« 『美しいこと』下(木原音瀬/蒼竜社 ホリーノベルズ) | Main | 『今出川ルヴォワール』(円居挽/講談社BOX) »

映画「アウトロー」

*具体的内容、結末まで触れています。

映画「アウトロー」

無差別銃撃事件。殺された5人。逮捕されたのは、イラク帰りの元狙撃兵。
証拠はそろっているが、自白のサインの代わりに容疑者が書いたメモは、
「ジャック・リーチャーを呼べ」。

元陸軍。憲兵も勤めたことがあり、数々の勲章も受け、現在は行方不明の
ジャック・リーチャー。だが事件を知って彼は現れた。

トム・クルーズの新シリーズ!!!みたいな大々的宣伝してたと思うけど、
実際のところ興行的にはいまいちなんだろーか。今日見に行ったけどわりと
空いてたりしてなんか勝手ながら心配です。

リー・チャイルドによるハードボイルド小説が原作とのこと。「ワン・ショット」
というのが原作なのか。読んでみたいかも。

小説みたいな映画だなあと思った。
この頃は、ハリウッド映画にしたいのかよ、と小説読んでてつっこむことが
よくある感じがするけど、映画見て小説みたいだなあと思うのはちょっと面白い。
BGMがすごく少なくて、台詞もかなり少ない。
全体的に渋い。ハリウッド娯楽超大作!って感じではないのね。トムの新シリーズ
なんて前宣伝でミッションインポッシブル的などっかーんひゃっはー!みたいな
イメージもつと、肩透かしかも。

カーチェイスのシーンはひたすらエンジンの音とかぶつかる音ブレーキングの
ぎゃぎゃーんっていうのばっかり。盛り上げるぜ!というBGMはないのね。
そういう抑え目なつくりが渋くてかっこいい感じかも。
あ、酒場のシーンでBowieのヤング・アメリカンがかかってて、わ~いと思った。
この数少ない音楽の中に好きなのが入ってる。うれしかった。

トムの素敵な半裸の筋肉美シーンはほんっと少しだけだったしー。セクシーシーン
もなし。でも惚れられちゃうのはわかる。きゃ。

中途半端に巻き込まれちゃったサンディ。すごく美人で可愛かった。
真っ赤な口紅で、男に頼って男に利用されて、ってちょっとおバカなんだけど、
でもリーチャーに少し説教されて、ってあのちょっとの感じ、とてもよかった。
彼女が、リーチャーをハメるために殺されて、リーチャーが静かに怒るの、いい。
へレンが人質にとられたことより、そっちのほうに怒ってたような気がする。

弁護士のヘレン。私の好みからすると、もうちょっと美人であってほしかった。
有能なつもりよ、というけど、あんまり有能そうじゃない気が。。。まあ、パパ
との確執とあるのかね、というのもありがちでもありよくわかんなくもあり。
本読めばもうちょっとヘレンのことをよく思えるのだろうか。んー。でもヘレン
にはあんまり興味ないな。
彼女が人質にとられたってわかっても、知るか、みたいに電話をガッシャン!と
切るリーチャーが面白かった。
ムカついて電話かけ直してやっぱお前殺す、とか。そして相手が何か言いかける
けど聞かないで切ってしまう。可笑しかった。

リーチャーを襲おうとするチンピラどもが、どうにも弱っちくて情けなくて、
可笑しかった。襲撃シーンは大体お笑いシーンになってたな~。
リーチャー強い!ってとこなんだけど、相手がバカで弱いんじゃねーの。
でもやっぱそれはそれなりにトムかっこよかった。

射撃場で、マスター?経営者?なおっさんとのシーンもよかった。ああいう
元軍隊の人間同士、みたいなのかっこいいよね。
しかしその縁で、最後の襲撃の援助にきてくれるってのも、どーだろー。
ま、そこは映画だし小説だしいっか。

アウトロー。リーチャーは法律や裁判に従わず、制裁は自分の信じるところ
によって決める。敵を、悪い奴を殺す。
ヒーローじゃないんだ、って台詞もあったと思うけど、まさに、ヒーローじゃ
ない。バットマンだったら殺せないんだっけ。アメリカン・ヒーローだったら
私刑はしない。
かっこいいし自由だ。でも。そのへんの危うさが魅力だなー。
でも悪い奴のほうが、なんか曖昧だったからなー。何がしたかったのかよく
わかんない。悪いほうにもっと魅力があればよかったのになー。狙撃の彼は
なかなか素敵だったけど。

ハードボイルドな感じではあるし、現代の西部劇みたい、って書いてたコメント
も見たけど、うん、流れ者が現れて事件にけりをつけてまた去っていくって
西部劇っぽいのかなあ。西部劇をそんなに見たことあるわけじゃないので
イメージでしかないけど。
でもどっかキメてるようでもなんかダサくて可笑しくて可愛くなってる感じが
あって、私はかなり好きだった。
シリーズってことにほんとになって、次があればまた見にいく。トム好きだー。

|

« 『美しいこと』下(木原音瀬/蒼竜社 ホリーノベルズ) | Main | 『今出川ルヴォワール』(円居挽/講談社BOX) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『美しいこと』下(木原音瀬/蒼竜社 ホリーノベルズ) | Main | 『今出川ルヴォワール』(円居挽/講談社BOX) »