« 『燻り』(黒川博行/講談社文庫) | Main | 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 »

『特捜部Q-知りすぎたマルコ-』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ)

*結末まで触れています。


『特捜部Q-知りすぎたマルコ-』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ)


コペンハーゲン警察の地下。未解決事件専門に扱う特捜部Q。シリーズ5作目。

アフリカで少数部族への支援活動を行っていた現地の担当者が殺された。
デンマークでその不審な失踪に気づいた外務省のヴィルヤム・スタークは
上司のレニから現地へ行ってくれるよう頼まれる。だが、スタークもまた
消された。レニこそが支援活動の資金を横領していたのだ。
路上で掏摸をして稼ぐマルコは15歳の少年だった。クランの一員として
血のつながりはなくとも大きな家族として生活してきた仲間たち。だが、この
まま放浪の生活が続くよりも、学校へ行って普通の暮らしがしたいと憧れる
ようになったマルコ。ある日クランを率いているゾーラの話を立ち聞きして
しまったマルコは家を飛び出す。掏摸なんかじゃない恐ろしい犯罪を知って
しまったマルコを、ゾーラたちは執念深く追い続ける。

カール、アサド、ローセのメンバーは相変わらずながらも、なんだか使えない
新人ゴードンがQに配置されたり、カールの上司だったマークス課長が引退し、
次のラース・ビャアンはカールとは敵対。カールはモーナについにプロポーズ
しようとしていた矢先、別れを切り出される。可哀想。でもまたすぐに、図書館
で出会ったリスベトと仲良しになっちゃって、悩むカール。おいおい。
アサドは前に大怪我してたっけね。でもしっかり復帰した。
そしてハーディ。最初の頃は動けるのは目だけ、みたいだったハーディが、
リハビリを重ねて、わずかに指一本動かせるようになり、そして車椅子を自分
で動かせるようになっていた! 時間が動いているなあ。

で、マルコ。
少年ながらもたくましく賢く。いい子だったー。物凄く優秀に育っていく
だろうな。怯え、警戒し、カールのことを知って情報だけは伝えようとして
くるけど、犯罪組織から警察から、どこまでも逃げ続けるマルコ。もう~~
カール、早くマルコを見つけてあげて!捕まえてあげて!助けて!!! と
ドキドキ願いながら読んだ。マルコが有能すぎて逃げきってしまうのが辛い。
始めの頃マルコを助けてくれたクリーニング店の老人ゲイカップルがひどい
とばっちりくらってマルコを恨むようになるのも辛い。ゾーラたちほんと酷い。
マルコも可哀想だしマルコを善意で助けていた人たちも可哀想。

最初は見当違いなところで事件を追い始めるカールたち。ああ~違う、違う
から! と、早く真相に気づいて~~~、っていうのもハラハラドキドキ。
レニも結構逃げ切ったのか、もしかして次巻にひっぱるのか? と思ってたら
最後にはちゃんと報いをうけていた。死体が発見されて調べられればちゃんと
カールたちにわかるんだよね?ともあれ、それなりにけりがついてよかった。

カールたちは、スタークの不正を見逃しマルコに偽造パスポートで身分を
与える。人としてはとてもよい選択だけど、警察だよね?? と思っちゃう。
でもそういうこと飛び越えて自分たちの信念で捜査し解決する特捜部なんだ
なあ。結構びっくりして面白かった。
さてカールは次はモーナとリスベトどちらか選ぶのかなあ。
ハーディの回復はどこまで。アサドとラースと過去に何が。カールたちが
撃たれた事件の解決はつくのか。まだまだひっぱってることいっぱいで、
まだまだ続きが出るんだよね? 楽しみです。

|

« 『燻り』(黒川博行/講談社文庫) | Main | 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事