« 『愛とは言えない』3、『極道はスーツに刻印する』 | Main | この夏の終りに »

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」

*ネタバレ、かな?


映画「ウルヴァリン:SAMURAI」

終戦間際の長崎。ローガンは日本軍の捕虜となっていた。原爆が落ちるその時、
捕虜を逃れさせた矢志田という青年を、逆に助けた。
それから時は流れ。
ローガンを探してきた、という少女と共に日本へ向かう。矢志田が病にかかって
おり、恩を返したい、別れを告げたいというのだ。
日本で巨大企業をなし莫大な権力を有しているらしき矢志田の屋敷。
瀕死の彼は、ローガンの治癒能力をくれ、その代わりに死の安らぎを与えると言う。

てことで、ウルヴァリン。X-MENシリーズは、私は詳しくなくて、テレビで
やっているのをちらほら見る程度。この映画の中で、ウルヴァリンはジーンを
死なせてしまった後悔の中にいるようなんだけれども、えっとー、時系列が
よくわからない。

ウルヴァリンが日本で捕虜みたいになっいてたのも謎だし、お話は何がなんだか
えーとー、どうなってるんだかよくわからない(^^;
ニンジャがいるぞ! とか、ヨシダの権力つーか、医療?そのハイテクっぷりは
一体!?この映画の時点の時間はいつなんですか?夏なのか冬なのかもわからない!
新幹線はずっと人身事故ゼロなんだからやめて! とか^^;。

すごくヘンなニッポン、未来なのかなニッポン???ウルヴァリンて、時をかける
少女みたい、時をかけるおっさん?みたいなことになってるの? 不思議。
でも、ウルヴァリンて、米軍だかなんだかの、人体実験で生み出されたミュータント
なんじゃなかったっけ?もともと特殊能力あったのを実験されたんだっけ。。。
あの不死身、不老不死、その研究が完璧すぎじゃね?たまたまの偶然でもう再現
できないんだったっけ?? ちょっともう、わかんなーい。
まー、未来不思議ニッポンな感じもいろいろ、アメコミっぽい、と、思うしかないか。
(アメコミ全然詳しくないのであくまで個人的イメージとして)

で、まあお話はいいや。
ということで、新幹線でのアクションシーンはやっぱすっごいヒヤヒヤハラハラ
したし、ウルヴァリンの治癒能力が弱められていて、傷が治らなくて、よろよろ、
疲れきっていくローガンとかセクシーでいい~。
真田広之が! 役柄はヘンだけどー、やっぱセクシー!かっこい~!いい声うっとり。
ウルヴァリンとの戦いも迫力あってかっこよかった。さすがの剣技!もっともっと
見たかったよー。宣伝のときは、二人の絡みがもっともっとあるのかと思ってた。
もっと見たかった~。

ローガンを迎えにくる少女、(少女、というかヤングレディな)ユキオちゃん。
何故ユキコとかユキヨとかじゃなくて? と思うけど、まあ、赤い髪で衣装も技も
とってもアニメっぽい。しかし、彼女、顔がこわい。。。骸骨めいていて私はとても
こわかった。。。なんでこう、ハリウッド映画で見る日本人はどうにも怖いのか。。。
日本人じゃない日本人キャストもいたけど。ヒロインプリンセスなマリコの
幼馴染?ハラダとか。ニンジャ。。。
日本人たちこわかったよ。。。不気味の谷、って気がしてしまうー。
でもそんな中でもやっぱり素敵な真田広之って素晴しいなあ。

最後には、あのハゲが迎えたっぽい。時系列が私にはほんとわからん。。。
ジーンと出会うのってあのハゲたちと仲間になったあとだったんじゃないっけ?
ハゲ死ななかったっけ?ちがったっけ?わからん。。。。

でも、ま。
楽しかったよ!

|

« 『愛とは言えない』3、『極道はスーツに刻印する』 | Main | この夏の終りに »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『愛とは言えない』3、『極道はスーツに刻印する』 | Main | この夏の終りに »