« 『バスカヴィル家の犬』(コナン・ドイル/ハヤカワ文庫) | Main | 『ふざけないで!?』(ゴマブッ子/角川書店) »

映画「アメイジング・スパイダーマン」

*ネタバレありあり。


映画「アメイジング・スパイダーマン」


幼い日のある夜、両親にメイおばさんのうちへ置いていかれた
ピーター・パーカー。ベンおじさん、メイおばさんに大事にされ
高校生になっている。
父の残した鞄に見つけた研究資料。かつて父の同僚だったコナーズ博士
のところへゆき、その研究の助けとなる数式を教え、研究が本当に成功
するのかどうか、知ろうとした。

サム・ライミ監督のスパイダーマン三部作もしっかり見ているし、その
記憶がまだ新しい感じなので、お話的に目新しさを感じるほどのことは
なかった。むしろ、あれ、ピーターけっこう最初からかっこいいじゃん
とか、え、あの金持ち親友君がいないなんてつまらない!とか、前のと
比べてみて不満~と思うこともけっこうあった。

でも今度のピーター、アンドリュー・ガーフィールドかっこいい~。
しなかや。ナイーヴな感じが可愛い。女の子とうまく話せない男の子な
感じがすごく可愛い~。そっかそっか高校生だもんなっ君たち!と、
かなり甘酸っぱいきゅんきゅんを味わった。
彼女、グウェインもとっても美人~。正直前のMJは私はまったく好きじゃ
なくて、なんでモテてるのかわからん。。。と思っていたので、見た目的に
今回のカップルのほうがずっと好きだったな~。

そして、スパイダーマンになっていくところで、今回わりとたくさん
あっさり正体バレまくってる。
警部であるグウェインのパパに早々にバレたのはちょっとびっくり。そして
身近な人に危険がせまる、グウェインにはもう近づくな、なんて、そんな約束
させてパパ死んでしまうなんてーっ、というのもびっくり。

ピーターの両親はどうなったのか、とか、コナーズ博士が心の対話??してた
もっと黒幕っぽいようなのは誰か、何か?とか、グウェインとどうなる、とか
いろいろ続きます、というような伏線置いていってるように思うので、続くの
かな。これも三部作になる?

高校生なのに、なんかすごいデカイハイテク会社で研究員だとか、
ちょっと不思議だったけど。アメリカってそういうのもありなのかなー。
解毒剤があっさり作れてなんかすげーとか。まあいろいろ細かいことは
気にしないでいくしかないか。
スパイダーマンがぎゅんぎゅん飛ぶのは3Dでの迫力があってよかったかな。
でも、そーじゃない普通のドラマシーンのほうが多かったと思うので、
個人的には2Dでいいよ。。。と思う。あんまり3D好きじゃないもん。

アンドリュー・ガーフィールドくんはかなり好きになってきている。また
他のもいっぱいみたいなあと思う。

|

« 『バスカヴィル家の犬』(コナン・ドイル/ハヤカワ文庫) | Main | 『ふざけないで!?』(ゴマブッ子/角川書店) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『バスカヴィル家の犬』(コナン・ドイル/ハヤカワ文庫) | Main | 『ふざけないで!?』(ゴマブッ子/角川書店) »