« 『特捜部Q-カルテ番号64-』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 『女王陛下の魔術師』(ベン・アーロノヴィッチ/ハヤカワ文庫) »

映画「欲望のバージニア」

*結末まで触れてます。

映画「欲望のバージニア」

1931年。禁酒法時代のアメリカ、バージニア。密造酒を売りさばく
ボンデュラント三兄弟。長男ハワードは戦争で部隊の中で一人生き残り、
次男フォレストは猛威をふるったスペイン風邪で両親が亡くなった中一人
生き残った、不滅の伝説の兄妹。三男ジャックは度胸のない子供扱いの
末っ子だ。
新しくやってきた取締官。特別補佐官はことさら嫌味ったらしく敵対する。
密造酒作りの仲間が次々と新しい役人の手下となる中、ホンデュラント兄弟
だけは特別補佐官レイクスと対立する。

原題は「LAW LESS」みたい。欲望の、とか言っちゃうよりはずっとわかる。
取り締まるための役人も、密造酒作りのほうも、もーどっちもとにかく力!
人間て動物なんだよなあ、と思った。とにかく力! 殺される前に殺せ!撃て!
殴り合いじゃなくて、銃なんだよなー。アメリカってこんなだったりしたから
銃社会なんだなーと。映画なんだけど。でも実話に基づいています、ってこと
らしい。三男ジャックくんが回想記みたいなの書いたりしたのかしらね。昔の
話だ、っつっても、そーとー酷いので、大丈夫なのかと心配してみた。

末っ子へタレな三男ジャックが、一人でもお兄ちゃんたちに負けずに商売広げて
稼いでみせるもん! とがんばっちゃったり調子にのったりしたあげくに大惨事、
って感じ。おいおいおいおい、何やってくれちゃってんだジャック!と、まー、
お話的には、凝ったひねりとかあるけでもなく、もーほんっと、力争いだった。
不滅伝説のフォレスト、喉切り裂かれて生きてるとか、ラストあたり銃弾何発も
あたったのに生きてるとか、まじか、という不死身っぷりでまいった。それでも
平和な時代になった最期には肺炎であっさり死んでしまった、ってさ。
この映画の時代の異様な圧力、たぶん社会全体の異様な喧騒の時代っていうのが
なんかあるんだろうなあと思う。ギャッツビーも同年代だ。

ジャックのヘタレな感じとか調子に乗っちゃって、な感じとか、シャイア・
ラブーフ、よく似合ってたと思う。三兄弟みんな、女遊びとかはできない感じ
とかがちょっと可愛い。死なないタフガイなのに女には手出しできないの。
その辺が一応潔癖な感じかなあ。
一応法の側のレイクスとかが金と女に汚いほんっとクソな奴で身だしなみに
こだわりつつもたいへんキモチワルイ。殺されちまえー!となるんだけど、
でもなあ。ギャング同士ってわけじゃないんだけどいいのか? と、なんとなく
すっきりはしない。
法の及ばない田舎でのくそみそな抗争って感じか。こわいんだよねそういう
無秩序さが。
ラストでは「今は静かなもんだ」って、三兄弟それぞれ結婚して子供がいて
平和に暮らしてるっぽいんだけど、なんか、なんか、それ、昔はワルだったぜ、
ってレベルのことじゃないよーなことだったじゃん! とつっこみたい。
でもまあ、映画なんだし回想だとしても話盛ってるかもしれないし、いやでも
もっとひどかったのかも?? 微妙な気分がやや残る。
まー細かいこと気にしなければいいんだと思うけど。

出番がほんのちょっとだけだったけど、本物のギャング(?)なフロイド・
バナーが、ゲイリー・オールドマンで、登場からめっちゃくちゃかっこよくて
痺れた。かっこいい車から降りたらいきなりマシンガン持ってドガガガガガガ!
と撃ち殺してさらっと去っていった。すごーい。淡々とクレイジー、みたいな
迫力はさすがです。

男たち渋くかっこよかったし、運命の女みたいなのもステキだった。
面白いのかなあどうかなあと思って見に行ったけど、満足した。

|

« 『特捜部Q-カルテ番号64-』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 『女王陛下の魔術師』(ベン・アーロノヴィッチ/ハヤカワ文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『特捜部Q-カルテ番号64-』(ユッシ・エーズラ・オールスン/ハヤカワポケットミステリ) | Main | 『女王陛下の魔術師』(ベン・アーロノヴィッチ/ハヤカワ文庫) »