« 映画「チョコレートドーナツ」 | Main | 『水時計』(ジム・ケリー/創元推理文庫) »

『機龍警察』(月村良衛/ハヤカワ文庫)

*結末まで触れています。


『機龍警察』(月村良衛/ハヤカワ文庫)

機甲兵装。人が乗り近接戦闘する兵器。
不審者がいるという通報で出向いた警察の前に現れたのは機甲兵装だった。
警察側に甚大な被害を出してなお逃走した犯人。
警察の中に新たに設立された特捜部は新型機を持っているが、特別であるが
ゆえに、警察内部で異端視され嫌われていた。犯人を追い、次のテロを防ぐ
べく特捜部ゆえのルートを使ってさらに広がる背後の闇にせまる。

近未来。機甲兵装は、イメージするのはパトレイバーですねえ。特捜部の
新型、は、パイロットと神経つながるみたいで、これはエヴァな感じ。
先日、吉祥寺に実物大レイバーが!ってイベントがあって、私は写真見た
だけだけど、警察が周りを警備して人ごみ整理してたりする中に立つロボット
の感じが、ああ、まさに近未来でパトレイバーがいる世界だ、って思った。
あの雰囲気痺れる~。この小説もそういう間近なリアルな感じがあると思った。
その、機甲兵装でのバトルはアニメっぽいし、アニメで見たい~と思う。
文章でのスピード感がイメージに追い付かない。

警察内部の異端部門、特捜部。そこで雇われで刑事の身分になっている凄腕の
傭兵姿警部とかロシアの元警官ユーリとか、テロリストであったライザとか。
彼らをまとめる沖津。警察内部での軋轢や地道な捜査していくところは
しっかりキャラ立ちの漫画っぽさとハードな警察小説とが両立してる感じが
する。面白かった。
柔道刑事な夏川と、とっても美形らしい由起谷刑事コンビもいいな~。
うまくアニメ化とかマンガ化してくれたら見たいと思う。ビジュアルや動き
が見える感じが面白い。

姿警部が主人公といっていいかなあ。群像劇だけど。一応メインストーリーか。
犯人側の王兄弟との因縁とか。最後には追いつめて兄弟ともに殺してしまう。
プロの傭兵。一流の兵士。かっこいい~。
一つの事件は終わったけれど、警察内部の闇がありそうだったり、まだ序章
って感じかもしれない。欲を言えば、特捜部以外の警察側の人間に魅力が
足りない気がするな~。そんな単純に従来の警察はダメだ、って感じのままで
いてほしくないなー。

著者は脚本家だそうで、これで小説家デビューとのこと。
著者紹介でいろんな脚本書いてた作品の中に、「少女革命ウテナ」が!
ウテナの本書いた人の中の一人かあ。ということで私の中の好感度が勝手に
急上昇。
続きも読もうと思う。

|

« 映画「チョコレートドーナツ」 | Main | 『水時計』(ジム・ケリー/創元推理文庫) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事