« 映画「るろうに剣心 京都大火編」 | Main | 映画「トランスフォーマー ロストエイジ」 »

『宇野千代聞書集』(宇野千代/平凡社ライブラリー)

*結末まで触れてます。


『宇野千代聞書集』(宇野千代/平凡社ライブラリー)

「人形師天狗屋久吉」
「日露の戦聞書」
「おはん」

の三つが入っている。

先日、日本近代文学館の夏の文学教室に一日だけ行った。池内紀さんが
「宇野千代の生き方と書き方」というお話をなさっていて、それがすごくよくて、
それまでなんとなく長生きした着物のお婆さん、というイメージしかなかった
宇野千代が、そーだよなあ作家だ。しかもすごく魅力的。ということがわかって、
俄然読んでみなくては、と思ったのでした。
お話は人形師天狗久のことメインだったので、その語りの文学、というのを
まず読みたいと思いました。ちょうどこの本はその語りの作品集めたものなのね。

「人形師天狗屋久吉」は、阿波の文楽の人形師、名人として名高い人だそうで、
ある時宇野千代がその人が作った人形を見て心奪われ、話を聞きに行った、
という作品。そのインタビューだけど、でもその聞いた話をもとにした宇野千代の
小説である、というお話を池内さんがされてたのね。
語りの口調とか話運びなんか、大幅に宇野千代がつくったのであろうと。
読むと、とても品のいい物静かそうで深淵がありそうな名人のお爺さんの姿が
見える。当然ご本人が凄い、素晴らしい、ということなんだろうけど、でもこの
インタビュー作品としてすんなり読ませる一篇の作品、というのは宇野千代の
手柄なのだろうなあと思う。
とても素敵でした。
初出は1942年だって。

「日露の戦聞書」は、舅である北原信明という人が、70歳、日露戦争の軍医
として出征した話をよく語っていたそうだ。それを面白い話だと書きとめて
おいたのをまとめて発表したらしい。
日露戦争といえば「坂の上の雲」だね!と、私は大好きなんだけど、あれは
軍の上層だよね。全体を描いたものだし。ああいうのの中を、実際に従軍した
人の話ということで、すごく面白かった。とにかく泥道で凄く大変そう、とか、
水や食べ物に難儀したとか、前線の緊迫感はありつつも、命令が届くのに
めちゃくちゃ時間かかるとか、本隊とはぐれて困ったとか、ロシア兵に遭遇して
なんとなく捕虜にしたとか、まーそりゃ前線のはじっこは混乱しわからなくなり
大変だよねえ、という感じが面白い。面白いといってはなんだけど、そういう
リアルだったのかなあと思う。よく生き延びたよね。
初出、1943年の単行本だそう。

「おはん」
これは完全に創作、ってことか。モデルというかヒントにした人物はいたよう
だけど、創作なんでしょう。
ある男が、おはんという女房がいたけど、おかよという芸者(げいこ)に
ふらふらと入れあげてともに暮らすようになった。けど、おはんとも別れたと
いうわけでもないような。
実は息子が生まれていた、ということを、別れて7年もたってから知り、ふと
またおはんとよりを戻し、親子で暮らそう、と決めながらも、しっかりとした
決心はつかず、おかよに隠れながらずるずるとおはんに会い、子どもにも
父と名乗らぬまま会い。二人の女の間で腰の定まらない男の話。
いよいよ息子が可哀想になり、ついに親子三人で住む家を決め、そこで暮らし
始めようとしたその日に子どもは淵へ落ちて死んでしまった。

まったくもってなんだよお前しっかりしろよけじめつけろよ、もうっ、もうーっ
とダメダメな男で。なのにおかよもおはんもずるずるとこの男をゆるし、愛する。
よっぽど見目良い男なんだろうか。。。でもなんかこういうずるずるもわかる
気がしてしまう。。。語りのうまさなんだろうか。すうっと読まされる感じが凄い。
おはんは妻のはずなのに、なんでそんなにおかよに遠慮したようなことばかり言う
のか、うーん。気性の違い? 当時の風俗みたいなこととかあるのかなあ。

これは連載が途切れたりいろいろで、最初の発表から10年かけて完成って
ことみたい。1947年からぽつぽつで、1957年に完結、だそうで。
いずれも第二次世界大戦前後で世の中大変な時だったろう。けど、こういう
小説が書かれ発表されていたわけだよねえ。
朝ドラなんかで見る感じでもあるように、世の中が大変で苦しくて、でも生活
もあるんだなあと。当たり前か。

宇野千代、1897-1996年て。明治から平成を生きたのね。凄いわ。
作家としてのみならず、編集者やデザイナーだったりもしてて、マルチ
クリエイターみたいなもんなのか。結婚離婚同棲別れたとかも華やかな経歴の
ようで、まー、パワフルなんだね。
実際作品を読んでみてよかった。すごく面白かった。

|

« 映画「るろうに剣心 京都大火編」 | Main | 映画「トランスフォーマー ロストエイジ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事