« 『破門』(黒川博行/角川書店) | Main | 映画「ケープタウン」 »

『黒警』(月村了衛/朝日新聞出版)

*具体的内容、結末まで触れてます。


『黒警』(月村了衛/朝日新聞出版)


沢渡は組織犯罪対策本部の捜査員。妻とは離婚。警察官としての理想や使命感
を忘れて久しい。
コピー商品撲滅のため、「ペンちゃん」という漫画のキャラクター商品を追う
というしみったれた捜査をするうちに、謎めいた「ペンママ」という言葉を知る。
中国系の組織の関わりか、日本の暴力団も絡むか。
だが、上に報告した情報はガセネタと決めつけられた。
そんな沢渡の前に不意に現れた男、沈。沢渡らが追っている義水盟という組織の男。
沈が明かした「ペンママ」とは、ある情報源だった。

しょぼい警官と、今時義理人情を抱えてる暴力団の男、波多野と。中国系ながら
従来の繋がりから孤絶し新たなネットワークをつくろうとしている沈と。
警察上層部や政治家絡みの暗部を暴くって感じ。

警察密着テレビ番組とかペンちゃんとか、ややふざけたような要素を使いながら
しっかりシリアス。
途中、さくっと波多野が死んでしまってびっくりした。波多野と沢渡とで密かに
警察と戦うのかと思ってた。沈がもっと凄腕つーか有能つーかなのかと思ってた
けど、わりとおぬしもまだまだよのう、という感じ。
どうすんだと思ったら、沢渡と沈とが義兄弟になってびっくり。そっちか。

上手く情報操作してひっかけるかと思いきや、ってとこでひっくり返って
さらにそれをひっくり返してってなって、どうするんだどうするんだと最後まで
面白く読んだ。
テレビの密着番組を利用するとかうまい。そーきたか。
さくっと一冊で読み終わって上手くまとまってた。私の好みからすれば、
ああ~もっと~ねちねちどろどろたっぷりこまごま書いて~って思うけど、
それはまあそれぞれだもんね。仕方ない。
上手いんだなあ月村さん、と、思いました。

|

« 『破門』(黒川博行/角川書店) | Main | 映画「ケープタウン」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事