« 『シルバー・オクトパシー』(五條瑛/徳間書店) | Main | 映画「GODZILLA」 »

『屍界』(五條瑛/双葉文庫)

*たぶんネタバレ。

『屍界』(五條瑛/双葉文庫)


革命シリーズの9作目。文庫書下ろし掌編「ゴッホの血」がある~。

単行本が出たのは2011年の7月。東日本大震災で被害を受けた方へのメッセージ
が巻頭にある。力強いです。ほんとうに震災直後に書いた言葉だよね。

結末に向かって大きく日本の中がうねり、主要登場人物たちの変遷もかなりのもの。
群像劇ではあるけれども、やっぱり亮司が主人公、かなあ。愛されまくりで。
すみれもなんだけど、すみれはやはりどうしたも立場が子どものところだから。
亮司が今ですみれは未来の希望。

今作では櫂くんがいよいよ「赤い季節」に向かって全開って感じ。
ジュリアがほんとうに可哀想。でも、彼女は生き延びた。明奈やもとかの
ところに辿り着いたとわかってほんとよかったねと思う。遠い国で、母子の
穏やかな暮らしを作り上げて欲しいんだけどなあ。

どうしても櫂を見捨てられない亮司。その甘さが招いた事態を利用する大川。
大川から亮司を守りたいリャン。何度読んでもどんなに読んでも、大川が最低に
ゲスくて酷くてたまらん。リャン、殺してやりなよーと思うけど、そういかない
のが大川なんだよなあ。酷い。

「ゴッホの血」は、過去の話なんだね。
まだ若き武藤。先代の彫翔なのか。ただただ夢のようにきれいなだけの絵が
好きだという武藤。毒のある、狂気のぶつけられたようなゴッホの絵を羨ま
しく思い。その才能は破滅へ向かうもの。皮肉にも武藤の中にあったのかも
しれないその狂気の才能は、息子櫂に開かれてしまった。うらやましい、と
無邪気に言う若き武藤が実に酷い男だと思う。きれいなままでいた優男。でも
それは亮司とよく似てるのかもしれない。きれいなままでいて欲しいと、愛され
願われる優男。
はー。
面白かった。この先をもう読んで知っているのに。切なさも倍増で読んで凄く
面白かった。
次が文庫になるのはいつなんだろう。待ち遠しい。書下ろしがつくのかどうか、
気になる。

|

« 『シルバー・オクトパシー』(五條瑛/徳間書店) | Main | 映画「GODZILLA」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事