« 『百鬼夜行 陽』(京極夏彦/文藝春秋) | Main | 『迷子のカピバラ』(秋月祐一/風媒社) »

映画「グランド・マスター」

*ネタバレしてる、かな?


映画「グランド・マスター」

イップ・マンの一代記。ブルース・リーの師である彼は、様々な流派の頂点を
極め、武術家として生きる。 

ウォン・カーウァイ監督作品。もーそれしか言えないって感じに監督作品。
カンフー映画、ってわけじゃないなあ。カンフーでの戦いのシーンはとても
うつくしくかっこよくよかったけど、カンフー映画じゃないよなあ。

主演、トニー・レオン。カンフーシーンもうつくしかった。
でも、ただ黙って立っている姿。だまって見つめている姿。あの目。そういう
のが実にうつくしかった。
武術家として生きる。日中戦争?で生活はろくにできなくなる。子どもを
餓死させてしまう。ただ、それでも、彼は武術家だった。
かつて戦ったルオメイ。ゴン家の跡を継ぐ彼女のことが忘れられずにいた。
ルオメイもまた。
しかし、二人の間にはなにもない。戦ったことがあるということ。見つめあう目。
 
チャン・ツィイーが、ルオメイなわけですが、彼女はほんとうに本当に、
綺麗だ。清らか、というのかなあ。無表情なのに可憐。カンフーシーンも
実に見事にうつくしかった。凄い。
最後にイップ・マンに会うときだけ、真っ赤な口紅してるのよ。綺麗だった。
二人がふれあったのは、戦いのときに交えた手や足のさばきだけ。
なのにねえ。
きれいだった。

雨の中の戦いとか。スローな水。うつくしい動き。マトリックス?みたいな
映像~と思ってしまったけど。
シーンごとにはほんとうに、溜め息もののうつくしさで。
でも全体としてはなんか単調だし正直眠たいーとなったけどねえ。絵のような
映画でした。

あと、カミソリ。彼は一体なにー。こわかった。すごくかっこよかったけど。
白薔薇理髪店ってのやってたみたいなんだけど、でも、あ、あんな迫力の
こわもての人ばっかで、あぶなっかしくて怖すぎて髪とか切ってもらえないっしょ。
髭剃りとか無理すぎるぅ~。こわい~(笑)

シーンごとには、印象的にうつくしいんだけど、全体的にはぼんやりした感じ。
最後に出てきた少年が、ブルース・リーになるんだね。
カンフーはとても凄かったけれど、うーん。愛の映画ですかね。きれいでした。

|

« 『百鬼夜行 陽』(京極夏彦/文藝春秋) | Main | 『迷子のカピバラ』(秋月祐一/風媒社) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『百鬼夜行 陽』(京極夏彦/文藝春秋) | Main | 『迷子のカピバラ』(秋月祐一/風媒社) »