« 『恋のしっぽをつかまえて』(L・B・グレッグ/モノクローム・ロマンス文庫 新書館) | Main | 「夏目漱石の美術世界展」 東京藝術大学大学美術館 »

『フェア・ゲーム』(ジョシュ・ラニヨン/モノクローム・ロマンス文庫 新書館)

*具体的内容に触れています。


『フェア・ゲーム』(ジョシュ・ラニヨン/モノクローム・ロマンス文庫 新書館)

元FBI捜査官、エリオット。銃で膝を撃たれ、現在は大学教授になっている。
歴史を教え西部劇をを講義する平穏な毎日。
だが、ある学生が行方不明になったことで、力を貸して欲しい、という父の
友人からの頼みにこたえることになった。現在どう捜査が進んでいるのか、
確かめに行くと担当は元同僚、かつ元恋人の捜査官、タッカーだった。

これは舞台がシアトル。FBIがらみってことで、事件もかなりシリアス。
命の危機があったりして面白かった。
膝をやられて、必死のリハビリの時に背を向けたかつての恋人タッカーが
17ヶ月たった今も許せない。忘れられないエリオット。もともと体だけの
相性のつながりだった、と自分に言い聞かせるものの、再会して動揺して
しまうエリオット。可愛いー。二人とも30半ばって感じだけど、そのいい
大人が、うまく気持ちを伝えられないもどかしさ、みたいのに苦しんでるのが
セクシーだった。タッカーも不器用くんかよ。もー。

そして単なる一学生の失踪、単に家出なんじゃないのかというところから、
だんだんシリアルキラーの疑いが、ってなっていくのも面白かった。
最後のほうはかなりハラハラドキドキで。い、痛いし。
エリオットは膝がまだ痛むのに、無理しちゃって意地はっちゃって、ああー
タッカーが心配するだろ~も~~~と、そういう面でもハラハラドキドキで。
ツンツンデレくんだね、エリオット。可愛い。らぶらぶしーんもよかった。

事件の解決もエリオットのアドバイスが冴えて、タッカーも警察も仕事して
無事できてよかった。それなりにちゃんとみんな優秀なのが素晴らしい。
 
このモノクローム・ロマンス文庫というのはまだいろいろ、MMとゆー
翻訳小説を出していくのかなあ。表紙は、まあ、うーん。もうちょっと
なんかなーという気がする。あと中のイラストは無理に入れなくていいの
ではないか。微妙にBLっぽくしたいのかどうなのかなんか中途半端な感じ。
文字だけでもえるからこの微妙な絵なら私はいらないー。そこだけが
ちょっと不満でした。

|

« 『恋のしっぽをつかまえて』(L・B・グレッグ/モノクローム・ロマンス文庫 新書館) | Main | 「夏目漱石の美術世界展」 東京藝術大学大学美術館 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『恋のしっぽをつかまえて』(L・B・グレッグ/モノクローム・ロマンス文庫 新書館) | Main | 「夏目漱石の美術世界展」 東京藝術大学大学美術館 »