« あまちゃん、おしまい。 | Main | 『愛とは言えない』3、『極道はスーツに刻印する』 »

『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』 レビュー『Fantastic Energy!』

9月26日に、東京宝塚劇場行ってきました。

*具体的内容、結末まで触れています。


『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』 レビュー『Fantastic Energy!』

ルパンは、ルブランの、発見された原稿!とかって最近出た『ルパン、最後の恋』
が原作とのこと。本は出た頃に喜んで読んだ。ルパン大好きなんだよねー。私の
初恋は怪盗紳士ルパンだったと思う。で、読んで、正直、発売しないままの方が
よかったんじゃないの。。。という気はした。もう子どもの頃のようには読めないし、
文章としてものりきれない。うーんーー。
そんな印象だったので、タカラヅカでやるって、どうなるんだろうと興味深々だった。

オープニングには、タキシード、マント、シルクハットにモノクル白手袋!のルパン。
マントのダンスはいいよね~。好き~。きゃ~~!
てことで、始まってみればとってもかっこよく面白く見られました。
お話も、ルパンが回想として、そばにいるルブランに語って聞かせる、ということで
整理ついてわかりやすくて、ぎゅっとコンパクトにまとまっていて、本で読んだより
ヅカの舞台のほうが面白かった。

英国情報部が出てきたりして、でもなんかそれヘタレでイヤだったんだけど、舞台だと
まあまあいいかなーと。フランスと英国っていろいろあるよね、となんとなくニヤニヤ。
ヒロイン、カーラは素敵にヒロインしていたし、一人苦悩するルパンも、控え目で素敵。
もう俺の人生に巻き込んで女を不幸にしてはいけない、ってねー。まったくもー。何人
不幸にしてきたんだよ、と、いろいろ昔読んだ小説を思い出してみたり。ほんと子ども
の頃に読んだけなのに、それなりに思い出せる感じ。子どもの頃の私よ、ちゃんと記憶力
があったんだね。。。(今はもうない。。。)

オックスフォード公、次期英国国王候補かも、という彼の従者のカーベットが、実は
密かにカーラを想っていて、ってことで誘拐!しかし危機一髪で駆けつけるルパン!
いい~。しかしカーベットを撃ったのは英国情報部の、えーとー、名前忘れた。密かに
操っていたのは英国情報部? まあ、そういうのは適当な感じで。。。
そー。本を読んだ時、今、英国情報部大好きになってる私としては、なんだかどうにも
その扱いが腑に落ちなくてしょんぼりしてしまったのだった。

カーベットをやってらっしゃる方、沙央くらまさんか。好きになった~。声の感じが
素敵で、憂いの感じがよかった。

最後には、カーラの恋に負けて受け、自分の恋ごころも打ち明けて入れるルパン。
まあ、ほんとに最後の恋にして幸せになっておくれ。

華麗な舞踏会シーンもあるし、ルパンの陰影をしっかり描いてもいたと思うし、
よくまとまっててさすが。あの本をこんな風に舞台にするんだなあ。
結構笑わせるシーンもあり。ガリマール警部と予審判事コンビね。予審判事を女性に
してああいう風に使ってるの面白い。
見に行けてよかった。楽しかった~♪

そして、レビューは『Fantastic Energy!』
たーっぷり!すっごいカラフルな始まり!華麗!キラキラー!きゃ~~~!
薔薇のシーンは本当にきれいでかっこよくてうっとりしました。

そして、スペシャルアフロデーだった! ある一場が始まって、そして。
うん、なんか、みんなかっこよく踊ってるけど、みんなアフロで。えええ?こ、こういう
もんなの?と不思議だったんだけど。トップさんが最後に登場しても、超カラフルデカアフロ。
それでキメキメにかっこよく歌い踊るの。
ややデカアフロの人だなーと思ってたら、二重にかぶってて、黒い下に真っ赤アフロだったの。
笑った~。
終っての挨拶の時に、スペシャルアフロデーというのは、月に1,2度あるかないかの貴重な
お遊びデーだそうで。そうなんだ~と納得。

キラキラのダンス、歌を堪能~。ラインダンス、大階段。ほんとにほんとに、素敵!
かっこよくってキラキラで華麗ゴージャス可憐うつくしく、隅々までプロフェッショナルな
夢の舞台だよねー。タカラヅカ最高~。楽しかった!

|

« あまちゃん、おしまい。 | Main | 『愛とは言えない』3、『極道はスーツに刻印する』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あまちゃん、おしまい。 | Main | 『愛とは言えない』3、『極道はスーツに刻印する』 »