米。8000歳だかのピーター
は無口。彼らは一緒にシェアハウスして楽しくやっていた。
彼らに密着、ドキュメンタリーなこの映画、って形。

みんなもっさりしてて~全然耽美じゃない(笑)
ゆるーくて、きみたちちゃんとしろw って感じ。
昼間は動けないから使い魔に雑用させたり。掃除当番決めたり。招かれないと
建物に入れないから、夜遊びしたくてクラブの入口で招いてくれよ~~って
いってたり。だらしない(笑)

処女が欲しい、って使い魔にしてる女性に命じてつれてこさせた若者、ニック。
女の子もいたけど処女じゃないって。
ピーターがうっかりニックを襲って、ヴァンパイアにしてしまった。けど、
ニックはアホなのかw インフルエンザよりひどかったよ、くらいな感じで、
ちんたらヴァンパイアになってる。

もー。きみたちなんなのちゃんとしろw
そんなこんなで、人の血を飲まなくちゃって人間殺されたりピーターが日の光
にあたって焼けて滅んだり、結構深刻な事態も起きてるんだけど、なんか
困ったもんだ、くらいな感じ。ゆるい。適当。ふーん。

ニックの友達のスチューは人間のままで彼らと友達になる。IT関係の仕事
してるふつうの男の子。血色がよくてそそる、らしいw けど、なんかいい奴
だな、って感じでみんなから好かれて大事にされる。声が小さくてやっぱり
もっさりしてるふつーの子なんだけど、なんか、なんかいいやつだもんな、
って感じはわかる。
インターネット教えてあげたりして。日の出の映像あるか、っていって
みんなで見て、おー、なんていってたのがちょっと切なかったね。

なんかパーティ行って、ニックのあほがスチューも連れてきちゃって、
襲われかけて逃げてる途中でオオカミ男たちの変身に巻き込まれて。
ああ~スチューが~。って思ったら後日オオカミ男仲間になったスチューが
帰ってきて。まあいろいろめでたしめでたし、かな。
まあとにかく、ふふってなりながら見て楽しかった。ゆるいな~。
時間も85分ほどで。さくっと楽しかったです。

|

『ふたりの証拠』『第三の嘘』(アゴタ・クリストフ/ハヤカワepi文庫)

*ネタバレです。


『ふたりの証拠』『第三の嘘』(アゴタ・クリストフ/ハヤカワepi文庫)


『ふたりの証拠』は、『悪童日記』の最後で、小さい町に残ったほうのお話。
いきなり名前が出てきてびっくりする。リュカ。LUCAS。15歳。三人称の
小説になる。
ひとりになったリュカは、これまで通りの暮らしをしようとするが、暫くは
野菜の手入れも動物の世話もできないくらい、意識を失うように茫然として
いた。ヤスミーヌという、町から追われそうになっていた子持ちの少女を助け、
不具のある赤ん坊マティアスを育てるようになってまたちゃんと生きるように
なる。祖母の家を売り、書店を買い取り町へ引っ越し、子どもを育てて生きる。
図書館の司書をしている年上の女性クララと夜をすごす。
そして待っている。いつかもう一人、クラウスが帰ってくるのを。
クラウス、CLAUS。
同じ名前の綴りのアナグラム。。マティアスを失って消えたリュカ。それから
20年後、現れたクラウス。双子は一人なのか。

『悪童日記』のころは二人で一人。名前も年もはっきりとは記されてなかった
子どもたちが、実は一人かも、っていう曖昧さは予測できて、この二作目では
かなりくっきり一人なんだろうと思って、でも、でも、二人なの?? と、
結局混乱した。ともあれ『悪童日記』はリュカの作文で想像で、ありのままを
書くって書いていたそもそもが嘘だったのかー。物語の中での本当だと私は
思っていたので、ひっくり返されてびっくり。

党幹部らしきぺテールがかっこよくて好き。と思ったけど。
リュカ、よく生き延びているなあと思った。けど、とてつもなく危うい。
マティアスが頭脳のほうは賢く早熟で、リュカとマティアスの関係もとてつも
なく危うくて苦しかった。マティアスの死は再び双子の半身をもぎとられた
ようなものなんだろう。
でもほんとうに、ふたりはひとりなのか。ひとりでしかないのか。


『第三の嘘』

滞在のビザが切れて投獄されているクラウス。いや、リュカ。
子供の頃リハビリ施設にいて、それから戦争中町はずれの老婆のところに
預けられて。これが、ぼくらなのか。
家族の物語。
第二部では、クラウスという詩人の話。母の面倒を見ながら暮らしている。
これが、ぼくらのもう一人なのか。
かつて、母が父を殺し、流れ弾で一人の子どもを傷つけてしまった。
クラウスの話が本当なのか。
この中でのリュカの話が本当なのか。

でも全部、ありえたかもしれない作り話で、そもそもこの本のタイトルが
「第三の嘘」なんだものね。
物語の中ですら本当はないのか。
くらくらする。
本当は二人なの?ひとりなの? ぼくらはぼくらの物語をそれぞれに作り
あげて書き綴っていたの? ひとりが書いただけなの?
三部作全部がぐしゃぐしゃに渦巻く感じを味わってすごく面白かった。
苦しくて切なくて辛い。凄い。

こんな風に展開していくのねー。読んでよかった。とてもよかった。

|

« January 2015 | Main | March 2015 »