« 「おのれナポレオン」 東京芸術劇場 | Main | 『双頭のバビロン』(皆川博子/東京創元社) »

『薔薇密室』(皆川博子/ハヤカワ文庫)

*結末まで触れています。

『薔薇密室』(皆川博子/ハヤカワ文庫)
 
第一次世界大戦時。ドイツ、ポーランド。
戦闘で傷ついた士官をコンラートは助け、僧院へ逃れた。
そこにいたのはホフマン博士。人間と薔薇を融合させる研究を
しているという。瀕死の士官を、薔薇と融合させれば、生き長らえる
ことができるかもしれない。
戦火を逃れ、僧院でひっそり薔薇と暮らす。

という始まり。うつくしすぎる幻想の世界。かと思っていたら、
ミルカというポーランドの少女のお話のところは、戦時下の暮らし、
たぶん結構リアルっぽく、辛い感じで描かれている。
うつくしき劣等体、という奇形の子どもたちがいる僧院でのお話、
始まりのところは実は病の博士の妄想じみた手記なのか、とか、
話の中の話、時間がするりと変わっていく。何が幻想で何が本当
なのか、最初少し戸惑った。緻密に織り込まれているのを読み終えて
から振り返ってみたりして。面白かったー。

著者はとても幻想的で耽美的、という評判をなんとなく知りつつ、
読むのは初めてな気がする。読んだことあったっけ。うーん。
ほんと、とっても耽美的。幻想的。薔薇とうつくしい若者との融合、
それは最高のイメージ。
でも最初、えーそれは無理やろー、と、ちょっとリアルにつっこみを
入れたい気がしてしまったんだけど、そこはまあ幻想、ということで
いいのか。最後まで、実はオーディンはどうなっているの? という
のが明確にわからなかったんだけど。実際には薔薇の根元に骸骨が、
という情景なのかなあ。でもそこは明確にせず幻想にゆだねておく、
ということなのかなあ。ミステリというよりはもっと幻想よりなのか。

ドイツ。SS。奇形の子ども。うつくしい若者と薔薇。最高です。
それ大好きです。
個人的好みでいえばミルカのお話いらない。でもま、邪魔ってほど
嫌いな感じではなかった。もうちょっと残酷ならもっとよかったのに。
と、ないものねだりを思ってしまうほど面白かった。

最後、ミルカは一年以上も一人で軟禁場所にいたの? というのが
なんか腑に落ちないように思う。一人で放置されてからそんなに時間
たつかなあ。せめて三ヶ月くらいとか。んー。朦朧としてたから?
出てきた時にはポーランドがある程度復活してなくちゃいけなくて、
ということなのか。
でも、ともかく、そしてその後、ミルカは最後には愛され結婚して
子どもも孫もいて、という晩年だったのね、と、幸福を思う。小序で
そういってた。だから、読後感としては明るい。
んで最初のその小序で案内される旅行者「私」は誰なの。作者?
細々と疑問は残る。

でもいい。面白かったしとてもとてもとてもうつくしかった。
読まず嫌いせずに他の作品も読んでみなくては。

|

« 「おのれナポレオン」 東京芸術劇場 | Main | 『双頭のバビロン』(皆川博子/東京創元社) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「おのれナポレオン」 東京芸術劇場 | Main | 『双頭のバビロン』(皆川博子/東京創元社) »