« 『英語と英国と英国人』(吉田健一/講談社文芸文庫) | Main | 『愛とは言えない』4、中原一也、極道シリーズ »

『チャイルド・オブ・ゴッド』(コーマック・マッカーシー/早川書房)

*結末まで触れています。


『チャイルド・オブ・ゴッド』(コーマック・マッカーシー/早川書房)

レスター・バラードは家を失った。
森の奥の小屋のようなところに住んでいたが、そこも火事でなくなった。
人付き合いなどまともにできないレスター。
洞窟の中に住み始めた彼は、或る時、死んだ娘を見つける。

この作者のを読むのは初めて。凄惨な犯罪、連続殺人、という小説だと
思って読み始めたら、なんだろうこれは。ミステリってわけじゃない。
訳者あとがきによると、モデルの実際の事件はあるそうだれけれども、
ノンフィクションというわけでもない。ごく短い場面の積み重ねで、
情景描写というか、外側を見る淡々とした文章。レスターの孤独だとか
犯罪重ねていく心情とか何を考えているのか、わからない。
描写も緻密ってわけじゃない。余白の多い紙面。

何度かためらいつつも、死んだ娘を死姦して洞窟に持って帰って、
やがて娘を見つけると殺すようになって、そして。結局死体は七つ
見つかったという終り。
なんでバラードはジョン・グリアーを撃ちに行ったんだかよくわからない。
一度は逃げ出しながら、結局病院に戻ったのもよくわからない。やっぱ
片腕失って体が辛かった? あのまま洞窟の中で死ぬのは厭だったのかな。

もっと緻密な、それこそカポーティの『冷血』みたいなのかなと思って
読んだので、なんだろうこれ?なんだろうこれ? と、ずっと不思議な
感じがした。
おぞましいしずっと泥の中を這いずり回るような汚れの中だと思うのに
感情ってものがすっかりそぎ落とされていてなんだか畏怖の念が起こる。
こわいけど凄いけど、でもものすごく厭だ。

著者は「現代アメリカ文学の巨匠」だそうで。文学なのかあ。
文学なのかなあ。

|

« 『英語と英国と英国人』(吉田健一/講談社文芸文庫) | Main | 『愛とは言えない』4、中原一也、極道シリーズ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

I dο ոot know whether it's just me or if perҺaps everyoոe else eոcountering isѕues with your blog. It appears ɑs if some of the tеxt within your posts are ruոning off the ѕcreen. Can ѕօmebody else please comment and let me know if this is haρpening to them too? TҺiѕ could be a issue with my web browser because I've had thiѕ happen before. Thank you

Posted by: Filmaffinity | April 14, 2014 at 06:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『英語と英国と英国人』(吉田健一/講談社文芸文庫) | Main | 『愛とは言えない』4、中原一也、極道シリーズ »