« July 2014 | Main | September 2014 »

『黒警』(月村了衛/朝日新聞出版)

*具体的内容、結末まで触れてます。


『黒警』(月村了衛/朝日新聞出版)


沢渡は組織犯罪対策本部の捜査員。妻とは離婚。警察官としての理想や使命感
を忘れて久しい。
コピー商品撲滅のため、「ペンちゃん」という漫画のキャラクター商品を追う
というしみったれた捜査をするうちに、謎めいた「ペンママ」という言葉を知る。
中国系の組織の関わりか、日本の暴力団も絡むか。
だが、上に報告した情報はガセネタと決めつけられた。
そんな沢渡の前に不意に現れた男、沈。沢渡らが追っている義水盟という組織の男。
沈が明かした「ペンママ」とは、ある情報源だった。

しょぼい警官と、今時義理人情を抱えてる暴力団の男、波多野と。中国系ながら
従来の繋がりから孤絶し新たなネットワークをつくろうとしている沈と。
警察上層部や政治家絡みの暗部を暴くって感じ。

警察密着テレビ番組とかペンちゃんとか、ややふざけたような要素を使いながら
しっかりシリアス。
途中、さくっと波多野が死んでしまってびっくりした。波多野と沢渡とで密かに
警察と戦うのかと思ってた。沈がもっと凄腕つーか有能つーかなのかと思ってた
けど、わりとおぬしもまだまだよのう、という感じ。
どうすんだと思ったら、沢渡と沈とが義兄弟になってびっくり。そっちか。

上手く情報操作してひっかけるかと思いきや、ってとこでひっくり返って
さらにそれをひっくり返してってなって、どうするんだどうするんだと最後まで
面白く読んだ。
テレビの密着番組を利用するとかうまい。そーきたか。
さくっと一冊で読み終わって上手くまとまってた。私の好みからすれば、
ああ~もっと~ねちねちどろどろたっぷりこまごま書いて~って思うけど、
それはまあそれぞれだもんね。仕方ない。
上手いんだなあ月村さん、と、思いました。

|

『破門』(黒川博行/角川書店)

*結末まで触れてます。


『破門』(黒川博行/角川書店)

直木賞受賞なんですよね。おめでとうございます。疫病神シリーズ第5弾。

二宮はカタギだが、建築現場でのヤクザ絡みのサバキを請け負い、ヤクザの桑原
に頼む縁でなんだかんだと桑原のシノギに巻き込まれてきた。
今回は、桑原の兄貴筋の嶋田が映画へ出資する話にのることになる。二宮自身、
嶋田にはなにかと世話になった恩のある相手だ。
だが、出資金を募ったあげくプロデューサーの小清水は消えてしまった。
桑原と共に小清水を追い、途中もめた相手は別の巨大な組のヤクザであり、
ずぶずぶとトラブルにはまり込んでいく。

今回も桑原のイケイケっぷりは相変わらず。かっこいい。
しかしサバキという二宮の仕事も、ヤクザ稼業の桑原も、世の中厳しくなって
景気が悪くて散々、というところ。
小清水を追っかけて、香港マカオでギャンブル、大阪の郊外あちこち、愛媛の
今治やら鈍川温泉やらにも舞台は移り変わり、飽きない。面白い。
上手いこと追っかけるなあと思うけどそう不自然に無理な感じでもなくてさすが。

相変わらず桑原と二宮くんの会話の掛け合いが凄く面白くてたまらん。
なんだかんだいいながら桑原から一円でももらってやろーとする二宮くんと、
それをうっとおしがりながらも金払いのいい桑原かっこいい。
刺されてたなー。強いけどそういうのもたまらん。そんな体で無茶しないで、と
ハラハラする。喧嘩強いけと超人じゃない桑原さんかっこいい。

桑原がボコった相手っていうのが悪くて、なんかこう、暴力団の組織図みたい
なのを図解で書いておいてほしいと思うよ。。。二蝶会の桑原や、ってのの上に
嶋田さんとかいて、親分の森山がいて、そのさらに上に本家?があって、本家
から別れた筋の滝沢ってところの奴をぶちのめしたら、一応同じ身内筋の中で
ごちゃごちゃしてはあかんやろ、みたいなことらしい。
桑原はいまいち森山を尊敬してない跳ねっかえりで勝手に突っ走る。
なんとかまとめようか、と、金も納めて廻ったけど、結局最後には破門に
なってしまった。ショック。桑原さんどうなるんだろう。
このシリーズはまだ続くんだろうね?どうなっちゃうの桑原さん。凄く心配。
桑原がこのまんまで終わるわけないやろーっ、と思う。うーん。

二宮くんは一応無事切り抜けた。カタギだしね。でもなあ。
それでいいのか二宮くん!桑原さんと別れられるのか!?なんだかんだで桑原
さんのこと死ねとか散々毒づきながらも一緒に走り回るのが好きなくせに!
と、私の妄想。
切ない。
暴力団だからなあ。そりゃあハッピーエンドなわけにもいかないよなあ。
次の作品早く書いてほしい。読ませてほしい。最後には桑原は死んじゃって
終りしかないような気がする。でもそれでもいい。それしかないかもだし。
このままで終わりにしないでーっと思う。待ってます。


|

映画「トランスフォーマー ロストエイジ」

*結末まで触れてます。


映画「トランスフォーマー ロストエイジ」(2D、字幕を見た)

シカゴでの戦いから5年。人間とオートボットは敵対するようになっていた。
地上で、エイリアンたちの戦いを許すわけにはいかない。
トランスフォーマーたちの残骸から新たなテクノロジーを得て、自分たちの
ロボットを作り始めている会社とそれを支援するCIA。

自称発明家のケイドは娘のテッサの高校卒業を楽しみにしながらも、金を
儲けることはできず、ガラクタのようなロボットを作り続けていた。
ボロボロのトラックを買い取ってバラして部品をとろうとしていたところ、
それはオートボットだと気づく。それこそがオプティマスプライムだった。

今回人間のキャストは一新していて、サムだとか米軍すら出てこない。
CIAと、オートボットを作ろうとする民間会社。そいつらがうっかりメガトロン
を再生してしまう。
あと、宇宙からもオプティマスを狙う黒いやつらもきてたりして。
創造主の使命だ、みたいな話をしてたりもして、これまだ続けるつもりなの
かなあ。最後メガトロン、つか名前変わってたけど、えーと、あれも退治しない
ままで終わったし。

破壊も爆発も、トランスフォーマーたちの戦いも、さらにド派手ド迫力で
すっごいすっごいすっごい!
これはかなり飛び出す映像になってるだろーなーと思った。3Dで見ればよかった。
けどなあ。私、眼鏡なので、眼鏡オン眼鏡になるのが頭痛くなって辛いから。
これ165分あるし。長いんだよー。

バトルは楽しんだけど、まあ、お話は、まあ。まあ、なんか、人間が悪いね。
CIAのあのおっさんが悪いのか。
民間のハゲのおっさんはどさくさに紛れていいやつサイドになってたけど、
いーんですか(笑)

中国、香港に行ってて、香港映画風アクションもあったり。
カーチェイスがそーとー激しくあって燃えた。面白かった。

やっぱトランスフォーマーは映画館で大画面で大音響で、どわーーーっとした
のを楽しむもんですね。
今回恐竜のやつらもかっこよかったし。でもバンブルビーをもっと見たいような。
オプティマスも強いんだか弱いんだか。でもかっこよかったけど。

長くて退屈、と思ったのも確かで、うーん。わはー!面白かったー!でもあり、
いまいちつまんないでもあり。両方思ったのでした。

|

『宇野千代聞書集』(宇野千代/平凡社ライブラリー)

*結末まで触れてます。


『宇野千代聞書集』(宇野千代/平凡社ライブラリー)

「人形師天狗屋久吉」
「日露の戦聞書」
「おはん」

の三つが入っている。

先日、日本近代文学館の夏の文学教室に一日だけ行った。池内紀さんが
「宇野千代の生き方と書き方」というお話をなさっていて、それがすごくよくて、
それまでなんとなく長生きした着物のお婆さん、というイメージしかなかった
宇野千代が、そーだよなあ作家だ。しかもすごく魅力的。ということがわかって、
俄然読んでみなくては、と思ったのでした。
お話は人形師天狗久のことメインだったので、その語りの文学、というのを
まず読みたいと思いました。ちょうどこの本はその語りの作品集めたものなのね。

「人形師天狗屋久吉」は、阿波の文楽の人形師、名人として名高い人だそうで、
ある時宇野千代がその人が作った人形を見て心奪われ、話を聞きに行った、
という作品。そのインタビューだけど、でもその聞いた話をもとにした宇野千代の
小説である、というお話を池内さんがされてたのね。
語りの口調とか話運びなんか、大幅に宇野千代がつくったのであろうと。
読むと、とても品のいい物静かそうで深淵がありそうな名人のお爺さんの姿が
見える。当然ご本人が凄い、素晴らしい、ということなんだろうけど、でもこの
インタビュー作品としてすんなり読ませる一篇の作品、というのは宇野千代の
手柄なのだろうなあと思う。
とても素敵でした。
初出は1942年だって。

「日露の戦聞書」は、舅である北原信明という人が、70歳、日露戦争の軍医
として出征した話をよく語っていたそうだ。それを面白い話だと書きとめて
おいたのをまとめて発表したらしい。
日露戦争といえば「坂の上の雲」だね!と、私は大好きなんだけど、あれは
軍の上層だよね。全体を描いたものだし。ああいうのの中を、実際に従軍した
人の話ということで、すごく面白かった。とにかく泥道で凄く大変そう、とか、
水や食べ物に難儀したとか、前線の緊迫感はありつつも、命令が届くのに
めちゃくちゃ時間かかるとか、本隊とはぐれて困ったとか、ロシア兵に遭遇して
なんとなく捕虜にしたとか、まーそりゃ前線のはじっこは混乱しわからなくなり
大変だよねえ、という感じが面白い。面白いといってはなんだけど、そういう
リアルだったのかなあと思う。よく生き延びたよね。
初出、1943年の単行本だそう。

「おはん」
これは完全に創作、ってことか。モデルというかヒントにした人物はいたよう
だけど、創作なんでしょう。
ある男が、おはんという女房がいたけど、おかよという芸者(げいこ)に
ふらふらと入れあげてともに暮らすようになった。けど、おはんとも別れたと
いうわけでもないような。
実は息子が生まれていた、ということを、別れて7年もたってから知り、ふと
またおはんとよりを戻し、親子で暮らそう、と決めながらも、しっかりとした
決心はつかず、おかよに隠れながらずるずるとおはんに会い、子どもにも
父と名乗らぬまま会い。二人の女の間で腰の定まらない男の話。
いよいよ息子が可哀想になり、ついに親子三人で住む家を決め、そこで暮らし
始めようとしたその日に子どもは淵へ落ちて死んでしまった。

まったくもってなんだよお前しっかりしろよけじめつけろよ、もうっ、もうーっ
とダメダメな男で。なのにおかよもおはんもずるずるとこの男をゆるし、愛する。
よっぽど見目良い男なんだろうか。。。でもなんかこういうずるずるもわかる
気がしてしまう。。。語りのうまさなんだろうか。すうっと読まされる感じが凄い。
おはんは妻のはずなのに、なんでそんなにおかよに遠慮したようなことばかり言う
のか、うーん。気性の違い? 当時の風俗みたいなこととかあるのかなあ。

これは連載が途切れたりいろいろで、最初の発表から10年かけて完成って
ことみたい。1947年からぽつぽつで、1957年に完結、だそうで。
いずれも第二次世界大戦前後で世の中大変な時だったろう。けど、こういう
小説が書かれ発表されていたわけだよねえ。
朝ドラなんかで見る感じでもあるように、世の中が大変で苦しくて、でも生活
もあるんだなあと。当たり前か。

宇野千代、1897-1996年て。明治から平成を生きたのね。凄いわ。
作家としてのみならず、編集者やデザイナーだったりもしてて、マルチ
クリエイターみたいなもんなのか。結婚離婚同棲別れたとかも華やかな経歴の
ようで、まー、パワフルなんだね。
実際作品を読んでみてよかった。すごく面白かった。

|

映画「るろうに剣心 京都大火編」

*結末まで触れてます。


映画「るろうに剣心 京都大火編」


明治11年。
京都である不穏な動き。その頭は志々雄真実。剣心が人斬りをやめた後、代わって
暗殺者として活躍。だがそれ故に、戦の後味方から殺されるような目にあう。
新政府を転覆させる企みに人を集め力をつけてゆく志々雄を倒すため、剣心は
京都へゆくよう大久保卿から頼まれた。
返事を聞かせてくれ、といわれていたその日、大久保は暗殺される。
志々雄のやり方を許すわけにいかない剣心は、ひきとめる薫たちを置いて、京都へ
向かった。

るろ剣は、最初の頃は漫画読んでた。アニメも多少は見たことある。けど、さほど
思い入れはない。この映画あたりの話はあんまり知らない。
テレビで映画化の前作を見て、おろー、漫画原作をよくぞここまで実写化したなあ
と感心し、かっこよかったし面白かったので、今回は映画館で、と思って見に行った。
これは前編で、9月に後編「伝説の最期」というのがすぐ公開になるのね。
だからかなあ。
お話はとっちらかっててなんかまとまりなくて、うーん期待しすぎたかと思った。
後半でちゃんとまとまって面白くなるのかな?
今のところ特に御庭番の話がなんかただ邪魔にしか思えない。蒼紫さまは抜刀斎は
どこだ、っていうだけのバカキャラでしかない。。。伊勢谷友介超かっこいいのに。
伊勢谷さんと田中泯の対決なんてゴージャスすぎて泣ける。凄いかっこいい。
なのになんであんな馬鹿にしか思えないキャラなのか。もったいない。

まあそもそもの、京都に反乱分子がいて、頼みはきみだけだ、って剣心に声が
かかるって最初からして、はぁ?政府がなに言ってんの?大久保さぁなめんなよ、
漫画か、と思ったけど漫画だ。新政府が危ういとかまあいいとして。しかし。
話が壮大なことになってるけどあんまりきちんとはしてなくて、まあ、漫画か、
漫画だよね、少年ジャンプや。というわけで細かいことは気にしちゃいけなかった。

みんなの素晴らしいコスプレ劇なわけで、漫画だなあ実写だなあと思う。
それにしても左之助はただイライラわあわあ言うだけの本気でただのアホキャラ
でイラっとするわ~。ま、まあ漫画のキャラだから。。。

志々雄が、戦が勝ったってとこで殺されかかる過去シーン。ものっすごいグッサグサ
に切られ刺され、さらに油かけて焼かれてて。いくらなんでもあれは死ぬ。あれで
生き延びたなんて~無理無理~あ~まあ、漫画か。。。いやあ。うーん。
志々雄のコスプレ感はもうほんと凄くて、よくまああんなコスプレで。あんなにも
ドシリアスに演じきる、さすがの藤原竜也!

剣心もコスプレだーと思うけど、でも馴染んでる。佐藤健はほんと素晴らしい。
アクション?殺陣?凄いいいし。苦しみ悩む姿も、戦う凄みも素晴らしい。
おろ? って可愛い間抜けさも素晴らしい。
佐藤健がいるからこの実写化が成ったんだよねえ。かっこいい。

宋次郎くんの神木くんも最高!かっこいい~。可愛い~。軽やかで迫力がある~。
神木くんもほんと素晴らしい。このままいい役者に育っていってほしい。

アクション、殺陣のかっこよさはどの戦いも痺れた。
シーンごとにはほんとにめちゃくちゃかっこよくって大満足。
ただ全体的なお話としてはねえ。なんだかなあ。どうなるのかなあ。
一応今回、京都を火の海に!みたいなところは阻止して、でもこれから志々雄たち
は東京へ! っていう船に追い付いて。さらわれた薫どのは海に落ちて行方不明。
それを追った剣心はどっかの浜に打ち上げられてて。謎の男(笑)福山が
ひろってた。手当して助けになるのかな?なんなんだよ謎の男(笑)
まだ前半だから、後半どうなっていくのか、楽しみにしておこう。

|

『複製された男』(ジョゼ・サラマーゴ/彩流社)

*映画のと本のと両方結末まで触れてます。


『複製された男』(ジョゼ・サラマーゴ/彩流社)

テルトゥリアーノ・マッシモ・アフォンソは中学校の歴史の教師である。
離婚後一人暮らしで、うつ的な気分の中、数学の教師のすすめの軽い映画を
見てみようという気になる。「傑作ではないが、一時間半楽しむことができる」
その映画はなるほどその通りだったが、そこに出ている端役の俳優が、自分に
そっくりだと気づいた。

ということで、映画と基本的には話は同じ。そりゃそうですね。
でも映画とは違う話のようだと思った。映画だと、男と女、という軸だと思う
んだけど、本だと徹底的にテルトゥリアーノ・マッシモ・アフォンソに寄り添う
感じ。彼一人の物語だと思う。
映画でわかんないなあと思った感じが、この本を読んでも別に解消はされなか
ったなあ(^^:
映画だと、蜘蛛の幻影だったり、俳優の方の妻は妊娠していて、蜘蛛って女か、
と思わされたりしたんだけれども、本だとそういう幻影はなし。最後にびっくり
したのは、途中少し影があった、もう一人そっくりな男がいるらしい、という
三人目の存在が電話でだけど現れて、自分は一人で十分だ、と、たぶんその三人
目を殺しちゃうんじゃないかなあ、というところで終わる。
あと大きな違いは、テルトゥリアーノ・マッシモ・アフォンソ、自分は生きてる
と、母に知らせ、俳優アントニオ・クラーロの方が死んだのだ、と、その妻にも
知らせている。そして妻は、彼にアントニオ・クラーロになって、というのね。
そこを名言してる。でもそんなのうまくいくわけないじゃない??
本は不条理劇のような印象。
映画は幻想文学のような印象。
映画って原作を解釈しての映画監督の作品になってるのね。そりゃそうか。

ポルトガルのノーベル賞作家の作品。て。ポルトガルのこと私は何も知らない
しなあ。主人公の名前、テルトィリアーノ・マッシモ・アフォンソっていうのが
なんかヘンな名前らしいというその最初からしてわからない。とても古風?
日本でいったら九朗衛門でござるよ、みたいな名前って感じなのかなあ?
この舞台そのものの国が明らかにされているわけではないれけども、私には
馴染みの全然ない文化圏、という気はした。
この本の発表は2002年。著者70代の頃で、作家として名をなしたのが50代
くらいらしいので、70代といえど精力的に活動中、な感じみたい。2010年没。
歴史小説のが有名なのかな?でもこういう現代劇もありで。
私が読んだこの単行本発行は2012年。

作中、いろいろ調べるのに、電話帳やビデオテープだったりで、発表年の2002年
よりはもう少し前って感じはする。
映画だとそのへんさくっとネットで調べていて今になっている感じ。調べる過程
が、本だとじわじわ長いんだけど、映画はさくっとしてるので、あれだけ
コンパクトにまとまったのかと思う。
ほんと、このひたすら流れていく文章を解釈してまとめて映画化したんだなあと
感心した。

見開きのページみっしりに、改行もなしに、ひたすらひたすら文字なのね。
章が変わる時だけページに余白があってほっとする。
原典だと会話の「」もないそうで、それは翻訳がつけてくれたらしいんだけど、
でも改行はしてなくて、最初見た時にはこれ読めるかな。。。とうんざりした。
文体も、辞書的教科書例文的というか、かちかちした文体で、そういうのが原作
の雰囲気なのかなあ。うーむ。わからない。。。
けど、読み始めるとわりとすんなり進んでいけた。映画を見てるのでイメージが
できやすかったせいかも。本は本で面白かった。
映画見なかったら私は読まない本だと思う。いい機会でよかったです。

|

映画「GODZILLA」

*結末までネタバレしてます。


映画「GODZILLA」

2D、字幕で見に行ってきた。ゴジラだゴジラ。私はゴジラに詳しくはないです。

1999年、フィリピンの採石場で崩落事故が起こる。巨大な裂け目の奥には
見たこともない巨大な化石生物の骨と、卵のようなものがあった。そして、そこ
からジャングルを踏み潰して海へ何者かが消えていったような巨大な痕跡。
その頃、日本で起きていた謎のパルス。そして突然の原発の崩壊。
その事故で幼い頃原発技術者だった母を失い、父もまたその事故にとりつかれ
たようになっていたフォードは、軍人として爆発物処理の専門家になっていた。
父のことで連絡を受け、日本へ向かったフォード。
そこには秘密の施設があり、謎の研究がなされていた。

がっつりハリウッド映画だなあと思うのは、主人公フォードくんが軍人として
危機に立ち向かっていくけど、目的としては家族が待つ家に帰りたい、家族を
守りたい、というところ。そりゃあんなに若くて可愛い妻がいて幼い息子がいて、
一年以上ぶりに休暇ってなってたところだったのにね。帰りたいだろー。
フォードくんは優し気な顔をして、きっちりマッチョだけどふわっとした印象
もあってよかった。
それでも専門家であるし、軍人であるし、ムートーの卵を焼き尽くしていって
おお、よくやった、って思う。全然叫んだり大袈裟な感じじゃなくて、黙々と
懸命にやることこなすって感じなのがよかった。

で。ゴジラ対ムートーっていう、怪獣対決だったのね。怪獣プロレスなのね。
あのー、ムトー?ムートー? 卵育ててたのがナントカ作戦? 巨神兵か、と
みんなつっこんだよね?
核を餌に食べるってことらしくて、核燃料?を咥えたりするんだけど、その絵面、
エヴァが暴走してエントリープラグ喰う絵のようだーと、思ったよね。
直線的なシルエットで肌の質感は爬虫類っぽいつるりん感なのかなあと思って
なかなかに気持ち悪くて怖くて。卵を焼かれた時の感じ、ああーっうちの卵に
何してくれとんねんわれぇ殺すぞおめーかっ殺すぞ! みたいなアテレコを
内心でしてひえーこわ~~っと思ったよね。

ゴジラは、ほんっとにずっしり重そうで、顔もあの顔で、怖くて、ガオーッ!
とあの咆哮をついにしたときには私もあんぐり口を開けて見てました。
迫力~~~~~!
まあ日本人的には、ゴジラっていつの間にか人間の味方、破壊するけど神、って
感じに見るのはお馴染みかもだけど、なんかでも、人間のほうに都合がいい存在
でいいのかなあ、ともちょっと思う。自然の調和だから、ムートーに今更繁殖
させてなるものか、というバランス、みたいな説明を一応はされてたけどさ。
でもまあ理屈はいいか。
ゴジラが咆哮して、怪獣プロレスで悪い怪獣をやっつける!
あのー、火を吐くぞ、つか、放射能を吐くんだっけ?青く光るやつをムートー
の口から中に放射して殺した最後には震えたね。かっけーーー。

そして米軍。かっけー。すげー。巨大怪獣が暴れ出すなんてわけのわからない
どうしようもない事態に対処して次々と作戦行動展開していってんの。すげー。
ま、まあお話ですけど。でもかっこいい~。
地獄のような有様になっているサンフランシスコ? に、上空から降下して
いくシーンがかっこよくってかっこよくって痺れた。すげー。

渡辺謙さんは、芹沢博士。重要人物として最初から最後まで出番あったけれど、
でも実は傍観者で見てるだけの人である。謙さんはすごくかっこよかったし
いい役やってんなあと思ったけど。
日本、ってこうなのかな、と思った。
見てるだけの日本。作戦行動展開していくのは米軍。
でも、日本の原爆のことに触れ。原発事故の様子を描き。津波シーンもあり。
日本抜きにはない映画として描いていると思った。ゴジラだもんねえ。

正直、原発事故だとか退避区域だとか。津波のシーン、原爆水爆。そういうのを
フィクションだからと切り離して虚構の中の恐怖として楽しむってことができない。
別にわたしなんてなにもこれといった被害を受けたわけでもないんだけど。
キツイと感じるこころのどこかがある。
誰かやどこかと比べるもんじゃなくて、私のダメ―ジとして、抱えてく問題かと
思う。結構あるんだなあと今日改めて思った。

最後、ゴジラはまた起きて海へ帰っていった。あ、うっかり気絶してたわー
ムートー強かったなでもやっつけたったで。んじゃ帰るわー。と、心の中で
アテレコしたよね。
続編があることが決定してるそうで。また何か悪い怪獣と戦うのかなあ。
ゴジラは破壊神だけど地球の調和を守る神、ってことか。
人間の街は壊れ、人間は結局足元でうろうろおろおろするしかない、という。
巨大な自然の暴威みたいな怪獣たち。こわかった。面白かった。

見に行って満足~。

|

« July 2014 | Main | September 2014 »