« 『シャーロック・ホームズの冒険』(コナン・ドイル/創元推理文庫) | Main | 映画「ロック・オブ・エイジス」 »

『迷い婚と悟り婚』(島田雅彦/PHP新書)

『迷い婚と悟り婚』(島田雅彦/PHP新書)

島田さんなりの、結婚のススメ。結婚生活のススメ。最後には
非モテ女子代表?な、光浦靖子さんとの対談。

 第一章 結婚をためらう人のために
 第二章 恋愛、結婚マニュアルを越えて
 第三章 結婚を深く掘り下げる
 第四章 結婚生活をいかに楽しむか
 第五章 あなたの悩みにお答えします!
 終章  特別対談「結婚はしたいのに、なぜできないの?」

って感じですが。でもあんまり結婚に向けて役に立つ実用書に
なりえているって感じでもない気がするなあ(笑
何言ったって、島田センセ、イケメンリア充若くして結婚なクセに!
と、ひがみねたみそねみ呪詛の気持ちで読む性格真っ暗なワタシww

でもね、もちろんフラレたりうまくいかなかったり修羅場も越えてきた、
っていう、そういう数こなしてきているからこそ、リア充なんだよねー
というのもよくわかる。モテる人はモテになるため、モテでいるための
努力をちゃんとしてるのだ。ダメになることを恐れながらも突き進み、
ダメだった時に落ち込んでもまた立ち直ってモテを手に入れるのだ。
何もしてない私がただ僻んでいるのとはわけが違うのだ。

結婚、への自分の思い込みや、理想的イメージにとらわれず、考え方
を変えてみよう、というのは納得です。

「結婚は幸せになるための手段ではない、ということを肝に銘じなければ
ならない。幸せになれるかどうかは誰もわからないからだ」(P62)

だとか、当たり前のことなんだけど。結婚すれば幸せなわけじゃなくて
相手が幸せにしてくれるとかじゃなくて、先のことはほんとは全然わから
なくて、始めてみなければわからないことで、それがわかるのは死ぬ時
くらいなんだろうなーと思う。

「一度でも恋をしたことのある者は知っている。恋をしてなかった時には
味わわずにすんだ、嫉妬とか悲しみ、怒りとか虚しさ、すべて味あわなけ
ればならないことを。ネガティブな感情もすべてひっくるめて、”恋”だ。
恋もまた、生きてゆく上で必要不可欠な ”毒”といえる」(P85)

だとか。痺れるねえ。
人生には毒が必要、ですね。
決して恋愛結婚ばかりをすすめているわけじゃないけど、さらっとこういう
ことを書いているのが魅力的。島田雅彦かっこいー。

最後の光浦さんとの対談はなんか長時間おしゃべりしてたみたいで、凄い
羨ましい!いいなー。
でもあんまり役に立ってはなさそうだなー(笑)

島田さんちの事情、というのがあとがきがわりに(?)あり。
門限が朝の8時だそうです。へー。そんで締め出された時の話。
島田さん可愛い。そして奥様は大物、って感じ。素晴らしい。島田さんが
こういう風に書こうと思い思わせる結婚生活を過ごしてきたのねー。いいな。

とってもさらっとすぐ読めちゃう。実用的ではないかもだけれども(笑)
なんかこう、結婚ってことに身構えてしまうよりは、違う考え方してみなよ、
という感じはあって、面白かった。

|

« 『シャーロック・ホームズの冒険』(コナン・ドイル/創元推理文庫) | Main | 映画「ロック・オブ・エイジス」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『シャーロック・ホームズの冒険』(コナン・ドイル/創元推理文庫) | Main | 映画「ロック・オブ・エイジス」 »