« 『塔の下』(五條瑛/光文社) | Main | 『シャーロック・ホームズの回想』(コナン・ドイル/角川文庫) »

春の水

       春の水

                                      千坂麻緒


  花筏崩して鯉がうねりゆく私の中の黒い魚も

  古は谷底スクランブル交差点 天仰ぐ渋谷ヒカリエ (古←ルビ いにしへ)

  からつぽになるためにだけ行列に並ぶいつかは名前を呼ばれる

  街が変はる季節が変はる体温がうまく変はらぬ 黒く溺れる

  晴れた春の色を撮り溜む花蘇芳桜山吹蒲公英苺

  水底の影から浮いてゐる魚ゆゆゆ離れてしまひはせぬか

  区役所の手紙はいつもみどりいろさういえばきみの手紙がこない

  九州は遠くてたぶん暖かい気持ちがたぶん色褪せ 溺れる


                            (2012年 未来8月号)

+++++++++++++++++++++++++++++++++

八月がやっと終わる。長い一ヶ月だったような気がします。
これは5月提出の歌。ヒカリエにはオープンしてまもなくいってみたら
案の定ものすごい人で参った。そろそろ落ち着いているのかなあ。
また行ってみよう。特別珍しいものがあるという気はしないけれども、
きらきらはしているねえ。

|

« 『塔の下』(五條瑛/光文社) | Main | 『シャーロック・ホームズの回想』(コナン・ドイル/角川文庫) »

「短歌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『塔の下』(五條瑛/光文社) | Main | 『シャーロック・ホームズの回想』(コナン・ドイル/角川文庫) »