« 映画「ホビット 決戦のゆくえ」(3D、IMAX) | Main | 2014年まとめ »

『マルタの鷹』(ダシール・ハメット/創元推理文庫)

*結末まで触れています。


『マルタの鷹』(ダシール・ハメット/創元推理文庫)


私立探偵サム・スペイド。妹を探して欲しい、いう依頼の仕事を始めたが、
張り込みにつけた仲間のマイルズ・アーチャーが殺されたという知らせが
深夜に入る。依頼人のワンダリー嬢には謎が多い。後をつけまわす男。
スペイドの所を訪ねてきた男は黒い鳥を取り戻せば金を払う用意があると
申し出る。妹を探すなんていうのは嘘で、黒い鳥の像をめぐって、起きた
争いに、スペイドも巻き込まれていく。

有名だなーと思いながら、よく知らないでいました。勝手にスパイものだと
思いこんでいたんだけれども、泥棒の話だった。ブリジッド・オーショーネシー、
彼女が一番の悪女なのか。
歴史的秘宝、選りすぐりの宝石を飾られた鳥の像を奪う、つもりが、結局は
みんな騙されてました、ってことねー。本当にそんな秘宝があるのかどうか
明確になるわけでもなく、なんか、なんか、すっきりはしない。
スペイドは正義のヒーローってわけでもない。自己保身に走る。けど、そこに
生きる男としては、そりゃ自己保身しなくちゃいけないよなと思う。けど。
ブリジッドを助けるわけじゃない。まあ、助けられるような可哀想なヒロイン
じゃなくて、犯人なんで、当然捕まっちゃえばいいんだけど。清純ぶりっこ。

1930年に出たもので、江戸川乱歩が感想書いたりしてる作品なんで、
たいへんにクラッシックなのね。ブリジッドの言葉遣いなんかもいかにも。
スペイドもとりあえず女の子には「天使ちゃん」て呼びかけるよーな。
そういう古い映画な味わいを読むのは面白かった。
けど、お話としては、なんか、うーん。終りの方のブリジッド、カイロ、
ガドマンとスペイドの所に集まって、鷹の像を待つ間に誰を犯人として
警察に引き渡すか、みたいな緊迫の感じは凄く面白くてよかった。けど、そこ
に至るまでうろうろしてた間は、なかなか読みづらかった。スペイドがあまり
有能って感じでもないしな~。
ともあれこういう話だったのか、と読んで満足はした。
映画のほうが有名なのかな。映画もそのうちまともに見てみたい。ブリジッド
がどう演じられてるのが見てみたいな。


|

« 映画「ホビット 決戦のゆくえ」(3D、IMAX) | Main | 2014年まとめ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事