« 映画「ケープタウン」 | Main | 『繚乱』(黒川博行/毎日新聞社) »

『悪果』(黒川博行/角川書店)

*結末まで触れてます。


『悪果』(黒川博行/角川書店)

大阪。今里署の暴力団犯罪対策係の堀内は、賭博の情報を掴んだ。相棒の伊達
と捜査を進め、手柄をとる。
そこであげられた客の中に、学校法人の理事長をしている森本という男がいた。
堀内は業界紙発行を傘に恐喝まがいのことをしている坂辺に情報を流す。
坂辺がせしめる「広告料」の半分は堀内のものになるのだ。
マル暴の刑事は独自にシノギを持つ。坂辺は堀内の重要な資金源だった。

黒川さんの疫病神シリーズ以外って読んだことないよな、と思って読んでみた。
これは刑事の話だけど、もー完全に暴力団のシノギと同じですやん。権力持った
暴力団。こわー。これもやっぱりカタギは相手にしてなくて、暴力団絡みで
いかに金を引っ張り出すか、という駆け引きの話。
賭博の捜査とかも地道に緻密に描かれていて面白かった。

柔道青年が柔道おっさんになったごっつい強面の伊達と、女に入れあげる堀内。
妻との仲は冷え切っていてただめんどくさいから離婚してないだけ。
坂辺がひき逃げにあい、刑事でありながら暴力団に付け狙われる堀内。
警察手帳を奪われるという失態をなんとかすべく、後半は怒涛の勢いで動く。
前半も面白かったけど、やっぱ後半の勢い、事件が繋がり明らかになっていく
のはすっごく面白かった。

恐喝。裏金。接待。情報の流し合い。まあこれはフィクションですから、とは
思いつつ、実際暴力団相手に毎日仕事って、きれいなだけじゃやってられない
んだろうなあと思う。こわー。
森本を追い込むあまり、街中での暴力沙汰。堀内は辞職しろや、ということに。
まー、なるよねー。警察の揉め事は隠蔽隠蔽!それでも伊達を庇いきって、
ちょっとかっこよかった。
けれども、伊達もまたずぶずぶの果てに問題になっていた。

優秀な刑事でいることと、悪に染まらずにいることは、両立できるんだろうか。
堀内や伊達の泥沼に自ら飛び込むよーな真似は賢くないと思うけど、とれる
とこからめいっぱい金とってやろーというのは、なんか、なんか、黒川さんの
話の中ではなんか納得してしまうというか。そーなっちゃうよねーと、思う。
森本のとこまで行く前でやめとけばよかったんじゃないの。
でもなあ。

この作品でもコンビの会話は魅力的。大阪中走り回ってて、千里中央とか江坂
だとか、ああ~その辺生活圏だったことがあるのでわかるわかるって思ったのも
面白かった。登場人物がすごく生きてる感じがするのね。上手いねえ。

|

« 映画「ケープタウン」 | Main | 『繚乱』(黒川博行/毎日新聞社) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事