« 『銭の戦争 第一巻 魔王誕生』(波多野聖/ハルキ文庫) | Main | 『四つの署名』(コナン・ドイル/新潮文庫) »

『秘密』11巻12巻(清水玲子/白泉社ジェッツコミックス)

*ネタバレあります。


『秘密』11巻12巻(清水玲子/白泉社ジェッツコミックス)

薪警視正が、極秘データを持ち出し逃亡した。
拳銃使用許可。SATの出動。警察が消したがっているのは、データと、
薪の脳が見た秘密。
 
何故だか11、12が同時発売。そして完結。
確かにっ。11の終わりのところでまたひっぱられたら、うきゃーっ!
どうなるのーっ!と叫ばずにはいられないところでした。

薪さんが狙われていたのはチメンザール。中国。国家的秘密、かあ。
壮大だなあ。漫画でよくここまでやったなと思う。もうちょっと、
国家的規模の背景的なこととか、小説だったもっと緻密に描いて積み重ね
ていけると思うんだけど。なので、うーむ、と、ぼんやり脳内補完。
まあそこはあんまり気にしなくていいのかな。
薪さんが、一人で抱え込んだものの大きさ、困難、それを抱きしめる青木。
青木くん、24歳なのかー。でっかいけどそうだ新人みたいなもんなんだ。
そして連載が長かったからなんか忘れてたけど、そーだほんと若者くん
なのだった。
 
もーもーもーっじれったいったら!
抱きしめたのはよかった。でも、その後はーっ。
一応事件終わりになって、せっかくせっかくせっかく空港への送り役を
かわってもらったのに、青木っ。もっとなんか言えーっ。
まあ、言えないんだろうけどさー。
薪さんもっ。そこはキスしてやれよ!
とまあ、いろいろモエながら読み終わり。
ちょっとでも、最後。青木くんの脳を見た映像の描き方で終わってるから、
ひょっとしてもしかして青木くん死んだ?と思ったけど、エピローグでは
元気に成長してってるみたいだから、死んだわけじゃないのか、と、ほっと
した。なんであの描き方してたの。それとももっともっともっと後の死後に、
ということなのかなあ。ちょっとよくわからなかった。

家族になりたい。あなたをもっと知りたい。あなたのそばにいたい。ずっと
そばにいたい。あなたを守りたい。ずっと、ずっといっしょにいたい。
それは愛じゃないのかな。愛だろう。愛だよね。
薪さんの新しい秘密が、しあわせな秘密になりますように。
青木くんがんばれよー。
 
さて、雑誌メロディでは、スピンオフ新連載?
若き日の薪さん、鈴木との出会い、とかが始まるらしい。若き日の薪さんか。
ますますうつくしいに違いない。ますます危ういに違いないっ。嗚呼。
楽しみです。

|

« 『銭の戦争 第一巻 魔王誕生』(波多野聖/ハルキ文庫) | Main | 『四つの署名』(コナン・ドイル/新潮文庫) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『銭の戦争 第一巻 魔王誕生』(波多野聖/ハルキ文庫) | Main | 『四つの署名』(コナン・ドイル/新潮文庫) »