« 『宇野千代聞書集』(宇野千代/平凡社ライブラリー) | Main | 『破門』(黒川博行/角川書店) »

映画「トランスフォーマー ロストエイジ」

*結末まで触れてます。


映画「トランスフォーマー ロストエイジ」(2D、字幕を見た)

シカゴでの戦いから5年。人間とオートボットは敵対するようになっていた。
地上で、エイリアンたちの戦いを許すわけにはいかない。
トランスフォーマーたちの残骸から新たなテクノロジーを得て、自分たちの
ロボットを作り始めている会社とそれを支援するCIA。

自称発明家のケイドは娘のテッサの高校卒業を楽しみにしながらも、金を
儲けることはできず、ガラクタのようなロボットを作り続けていた。
ボロボロのトラックを買い取ってバラして部品をとろうとしていたところ、
それはオートボットだと気づく。それこそがオプティマスプライムだった。

今回人間のキャストは一新していて、サムだとか米軍すら出てこない。
CIAと、オートボットを作ろうとする民間会社。そいつらがうっかりメガトロン
を再生してしまう。
あと、宇宙からもオプティマスを狙う黒いやつらもきてたりして。
創造主の使命だ、みたいな話をしてたりもして、これまだ続けるつもりなの
かなあ。最後メガトロン、つか名前変わってたけど、えーと、あれも退治しない
ままで終わったし。

破壊も爆発も、トランスフォーマーたちの戦いも、さらにド派手ド迫力で
すっごいすっごいすっごい!
これはかなり飛び出す映像になってるだろーなーと思った。3Dで見ればよかった。
けどなあ。私、眼鏡なので、眼鏡オン眼鏡になるのが頭痛くなって辛いから。
これ165分あるし。長いんだよー。

バトルは楽しんだけど、まあ、お話は、まあ。まあ、なんか、人間が悪いね。
CIAのあのおっさんが悪いのか。
民間のハゲのおっさんはどさくさに紛れていいやつサイドになってたけど、
いーんですか(笑)

中国、香港に行ってて、香港映画風アクションもあったり。
カーチェイスがそーとー激しくあって燃えた。面白かった。

やっぱトランスフォーマーは映画館で大画面で大音響で、どわーーーっとした
のを楽しむもんですね。
今回恐竜のやつらもかっこよかったし。でもバンブルビーをもっと見たいような。
オプティマスも強いんだか弱いんだか。でもかっこよかったけど。

長くて退屈、と思ったのも確かで、うーん。わはー!面白かったー!でもあり、
いまいちつまんないでもあり。両方思ったのでした。

|

« 『宇野千代聞書集』(宇野千代/平凡社ライブラリー) | Main | 『破門』(黒川博行/角川書店) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事