« 『パーフェクト・スパイ』上下(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) | Main | 『KUNIMORI』(五條瑛/中公文庫) »

映画「ダークナイト ライジング」

*具体的内容結末まで触れて書いてます。バレバレ。

映画「ダークナイト ライジング」

前作から8年後の世界。ゴッサム・シティにはデント法という法が布かれ
犯罪は激減していた。誘拐殺人の汚名をきたバットマンは行方不明。
ブルール・ウェインが人前に姿を現すこともなくなった。
広大な屋敷の一角、杖なしに歩くことも難しくなっていたウェイン。
バットマンは引退、のはずだった。

ビギンズやダークナイトを復習してから見たほうがいい、というのを
ちらほら見かけつつ、ビギンズは記憶曖昧になってるかなーと思いながら
特に復習はせず見に行ってきました。
やっぱり、これはほんとに三部作でした。だからやっぱり、前作復習して
いったほうがよかったかなあ、と、やや反省。それでも話がわからないって
ことはなくて大丈夫だったけどね。

なんかこう、こまごまつっこみたいところは山盛りな気はする(^^;
何やってるのー、と思う。地獄の牢屋みたいなとこ?なんかロープで
吊るされて背骨が歪んでるな、とかって治してもらったり。つかそれで
治るの?天才医師?つかほんと、ウェインさんなにやってるのー。
バットマンの破滅願望は相変わらず。あんな素敵可愛い執事アルフレッドに
心配ばかりかけて坊ちゃま悪い子!

キャットウーマンは美人だったな~。正直私はレイチェルはあんまり美人
でもないのに。。。と思っていたので(ゴメンネ。もちろん素敵な女性だった
のだ、っていうのはいいのよ)バットマンよかったじゃん、と思った(笑

ゴードン本部長(ゲイリー・オールドマン)が今回もすっごくよかった!
かっこいい!痺れる!
SWATひきつれて本部長は一人スーツ姿なのに下水へ先陣切っていくとか。
病院にいて襲われる、ってのを心配してかけつけた熱血新人くん。銃声!
しかし犯人をさくっと返り討ちにしたゴードンがドアの影から現れて、いくぞ、
って新人君従えてゆくの。きゃー。
あと、中性子爆弾の起爆スイッチの電波妨害にひとりがんばる本部長とか。
凄い~。スマイリーすごい頑張ってる!と個人的にはもえもえ。大好きすぎる。

今回のメイン悪役(?)口元に禍々しげなマスクをしたベイン。
かつてバットマンも修行したところで修行した?過去を持つ彼。ゴッサム・シティ
を崩壊させて新しい世界へ、という感じ。
地下組織をつくり、街の地下をまず制圧し、原爆を持ち現在の秩序を崩壊させる。
ベインの演説は革命へのアジテーションだった。
フランス革命?と思ったよ。ベインの演説に説得されるー。
革命だ。
戦争だ。

あとやっぱり気になるのは、アメリカ映画ってほんと原爆への危機感が
そんなもんなのかねー?というところ。。。沖にもってったら大丈夫!とか
そういう問題じゃないだろ?と思う。アメリカ人的にはそれでおっけーなのか
ねえ。いやでも、3.11の時には即座に避難命令出てたりしたんだよね?
まー映画的にはそんなもん、ってことで気にしないでおくべきか。そんなの
気にするのって日本人くらいかねー。
実はほんとの黒幕は、ってあたりは、なんか、へー。と思ったくらい。
まあ悪役として、ジョーカーほどの純粋な震えるほどに素晴らしく圧倒的な悪
っていうのは他にはないから仕方ない。
そしてほんとうに、三部作で一つの物語としてつくられているのねと思った。
三本一気見したい。

バットモービル?かな。空飛ぶようになったし。カーチェイス、バイク、
アクションはほんっと凄い。凄いわくわく!爆発もどっかんどっかんド派手!
ああ、「インセプション」で世界をつくり、折り曲げ壊しちゃう監督なのだ。
街の崩壊は素晴らしかった。
あの爆音を映画館で体感する快楽。たまらんね。
時間は165分らしい。3時間近くだよね。でもほんとーにずっと画面に
ひきつけられた。かっこよかった。凄かった。

最高の執事アルフレッドにはほろりとさせられた。ブルースぼっちゃま、
幸せになってくれよ。アルフレッドのために。
伝説が、終わる、というような予告でのキャッチコピーだったと思う。
ほんと、終わった。
この先があるとすればロビンくんの物語になるのだろう。それは、希望に
なるだろうか。
私はいい終わりだと思う。凄い三部作だった。だって悪の物語だったよ。
正義じゃない。悪の物語だった。悪こそが圧倒的に魅力だった。
面白かった。

|

« 『パーフェクト・スパイ』上下(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) | Main | 『KUNIMORI』(五條瑛/中公文庫) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『パーフェクト・スパイ』上下(ジョン・ル・カレ/ハヤカワ文庫) | Main | 『KUNIMORI』(五條瑛/中公文庫) »