« 映画「砂漠でサーモン・フィッシング」 | Main | 『喪国』(五條瑛/双葉社) »

中ザワヒデキ展 脳で視るアート

中ザワヒデキ展 脳で視るアート
 
武蔵野市立吉祥寺美術館、行きました。
以前から名前は聞いている人で、どういうのなんだろう?と思ってました。
脳で視る???
 
「灰色絵画」といっても、シアン、マゼンタ、イエロー、ってくっきり
鮮やかな赤青黄色で、この粒子を細かく混ぜれば灰色、らしい。
インクジェットプリンタとかそういう仕組みだっけか。。。と、脳内で
その色細かくして混ぜるイメージ。んー。よくわからないけど。
 
碁盤とか、セルとか(配色変えて同じセル(細胞?)の絵が。可愛かった)、
赤と青のセロファン通して視る懐かし3D。
セルの、真っ赤赤単色のが好きだった。目に痛いほどの赤。たっぷり厚塗り
で盛り上がってて。
 
びっくりするのは、脳波ドローイング。脳波計測?の、あの波形を、
意図的に出すようにして描いた、のだそうです。描いた、かなあ。意図的
に形出したわけだから、描いた、で、いいのか。脳で描いた波。
脳波、で。
何故ー???
なんなんだかわからない。可笑しくて面白かった。
 
芸術とかアートとか私はわからないのだけれど。なんなんだ、と、自分の
認識がぐにゃ、となるような奇妙とか綺麗不思議素敵かっこいい、という
のが、好き。なんかこう、こっちを揺すぶってくれるのがいいなあと思う。
この展覧も、なんなんだ。。。とわけがわからなかったのよかった。
ご本人の写真見るとやっぱり個性的な感じ。
手にしていた本は『本格小説』だった。その本好きなのか、見栄え的に
選んだのか。不思議。
関連イベントで展示変えとかいろいろあるみたい。行けたらいいなあ。

|

« 映画「砂漠でサーモン・フィッシング」 | Main | 『喪国』(五條瑛/双葉社) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画「砂漠でサーモン・フィッシング」 | Main | 『喪国』(五條瑛/双葉社) »