« 2012年の自分まとめ。 | Main | 『アイ・コレクター』(セバスチャン・フィツェック/ハヤカワポケットミステリ) »

『窓、その他』(内山晶太/六花書林)

『窓、その他』(内山晶太/六花書林)

著者第一歌集。
 
去年出たもの。読んでいたけれども日記書いてなかったな。
すごくいい、という評判をたっぷり見ていたので、すごくいいに
決まってるのだろうなあと思いながら読んだ。なるほど。
とてもきれいでした。
やさしいし、美しい。綺麗という言葉が実によく似合う歌集だと
思います。いいなあ。
反吐とか嘔吐とかいう言葉が使ってあっても、歌として綺麗に
できあがっているのね。
なにもかもがこんなにも静かに綺麗に出来上がっていていいのか、
と、問い詰めたい気もしないでもないけれども、そういう風に
しずかにこつこつと歌を続けてこられたのですね、と思う。

歌をつくりはじめて二十年だそうです。すごいなあ。近作を中心
に、およそ十年間の歌357首。現代に普通に生きて暮らしている
一人の男性の姿がごく淡く見える。でも、一人の男性の姿という
よりは、歌だ。綺麗な歌が並んでいる。読んでよかった。
 
いくつか好きな歌。
 
  観覧車、風に解体されてゆく好きとか嫌いとか春の草
 
  野良猫のしずかな嘔吐、生きてゆくことのしずかな循環として
 
  わが死後の空の青さを思いつつ誰かの死後の空しかしらず
 
  カーテンはひかりの見本となりたれば近寄らず見つ昼のなかほど
 
  日雇いアルバイトの指先がひとつずつケーキに苺を置いてゆく夜
 
  ひよこ鑑定士という選択肢ひらめきて夜の国道を考えあるく
 
  ジオラマのなかにちいさき遊園地未来永劫死亡事故無し
 
  麒麟二匹やさしかりけり中空にひとつひとつの脳を捧げて *ルビ(なかぞら)
 
 

|

« 2012年の自分まとめ。 | Main | 『アイ・コレクター』(セバスチャン・フィツェック/ハヤカワポケットミステリ) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2012年の自分まとめ。 | Main | 『アイ・コレクター』(セバスチャン・フィツェック/ハヤカワポケットミステリ) »