« 『特捜部Q-知りすぎたマルコ-』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 久野はすみ第一歌集『シネマ・ルナティック』批評会 »

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

*結末まで触れています。


映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

まだ子どもだったピーター・クイル。母が病気で亡くなったその夜、一人
病院の外に駆け出した時、巨大な宇宙船にさらわれてしまった。

それから26年後。
成長し、宇宙を駆け回るトレジャー・ハンターとしてスター・ロードと名乗って
いるピーター。オーブという謎の球体を手に入れたものの、それを狙う者たちから
追われ戦うはめに陥る。あげくノバ軍に捕まり刑務所へ。
なりゆきで刑務所の中で仲間になった、アライグマの見た目なロケット、歩く
植物(?)なグルート、改造人間のラモーナ、妻子を殺された復讐に燃えるドラックス。
オーブの力を使って惑星を破壊しようとするロナンらからオーブを取り戻すべく、
ピーターたちは立ち上がった。

銀河を救え! みたいなことだけど、勢いとなりゆきでなんかそうなっちゃった、
くらいの軽いノリが楽しかった。シリアスになりそうなところでさくっとハズす。
爆笑にはならないけど、ぷ、くらいのシニカルな笑いが多々ありました。
ママの形見というか、地球から攫われた時にもっていた荷物はリュック一つで、
大事なママがくれた最強ミックスな音楽が70年代ベスト、みたいな感じで、その
音楽がすごくかっこよくって、SFだけどレトロ。

ベースはやっぱスターウォーズな感じかなあ。
アライグマとグルートはソロとチューバッカでしょ。ピーターもソロな感じ。
んで、チームになってって仲間になってって、共に戦う!
そこにノバ軍も加わっての! 最終決戦のシーンはかっこよかった!
あのー、巨大な船が落ちてきそうな感じはエヴァの使徒を連想したり。それを
食い止めるべぐ、小さい戦闘機で連結してネットになって耐えるとか、ぞくぞく
する~。かっこいい。
あと指輪物語みたいな。でもまあ指輪物語はあらゆる物語の原点みたいなもん
だからな。

ママの手を握れなかった。ママの最期のプレゼントを開けられなかった。
そんなピーターのわだかまりが最後にはほどけて、じーんと感動させるのは
お約束だーと思いつつやっぱり素直にうるっと、よかったね。

それぞれのキャラがやっぱり濃い。んで私はやっぱり、アライグマとグルートが
なんだかんだいいつつ二人は固い友情で通じ合ってる!ってのが可愛くて面白くて
大好きだった~。
アクションも戦闘シーンのいろいろも熱くなれるしね。
最初は、なんか、見に行くつもりではなかったんだけれども、面白いという
評判が多くて、やっぱり見に行って、楽しかったなあ。

スター・ロードが実は単なる地球人じゃなくて超古代の血をひいているとか、
これはまだまだ続編やるんでしょうか? というひっぱりや謎を残しつつで、
あればまたアライグマと木を見られたらいいな~と思う。

|

« 『特捜部Q-知りすぎたマルコ-』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 久野はすみ第一歌集『シネマ・ルナティック』批評会 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事