« 『フード左翼とフード右翼』(速水健朗/朝日新書) | Main | 『機龍警察』(月村良衛/ハヤカワ文庫) »

映画「チョコレートドーナツ」

*結末まで触れています。


映画「チョコレートドーナツ」

ルディはゲイバーで女装の口パクで踊るパフォーマー。ある夜バーにやって
きたポールとお互い一目惚れ、ポールはルディに名刺を渡す。
ルディの隣人はいつも大音量で音楽かけている女性。息子がいるが放置され
彼女は薬物不法所持で捕まってしまった。
家庭局が少年、マルコを連れていくが、ルディはその子をほおっておけない。
弁護士のポールに助けを求め、二人はいとこということにして、マルコを
引き取る。ダウン症であるマルコにあった教育を受けさせ、マルコのために
心を配り家族として暮らす。
だが、彼らがゲイのカップルであることで、マルコと引き離されることになる。

同性愛への差別と偏見が、良識ある立派な大人であるはずの人の中でも
当然のものとしてあった。1979年。もう当然、同性愛者にだって人権を、
という運動はあっただろうけれども、改善はされてない頃、か。
この街はどこだったのか確認してないけど、カリフォルニアなんかでは
同性愛者の人権問題なんかも認められつつあったけど、他ではまだまだ、って
感じみたいな頃。

ポールはカミングアウトの勇気はなく、それでもルディと暮らしてマルコと
家族になっていく。大きな仕事を任されそうになって順調、と思われた時に、
バレてクビ。
ルディはマルコを取り戻すためにまともな仕事とみなされないであろう、
ゲイバーのショーをやめることになる。
同性愛者だというその一点で、そんなにも差別されてしまう理不尽。
マルコの実の母であるというただそれだけで、無条件に保護者とみなされる
その理不尽。ジャンキーでマルコの世話なんてしなくて、自分が男とやる間
邪魔なマルコは外に出てろというのに。

ポールは生真面目堅物、という感じで努力して仕事でも有能さを発揮して
いたというのに。間違いなく立派な大人、と見られていた。
ルディは、まあだらしないし貧乏でもあったけれども、マルコへの愛情に
偽りはまったくなく、見返りも求めずただほっとけない、大事にするという
気持ちに行動に嘘はない。
二人は立派な親だった。
学校の先生や、聞き取り調査にきてた家庭局の人? なんか一見気難しそう
な女性にもちゃんといい親だったと認められてる。

最初にマルコを引き取る時、家に部屋を用意して、ポールはおもちゃも
いくつか並べてみてて、マルコに気にいってもらえるかと心配してた。
ここが僕のうち。と、聞いて、嬉しくて、と、泣いたマルコ。
嬉しいって泣くのを泣けばいいよ、ってすぐ抱きしめるルディ。三人は
本当に思いやりもって家族になれていたのに。
マルコにきちんとした教育を。
マルコに誕生日のケーキを。
マルコと一緒に出かけて笑ってハグして。

マルコはドーナツが好きなの。
ポールはドーナツも買っていて、チョコレートドーナツだよ、ってあげる。
夕食にドーナツなんてよくない、って心配するルディ。たまにはいいさ、って
いうポール。
三人が家族になる最初の夕食はそんな風だった。

マルコは施設じゃなくて、そんな二人の下で成長していく、幸せに育って
いくチャンスがあったのに、ルディとポールが同性愛関係であるというだけで、
だたそれだけで、彼らとマルコと、両方が家族でいたいのに、引き離す裁判所。
どうして認められないのか。同性愛者であることの何が悪いのか。
育児放棄してたジャンキーの母親のもとに戻すことがマルコの幸せになるわけ
ないのに、そんなのわかりきってるのに、どうして認められないのか。
ほんとうに酷い。

ルディは、夢であった歌手としてささやかなデビューを果たす。
女装の口パクじゃなく、自分の声で歌うルディ。
だけど、マルコはもういない。

ポールから裁判官や相手側の弁護士たちに小さな新聞記事が届く。
マルコという少年が、家を探して3日間彷徨い、死んだという記事。
マルコは賢い少年でした。笑顔で周りを明るくしてくれる少年でした、
という手紙。
マルコがよりよく生きるチャンスはあったのに、なんの意味もない差別と偏見で
潰されてしまった家族の幸せ。

私はただただ泣くしかない。この当時より、世界は少しはよく変わったと
信じたい。泣いて泣いて映画を見終えて、これ書きながら今も泣いて、世界に
なんの意味もない差別があったことを思う。それから少しはよくなったと
信じたい。自分は差別はしたくない。されたくもない。
きっと差別や偏見は私の中にもある。あるけれどでも、何か大事な時に、
絶対におおざっぱなレッテルなんかで見たり決めたりしたくない。
一人ひとり、目の前の大事なことに向き合いたい。
世界はよりよく変わる、変えていけると信じたい。
凄い映画でした。

|

« 『フード左翼とフード右翼』(速水健朗/朝日新書) | Main | 『機龍警察』(月村良衛/ハヤカワ文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事