« April 2014 | Main | June 2014 »

『鳥』(ダフネ・デュ・モーリア/創元推理文庫)

*ネタバレで書きます。


『鳥』(ダフネ・デュ・モーリア/創元推理文庫)

デュ・モーリア傑作集。
短編集ですね。「鳥」はヒッチコックの映画の原案? 映画をちゃんと見たこと
ない。この前BSプレミアでやってたのに、とっておけばよかった。映画はこの
小説とは違ってるんだろうと思うけど。いつかまた機会あれば今度こそ見よう。

8つの短編。著者は1906年ロンドン生まれ。1931年に作家デビュー。長編短編
戯曲や伝記も書いたそうです。あー「レベッカ」なら名前を聞いたことある、
というくらいにしか私は知らなかった。
短編それぞれに味わいが違っていて、さり気なく始まって読み進むうちに
がらっと景色を変えられてしまう感じ。すごく上手い。翻訳もいいのかな?
短編なのに、短編だからこそか、一つ読んで世界に取り込まれたあと、しばらく
ほわーっとなって、時間おかないと、という感じで、ゆっくり一冊読んだ。

「恋人」
「ぼく」とい軍隊上がりの若者の語り手が仕事終わりに映画を見に行って、
切符切りをしていた女の子に一目惚れしちゃって、ちょっと不思議な夜を
過ごした翌日、また映画に行くと彼女は消えていた。
実は彼女は連続殺人者だった、みたい。
その彼女ことはわからないままで、取り残されちゃったぼく。初々しく可愛い、
そして幻想的な感じがした。

「鳥」
ある日突然鳥たちが襲ってくる。
田舎のほうで家に閉じこもる一家。理由もなにも不明。最後に救いなんてなくて、
ただただ暗澹たる思いに放り出される。淡々とした不気味さが~。

「写真家」
海辺で休暇をすごす美しい侯爵夫人が、彼女を崇拝する町の写真家とひと時の
気まぐれな愛人関係を過ごす。休暇のあとにも彼女に執着しようとする写真家だが、
彼女にはそんなつもりはない。衝動的に崖から突き落としてしまう。
写真家の姉が、写真を手に、夫人に密かな脅しをかける。
って、二時間サスペンスみたいなネタなんだけど、実に優雅で退屈で、侯爵夫人の
ただ賞賛が欲しいがためにちょうどいい男を人として見てないとか、素晴らしく、
微細な描写を堪能した。

「モンテ・ヴェリタ」
年老いた「わたし」が語る思い出。モンテ・ヴェリタという外国の山。
かつて友人とその妻が消えた山。下界から孤絶したその山にある古い僧院の
ような建物。そこで暮らしているという人々。
ちょっとSFめいたことなのか?と思いながら読んだ。カルト教団のような。
でもこれも真相はわからない。だんだん狂気めいてくる感じのじわじわさが
すごく面白かった。

「林檎の木」
妻が死んだ男が、庭のみすぼらしい林檎の木が妻にそっくりだ、と思い始め、
その影に悩まされる話。神経症的な。
男が語る妻の様子がいかにも辛気臭くてああ嫌だ~と思うけど、使用人たち
の感じからするとそんなに嫌な奥様でもなかったかのような。
読んで実に嫌~な気分に囚われてしまう。上手い。

「番」
ん。結局白鳥の話かー。でも人が白鳥に変わった、って幻想に読んだ方が
いいなーと思う。

「裂けた時間」
ああこれはタイムスリップ、か。事故死で、でもその先で警察だとか住人
だとかに見られて認識されてるみたいで、意識だけじゃなくて実際に?
面白かった。
上流階級の奥様がこうずうっとしゃべり続ける感じ、なんだろうこういうの、
英国だな~~~と思う。

「動機」
幸せいっぱい、もうすぐ子供も産まれるという妻が突然自殺した。その動機を
なんとか探り出すよう探偵を雇ったサー・ジョン。
ブラックは妻のメアリーの過去まで丁寧に調べつくす。
記憶をなくして赤の他人の手にゆだねられていたメアリー。彼女は実は少女の
頃に何もわからないまま妊娠、出産していた。
段々に過去が明らかになっていく。哀しいめぐりあわせ。メアリー可哀想。
知らない方がいいこともあるんだよね。探偵が真相を隠すのがなるほどね
と思った。

|

『機龍警察 自爆条項』上下(月村了衛/ハヤカワ文庫)

*結末まで触れています。


『機龍警察 自爆条項』上下(月村了衛/ハヤカワ文庫)

横浜港のコンテナに不審な情報があり警察と税関が事情を聞きに行ったところ、
いきなり男は隠し持ってた銃を撃った。
貨物船へ向かい乱射。警官隊が突入した時には自らの顔面を撃ちぬて自殺。
密かに運び込まれようとしていたのは、キモノ。機甲兵装だった。

今回もいきなり激しい幕開け。
今回のメイン人物は、ライザ・ラードナー警部。彼女は元IRF。テロリスト。
何故彼女はIRFに身を投じたか、何故そこから離れたかという過去が明らかに
なるお話でした。
アイルランド紛争の現実の歴史からこのフィクションの近未来まで、じっくり
描かれていて、過去篇のほうがすんなり読める。
現在東京のほうは、えっと、イギリスの外交官暗殺計画、その背後関係、
中国の裏社会と中国側の思惑、警察内部での対立、日本政治内部での思惑、
などなど絡んでの刑事事件的なところとパワーゲームみたいなところと、
たっぷりあった。警察内部、上層部に<敵>がいるらしい、という前作から
引き続きのまだ見えない大きな謎もあるようで、煽る~。これいつか完結
するとして、謎の敵がよっぽどじゃないと本投げることになるよー。どんな
駆け引きが今後あるのかすごく楽しみ。

ライザの妹。テロに巻き込まれた妹。登場の瞬間から彼女はきっと死ぬ、と
思ってしまう。それがライザの後悔と死への希求の源。
テロリストの幹部である通称<詩人>のキリアン・クイン。人をテロへと
駆り立てあやつり、彼の真意こそなんだったんだろう。テロリスト内部での
権力争いみたいな感じにも描かれていたけど。どんな組織にも覇権争いは
あるのか。テロリストの意志は理想や革命を掲げてもテロそのものになって
しまうのか。どんな理想や大義名分を掲げても、一般市民を巻き添えに殺す
テロが成し遂げる正義などありはしないだろう。
結局、捕まえたのにキリアンは中国絡みの自爆テロで死亡。これはほんとに
死んだと思っていい、のかな。もうテロリストの本心なんてわからない。
外交官は守り切ったし、ライザは生き残った。龍機兵を奪うという第三の
目的も防いだ。警察にも特捜部にも甚大な被害が出たけど、勝った、か。
しかし特捜部の厳しい状況は相変わらず、かなあ。警察内部での対立って
いうのが難しくて、夏川くんとか由紀谷くんが仲間に憎まれて可哀想で。
すっきりはしないねえ。

テロで家族が犠牲となり、誰よりもライザを憎む鈴石緑こそが、ライザと
心の痛みを感じあえるという哀しい皮肉。だからって分かり合えるわけは
ない。いつか二人の距離間は変わるのかなあ。
日本人とアイルランド人では生きる世界が違いすぎる。。。

クライマックスの機甲兵装での戦いは息詰まる迫力。ここはほんとハードに
アニメで見たい~。かっこよかった。

そしてタイトルにもなっている自爆条項。龍機兵に乗るものは龍機兵を奪われ
そうな時には自爆しなくてはならない、という契約があるという。自分ごと。
兵器を失うよりは死ね、という契約を結ぶからこそ、警察内部から搭乗者を
選ぶことはできず、姿やライザ、ユーリのような外部のプロを雇っていると
いう事実。警察官は公務員で、危険手当やなんかはつくだろうし、上の命令
には服従だろうけど、死ねというわけにはいかない、のか。軍隊じゃないから?
なかなかきな臭いところの微妙な問題なような気がするなあ。
難しい。。。
がっつり読み応えありました。次はユーリのお話になるのかな?ロシアなのか。
すごい楽しみ。

|

『火焔の鎖』(ジム・ケリー/創元推理文庫)

*結末まで触れています。


『火焔の鎖』(ジム・ケリー/創元推理文庫)


1976年。農場に飛行機が墜落。生き残ったのは一人の娘と、赤ちゃん。
それから26年。死の床にあるマギーはある秘密を告白して息絶えた。
それは何人もの人生を狂わせる秘密だった。

シリーズ2作目。
前作ではとっても寒そう冷たそうだったイーリーだけど、この夏は猛暑という
ことらしい。生きるのに厳しそうな土地だなあ。

ドライデンの妻、ローラ。コンピューターにわずかな反応を伝えて、
アルファベットを綴るほとに意識がある、回復ってことになってて、その
意味不明な中にあるわずかな意味を成す単語がヒントになったりしてて、
ローラをこんな風に物語に参加させてくるのかと感心した。
ローラと同じ病室にマギーがいた、ということで成り立つのね。

赤ちゃんのすり替えによる人生の狂い。愛し合ったのに兄妹かと悲劇の中に
突き落とされるとか、信じてきた祖国のための働きが崩れ去るような思いに
なってしまうとか、もうほんとマギーの罪で子供たちが大変な目に。可哀想。

現在の、デートレイプポルノとか密入国の労働者問題とか、異常気象な暑さ
とか、ドライデンが追いかける事件はいくつも平行して、絡み合ったりそれ
ぞれに片付いたり。ドライデンがガンガン動き回るので、やっぱりなんか
時間の感覚がつかみにくい。挿入される過去エピソードは字体も変わるし章の
変わり目だから混乱はないんだけど。ドライデンがどこにいるんだ、と、
掴みづらいのは、うーん。私がしっかり集中して読まないからだろーか。

ハンフがやっぱり専属運転手で。タクシーと一体化してるかのよーで、かなり
臭いよーで、なんか。なんか。なんか、どーなの! すごくいいキャラで好き
なんだけど、臭いのは嫌だよ!(笑)

事件は次々起こるし、火事になるし、ドライデンは今度は火傷をおってしまう
し、派手そうな出来事があるんだけど印象としてはクール。よくわからない
所に連れまわされてなんとかついてって、最後でやっとわかった、と思える
感じ。面白くて一気読み!というタイプの小説じゃあないねえ。

リンドンの自殺、エステルのほうが実は殺したんだ、ってことを秘密に
しておくとか。ドライデンは刑事じゃないし杓子定規な正義を振りかざす
ことはない。

リンドンが自殺を選んだ家が実はローラが密かに用意していた二人の家、
ということで、ドライデンがいつも持っていた鍵がその場の鍵で間一髪
逃げられた、ってゆーのは~そんなのありか、と思わなくもなかったけど。
じわじわと、面白かったです。

|

『水時計』(ジム・ケリー/創元推理文庫)

*結末まで触れています。


『水時計』(ジム・ケリー/創元推理文庫)

イギリス。沼沢地。川に沈んだ自動車が引き上げられる。当初無人と思われた
車だったが、そのトランクに、男の死体があった。

フィリップ・ドライデンは地方新聞の記者。いつもタクシーで移動している。
運転手はハンフ。いろんな言語をマスターするのが趣味。
二年前事故にあい、妻はその時のショックで眠り続けたまま。
小さな町で発見された死体。続いて大聖堂の屋根で発見された古い死体。
ふたつの死につながりはあるのか。

「現代英国本格ミステリの傑作」だそうですが。
読みにくかった~。時間の感覚がつかみづらかった。。。明るさがわからない。
なかなか集中して読めなかったからな。

タクシー運転手のハンフがなんかいいキャラな感じ。
ドライデンは自分たちの事故の真相を探りたくてスタッブズ刑事に取引を
持ちかけ、今の事件を探り犯人にせまる。
新聞記者として淡々とこまごました事件の取材に出かけて行ったりして、
それが事件解決につながっていくのが最後にはわかる。けど、途中はなんだか
よくわからないなーとひっぱりまわされる感じがする。私の理解力が足りない
んだと思う。途中でいろんな出来事があるけど、そういう日常につきあう
感じがなんだかよくわからない感じがした。けど、読み終わると無駄ってわけ
じゃないのね、と納得はする。
ドライデンに実は危機が迫るとか、ハリウッド映画なら大いにハラハラを
煽りそうなことがあるなーと思うんだけど、読んでいる印象としてはわりと
淡淡としてる。撃たれたりするけどアクションシーンだ、って感じじゃない。
これも私のが集中力なく読んでたせいかなあ。んー。でもたぶん英国の冬、
って感じのトーンなんだと思う。

この本のリアルタイムとしては11月の一週間。しかし30年ほど昔の
未解決だった強盗事件と、ドライデンの二年前の事故のことと、ドライデン
の子供時代のトラウマがあったりして、重厚な時間がある。
ずっと冷たい湿気、凍える水の中、曇り空、という世界にいる感じで読んだ。
陰々鬱々としてしまうんだよー。寒い。
そして洪水。
水に浸かる感じが怖い。私が体験したことがあるわけじゃないけど。。。

つまりは30年前の事件が今になって、ということかー。建築会社のネネが
犯人の一人で今回の犯人。悪いことすると後々まで大変ですね。せっかく
名士として認められそうなだったのに。
ドライデンの事故の原因になったのはかつての警察副署長。酷い。。。
ローラが目覚めるときはくるのかな。
ドライデンは最後には冷たい水の中から救われた。
いつか救いがあるといいな。

|

『機龍警察』(月村良衛/ハヤカワ文庫)

*結末まで触れています。


『機龍警察』(月村良衛/ハヤカワ文庫)

機甲兵装。人が乗り近接戦闘する兵器。
不審者がいるという通報で出向いた警察の前に現れたのは機甲兵装だった。
警察側に甚大な被害を出してなお逃走した犯人。
警察の中に新たに設立された特捜部は新型機を持っているが、特別であるが
ゆえに、警察内部で異端視され嫌われていた。犯人を追い、次のテロを防ぐ
べく特捜部ゆえのルートを使ってさらに広がる背後の闇にせまる。

近未来。機甲兵装は、イメージするのはパトレイバーですねえ。特捜部の
新型、は、パイロットと神経つながるみたいで、これはエヴァな感じ。
先日、吉祥寺に実物大レイバーが!ってイベントがあって、私は写真見た
だけだけど、警察が周りを警備して人ごみ整理してたりする中に立つロボット
の感じが、ああ、まさに近未来でパトレイバーがいる世界だ、って思った。
あの雰囲気痺れる~。この小説もそういう間近なリアルな感じがあると思った。
その、機甲兵装でのバトルはアニメっぽいし、アニメで見たい~と思う。
文章でのスピード感がイメージに追い付かない。

警察内部の異端部門、特捜部。そこで雇われで刑事の身分になっている凄腕の
傭兵姿警部とかロシアの元警官ユーリとか、テロリストであったライザとか。
彼らをまとめる沖津。警察内部での軋轢や地道な捜査していくところは
しっかりキャラ立ちの漫画っぽさとハードな警察小説とが両立してる感じが
する。面白かった。
柔道刑事な夏川と、とっても美形らしい由起谷刑事コンビもいいな~。
うまくアニメ化とかマンガ化してくれたら見たいと思う。ビジュアルや動き
が見える感じが面白い。

姿警部が主人公といっていいかなあ。群像劇だけど。一応メインストーリーか。
犯人側の王兄弟との因縁とか。最後には追いつめて兄弟ともに殺してしまう。
プロの傭兵。一流の兵士。かっこいい~。
一つの事件は終わったけれど、警察内部の闇がありそうだったり、まだ序章
って感じかもしれない。欲を言えば、特捜部以外の警察側の人間に魅力が
足りない気がするな~。そんな単純に従来の警察はダメだ、って感じのままで
いてほしくないなー。

著者は脚本家だそうで、これで小説家デビューとのこと。
著者紹介でいろんな脚本書いてた作品の中に、「少女革命ウテナ」が!
ウテナの本書いた人の中の一人かあ。ということで私の中の好感度が勝手に
急上昇。
続きも読もうと思う。

|

映画「チョコレートドーナツ」

*結末まで触れています。


映画「チョコレートドーナツ」

ルディはゲイバーで女装の口パクで踊るパフォーマー。ある夜バーにやって
きたポールとお互い一目惚れ、ポールはルディに名刺を渡す。
ルディの隣人はいつも大音量で音楽かけている女性。息子がいるが放置され
彼女は薬物不法所持で捕まってしまった。
家庭局が少年、マルコを連れていくが、ルディはその子をほおっておけない。
弁護士のポールに助けを求め、二人はいとこということにして、マルコを
引き取る。ダウン症であるマルコにあった教育を受けさせ、マルコのために
心を配り家族として暮らす。
だが、彼らがゲイのカップルであることで、マルコと引き離されることになる。

同性愛への差別と偏見が、良識ある立派な大人であるはずの人の中でも
当然のものとしてあった。1979年。もう当然、同性愛者にだって人権を、
という運動はあっただろうけれども、改善はされてない頃、か。
この街はどこだったのか確認してないけど、カリフォルニアなんかでは
同性愛者の人権問題なんかも認められつつあったけど、他ではまだまだ、って
感じみたいな頃。

ポールはカミングアウトの勇気はなく、それでもルディと暮らしてマルコと
家族になっていく。大きな仕事を任されそうになって順調、と思われた時に、
バレてクビ。
ルディはマルコを取り戻すためにまともな仕事とみなされないであろう、
ゲイバーのショーをやめることになる。
同性愛者だというその一点で、そんなにも差別されてしまう理不尽。
マルコの実の母であるというただそれだけで、無条件に保護者とみなされる
その理不尽。ジャンキーでマルコの世話なんてしなくて、自分が男とやる間
邪魔なマルコは外に出てろというのに。

ポールは生真面目堅物、という感じで努力して仕事でも有能さを発揮して
いたというのに。間違いなく立派な大人、と見られていた。
ルディは、まあだらしないし貧乏でもあったけれども、マルコへの愛情に
偽りはまったくなく、見返りも求めずただほっとけない、大事にするという
気持ちに行動に嘘はない。
二人は立派な親だった。
学校の先生や、聞き取り調査にきてた家庭局の人? なんか一見気難しそう
な女性にもちゃんといい親だったと認められてる。

最初にマルコを引き取る時、家に部屋を用意して、ポールはおもちゃも
いくつか並べてみてて、マルコに気にいってもらえるかと心配してた。
ここが僕のうち。と、聞いて、嬉しくて、と、泣いたマルコ。
嬉しいって泣くのを泣けばいいよ、ってすぐ抱きしめるルディ。三人は
本当に思いやりもって家族になれていたのに。
マルコにきちんとした教育を。
マルコに誕生日のケーキを。
マルコと一緒に出かけて笑ってハグして。

マルコはドーナツが好きなの。
ポールはドーナツも買っていて、チョコレートドーナツだよ、ってあげる。
夕食にドーナツなんてよくない、って心配するルディ。たまにはいいさ、って
いうポール。
三人が家族になる最初の夕食はそんな風だった。

マルコは施設じゃなくて、そんな二人の下で成長していく、幸せに育って
いくチャンスがあったのに、ルディとポールが同性愛関係であるというだけで、
だたそれだけで、彼らとマルコと、両方が家族でいたいのに、引き離す裁判所。
どうして認められないのか。同性愛者であることの何が悪いのか。
育児放棄してたジャンキーの母親のもとに戻すことがマルコの幸せになるわけ
ないのに、そんなのわかりきってるのに、どうして認められないのか。
ほんとうに酷い。

ルディは、夢であった歌手としてささやかなデビューを果たす。
女装の口パクじゃなく、自分の声で歌うルディ。
だけど、マルコはもういない。

ポールから裁判官や相手側の弁護士たちに小さな新聞記事が届く。
マルコという少年が、家を探して3日間彷徨い、死んだという記事。
マルコは賢い少年でした。笑顔で周りを明るくしてくれる少年でした、
という手紙。
マルコがよりよく生きるチャンスはあったのに、なんの意味もない差別と偏見で
潰されてしまった家族の幸せ。

私はただただ泣くしかない。この当時より、世界は少しはよく変わったと
信じたい。泣いて泣いて映画を見終えて、これ書きながら今も泣いて、世界に
なんの意味もない差別があったことを思う。それから少しはよくなったと
信じたい。自分は差別はしたくない。されたくもない。
きっと差別や偏見は私の中にもある。あるけれどでも、何か大事な時に、
絶対におおざっぱなレッテルなんかで見たり決めたりしたくない。
一人ひとり、目の前の大事なことに向き合いたい。
世界はよりよく変わる、変えていけると信じたい。
凄い映画でした。

|

« April 2014 | Main | June 2014 »