« 『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り』(坪内祐三/新潮文庫) | Main | 2013年のまとめ。 »

『影の巡礼者』(ジョン・ル・カレ/早川書房)

『影の巡礼者』(ジョン・ル・カレ/早川書房)

英国情報部の新人研修の初等コース最終日に、ジョージ・スマイリーに講演を
依頼する。
ネッドはそう思い立ち手紙を書いた。意外にも承諾の返事が届き、伝説のスパイ、
スマイリーは若い研修生たちを魅了して語った。同時に、ネッドも自身のいくつかの
忘れがたい仕事を思い出す。

ということで、回顧録のような一冊。章立てはないけどスマイリーのスピーチに
触発されてネッドがある事件を思い出す、という感じで短編集のような感じ。
まだ新人だったとき、大事な親友だったベンが消えて疑いがかけられたこと。
ジョーと呼ぶ情報提供者、協力者とのかかわり、その恋人ベラとの情熱のひと時、
年を経た役立たずのジョーのテオドル教授がパスポートを得るための茶番に
付き合ったこと。
引退した伝説のスパイ、スマイリーが先導者であったネッドの半生もまた華麗とは
いわないまでも、駆け引きと疑いに満ちたもの。冷戦が終わる、という時、彼らの
時代は終わった。それでも諜報活動は決してなくならない。
スマイリーは「これでおわる」。若者たちに道をあけて。もう引きずり出してくれ
るな、と、振り返らずに去る。
ネッドもまた引退。いろいろあった妻とも穏やかな関係を築き直し、庭の手入れの
心配をする。
終わりなんだ。
 
この本、1991年刊行。『スマイリーと仲間たち』以来、11年後のものだそう。
スマイリーがまた登場するのがあるのか、と、つい先日知ってどきどきして読んだ。
ここしばらく本を読む気力がまったくなくなっていたのだけれども、これはもう~
痺れる。好き。どんより寒い冬空の中で読んだのも雰囲気ぴったりなのかもしれない。
仄暗いヨーロッパ。寒い。
ピーター・ギラムくんもほんとにちらっと、ちらっとは登場。元気かー。
職をまっとうするのかなあ、という感じで、よかったね、と、いっていいのかどうか。
主な語り手のネッドは『ロシア・ハウス』でご活躍? それも読んでみるかなあ。
スマイリーが終わった、と思ったあと、しばらくル・カレはいいや、と思っていた
けれども、読むとやっぱりすごい好き。淡々としてるし地味だ。淋しい。だけど
読み終わりにはこの上ない満足感がある。スパイ、いいなあ。

ビル・ヘイドンがいたころのこともあったりで、胸が苦しく思いながらじわじわと
読んだ。く~~~。
それからその<崩壊>直後な感じもちらっとあったりして、ああああ~と思う。
濃厚な同性愛の雰囲気も堪能。まるっきりそっけないのに、それがたまらなくいい。
私、気持ち集中させるところ間違ってる(^^; でも素敵すぎる。
つまんないなあとかもどかしいわあとか、やっぱり読んでいる最中にはそうも思う
のに、なめるようにハアハアじわじわ興奮もする。変態にならざるをえないル・カレ
の小説凄い。

|

« 『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り』(坪内祐三/新潮文庫) | Main | 2013年のまとめ。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『慶応三年生まれ七人の旋毛曲り』(坪内祐三/新潮文庫) | Main | 2013年のまとめ。 »