« 『この胸をどうしよう』 『甘い運命』 『純情不埒』  高遠琉加 | Main | 映画「ジャッキー・コーガン」 »

『オール・クリア』1(コニー・ウィリス/新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

*具体的内容に触れています。

『オール・クリア』1(コニー・ウィリス/新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

第二次世界大戦中のイギリスへ現地調査をする史学生たち。ポリー、マイク、
アイリーン。
それぞれの降下点が開かないというトラブル。ロンドンのポリーのところへ
一旦集まり、話し合い、さらに別の学生が来ていないか思い出そうとする。
航空駐屯地にもう一人来ているはず。
なんとかその場へマイクが出かけるが、そこに学生は来ていなかった。
齟齬なのか。
トラブルは深刻なのか。
激しい空襲の中駆け回りなんとか未来のオックスフォードへ伝言を届けよう
とするが、あらゆることがうまくいかない。
 
1、なわけで、2へ続く!なんだよねーっ。あああもうう~もどかしい!
なんで何もかも上手くいかないのっ。なんで。なんでなのー。早く教えて~。
ダンワージー先生も1940年にきちゃったけど、でもどうなるの。どうに
かなるの?ポリーのデッドラインには間に合うの?こっちのポリーは消えて
しまうとして、でもVEデイを見学にきてたポリーは残ってまた未来へ戻る
わけだから、ん、でも、戻ってその後また大戦中へ戻るからそこでデッドライン
迎えて、えーと。ポリーに未来はなくなってしまう、と、いうことなのか。
どうなるの。ドキドキハラハラドキドキハラハラドキドキハラハラ。

救急隊のもポリーってわかったけど。コリン?コリンがきたのかなあ。
左右非対称な魅力的な笑みの軍人さん。でも彼の幼馴染がいるみたいだし
えーと、どうなんだろう。それも気になる。
コリンやダンワージー先生みたいにとっくに死んでいたとしたら、みたいな
一行があって、そこも気になる。なんなんだ。

きっと最後には戻れる。きっと最後には上手くいく。きっと最後には
ちゃんともとどおり。でないとネットはそもそも開かないはず。
そう信じてるけど、もどかしいじれったいハラハラドキドキすっごい。
この中での最後のほう、セント・ポールへなんとか行かなくちゃ!というの、
たまんなかったなあ。

大空襲の中でも、デパートは営業し、クリスマスにはなんとかプレゼント
をお互い工夫し、演劇の稽古、仕事。日常が続きながら非日常な暮らしが
面白い。面白い、って場合じゃないんだけど。やっぱり、史学生たち、
その時代人じゃない隔たりの感じが、面白く読ませるようになってる。
こんな大変な戦時下、なのに、そしてみんな大変な目にあっているのに、
軽やかに読ませるのはさすが。
結末を早く読みたい。読みたーい。

|

« 『この胸をどうしよう』 『甘い運命』 『純情不埒』  高遠琉加 | Main | 映画「ジャッキー・コーガン」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『この胸をどうしよう』 『甘い運命』 『純情不埒』  高遠琉加 | Main | 映画「ジャッキー・コーガン」 »