« 『ROMES 06 まどろみの月桃』(五條瑛/徳間文庫) | Main | 『陶酔』『エロティック』『月夜ばかりじゃないぜ』『太陽の恋人』 »

映画「ホビット 竜に奪われた王国」

*具体的内容、結末まで触れています。


映画「ホビット 竜に奪われた王国」

ドワーフの王国を取り戻す戦いの旅に出た一行。オークに追われ、エルフの
森へ逃げ込む。その前にガンダルフは別の場所へ向かい、はなれ山の前で
会おうと約束して別れた。
森で巨大な蜘蛛に襲われ、危ういところをエルフに助けられたが、そのまま
エルフに囚われてしまう。ドワーフを嫌うエルフの王。しかし、自分たちの
王国さえ守ればいいという王に反発して、逃げ出して傷ついたドワーフを
追って、エルフの戦士タウリエルは森を出た。さらにそれを追う王子レゴラス。

ガンダルフは闇の勢力が増していることに気づき、一人闇と対峙する。

ドワーフの王国に辿り着いたビルボたち。地下に眠る竜を起こさぬように、
秘宝の石を取りに行くビルボだったが、竜に見つかる。
なんとか戦い、竜を倒そうとするドワーフたちだったが、竜は飛び立ち、
ドワーフに協力した人間の街へ向かってしまった。

て感じで、三部作の真ん中、次回へ続く! という大変だー、という所で
終わってしまって、嗚呼もう~~~どうなるの~~~早く続きを!!!って
なって帰ってきた。また来年の春まで待つのか。うるる。続き見たいよー。

レゴラスが登場! とはいえ、ゲスト程度かなあと思っていたけれど、結構
いっぱい出てるねえ、と思った。レゴラス無双ですよ!強い!かっこいい!
王子ってことでいっそうクール!
タウリエルという、戦士の女の子のことがちょっと好きかもよ、みたいな
感じで、ついていっちゃうんだけど、タウリエルはイケメンドワーフの
キーリに恋しちゃってるのよね。なんなのキーリのイケメン力は!捕まって
牢の格子ごしに、ちょっとお喋りしただけじゃん!一瞬でおちちゃって
いいの?タウリエル! レゴラスじゃ身分違いだしぼんぼんだからヤなの?
レゴラス強くてあんなにかっこいいのに、ちょっと可哀想と思ったよ。
えのエルフの王様もなー。自分たちさえよければいい、ってのがヤな感じで。
それじゃあダメだ、ってことなのかレゴラス。
指輪のときには違う王だったっけ。忘れた。。。違ってた、と、思う、けど
どうかな。んー。

ビルボが指輪を何度か使って、姿を消して窮地を脱する。
そんなに指輪を使ったらダメだよ!とすごくハラハラする。あああ~。
だんだん指輪の魔力に魅入られていってしまう~。でも使わなきゃピンチ
だし~~。すごくドキドキハラハラでうまい。

竜のスマグウは、ベネたんが声をやって、表情や動きなんかもベネたんが
やったのをとって作ってるそうで。
そーいや顔が似てるかなあ、なんって思いながら見た。
ビルボががんばってしゃべったら、結構お喋りにのってきて、いきなり
ぐわー!って火を吐いて殺すとかじゃなくてびっくり。そんなにしゃべる
んだ。むしろ退屈してるとこにビルボがきて話し相手になってよかったね、
て感じ。可愛い。
まーこれは、私が、シャーロックとジョンが!^^なんて思って見ている
せいもあるとは思うけれど。

3Dじゃなくて普通の字幕で見た。あの、最後、竜が溶けた鉄?黄金?を
浴びて、そこからまたキラキラと飛び立っていくシーンがほんっとーに
素晴らしくうつくしくて感激。感動。3Dで見たらもっと迫ってくるんだろ
うか、と、ちょっと残念に感じたかも。でもふつうに見ただけれでもほんと
素晴らしかった。いいな~。
竜の鱗とか、目の瞬幕? の感じとか生々しいのが素晴らしい。
スマグウが、まいぷれしゃーす、って言った、と、思う。ううう嬉しい。
ゴラムがいないからな~。

ドワーフの次なる王だ、つートーリンが、今いち自己中で冷たくて、この
ままでは駄目王だろうなあという感じ。旅の終わりには立派な男になるの
かしら。きっとなるんだろうなあ。

ガンダルフは、相変わらず人を焚きつけといて別れて行っちゃってヒドイじゃ
ないのと思う(笑)
闇の勢力偵察とかに行ってるの? はっきり理解できなかったけど。
サウロンと対峙したときにはぞくぞくきた。あーサウロンきたー!!!って
思ってわくわくしちゃって。
なんかすっかり捕まっちゃったけど、大丈夫なのか。ドワーフたちのところ
にちゃんと戻ってくるのかなあ。困ったもんだ。

アクションたっぷりで、レゴラスかっこよくってとっても面白かった。
たぶん原作の小説より、映画ろーどおぶざりんぐに繋げる感じでオリジナル
要素がけっこう入っているらしい。原作まだ読んでないからわかんないけど。
映画的見応えとしてとても面白いと思う。
壮大なスケールの画面いっぱいでもあったし、3Dのほうがよかったのかもなあ。
でも3D眼鏡辛いもんなー。悩ましい。

次まで一年待つしかないんだよねえ。ああ早く見たい。
全部完結したら、ホビットも原作読みたい。
映画も、ホビットから指輪まで一気見とかしてみたい。凄い映画化だよねえ。
楽しい。

|

« 『ROMES 06 まどろみの月桃』(五條瑛/徳間文庫) | Main | 『陶酔』『エロティック』『月夜ばかりじゃないぜ』『太陽の恋人』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事